2019年12月06日

戸塚の新店

/箱根そば湘南台店にて春菊・舞茸天そば/らぁ麺 ふじ松戸塚店@戸塚にて醤油らぁ麺/モダン割銀平/

クリックすると拡大します

 朝は、箱根そば湘南台店ホームページ)へ。
 立地は小田急線湘南台駅から横浜市営地下鉄ブルーライン湘南台駅に向かう地下一階のホール、右手。
 場所がちょっと分かりにくいのは「わざわざ行った」からであり、生活圏内のお客さんにとっては「雨の日でも傘が要らない」お蕎麦やさんの認識と思われます。

クリックすると拡大します

 店内に入ると左手に券売機、年越し蕎麦の予約(前売り券の販売)が始まっていますね。
 店舗限定メニューは特に見当たらず、季節限定メニューにしました。
 季節限定メニューは「春菊・舞茸天そば(うどん)」「チキンタツタのクリスピーチリ丼セット」の二種類です。
 無料クーポンの期限が切れてしまったので、特にトッピングせずに安い方のボタンをポチッとな。

クリックすると拡大します

 立ち食いそば屋は通勤客の出勤、退勤時間帯が稼ぎ時で、それ以外の時間帯はガラガラであることが多いのですが、こちらは常時お客さんが訪れている印象です。
 席配置は中央に8席の相対カウンター、両壁側に6席づつの立ち食いカウンター、奥のテーブルは2人掛けが1卓、4人掛けが3卓、34席。
 卓上には安定安心の七味唐辛子。

クリックすると拡大します

 程なくして春菊・舞茸天そば500円、温のみ、うどん同額。
 旬の食材である春菊と舞茸、若い頃はわしわしと食べられた春菊ですが、加齢と共に歯で噛み切るのが辛くなります。
 舞茸はほぐしてから揚げてあって、蕎麦つゆにつけて頂きます。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は、らぁ麺 ふじ松戸塚店@戸塚(横浜市戸塚区戸塚町16-1)へ。
 本日12/6オープン、店名の「ふじ松」からも分かるように、イングス系列の9店目(7ブランド目)になります。
 神奈川には、はやし田横浜店に続く2店舗目です。

クリックすると拡大します

 立地はトツカーナモールの飲食店街1階、戸塚駅からは屋根が続くまま直結しています。
 明日までの2日間は醤油らぁ麺、つけ麺、まぜそばが500円(300食限定)。
 営業時間は11:00-23:00、無休です。

クリックすると拡大します

 店内に入ると、すぐ右手に券売機があります。
 メニューは醤油らぁ麺800円、鯛塩らぁ麺800円、つけ麺850円、まぜそば800円。
 トッピングは味玉100円、メンマ100円、チャーシュー250円。
 飲物として瓶(小)ビール400円。

クリックすると拡大します

 入り口近くに紙エプロンや髪留め、爪楊枝が用意されています。
 店内は和モダンな造りを踏襲、毎回思うけど、掛軸や生花があればかなり感じが違うと思うんだけどな。
 席配置は厨房を囲むL字カウンター13席、4人掛けテーブル4卓、計29席とイングス系列最大の席数。
 卓上に調味料を置かないのスタイルは継承され、ティッシュとお冷やのポットだけが置かれています。

クリックすると拡大します

 横長の説明書き。
 鶏スープは「鶏と水」とのことで、鴨を加えたはやし田とは異なり、(食材だけ比べると)時は麺なり@経堂と同じ。
 鯛スープはイングス系列では初ですので、発売されたら食べてみたいです。
 つけ麺は「昆布水つけ麺」と呼ばれるタイプで、イングス系列で共通のつけ麺ですね。

クリックすると拡大します

 程なくして醤油らぁ麺800円(開店記念で500円)
 大山どりを丁寧に煮出し、鶏油を利かせ、綺麗にまとめ上げた「鶏と水」スープ、悔しいほど美味しい。
 他店に比べてかえしを強めに感じますが、開店初日の味でああもこうもありません。
 はやし田横浜店は「都内繁盛店の味を横浜でも」と思われますが、こちらは「横浜の人にとって美味しい味を」だと思われます。

クリックすると拡大します

 全粒粉入りの細麺はイングス系列共通の菅野製麺所、スープによく合っています。
 トッピングは豚肩ロースレアチャーシュー、鶏モモ肉レアチャーシュー、穂先メンマ、九条ネギ。
 スープやチャーシューは店内調理ですが、ここまで完成度が高いと、ちょっと食べ飽きてしまいます。

クリックすると拡大します

 当面、仕込みや調理は立ち上げ班と思われる「見慣れた顔ぶれ」が担当されているようなので、、都内でイングス系を食べ慣れている人にとっては、わざわざ感の薄い味わいです。
 どこまでが同じなら同じとするか、どこから違えば違うとするか、基準は人それぞれです。
 私は調理人と水の両方が変われば違う料理と考えていて、今日のラーメンは「時は麺なりと同じ」ですので、調理人が変わった頃に食べにくる楽しみが増えました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 プレオープン中の飲食店を予約しようと、店長さんのフェイスブックへメッセージするも、既読にならず。
 友達ではない人からのメッセージは、チャットやメンバーに表示されず、メッセージリクエストに表示されるので、気が付かないのだろう。
 お店の営業時間や電話番号は分からないので、住所を頼りに現地突撃、、、貸切されていたので、大迷惑を掛けてしまいました。
 大変、申し訳ありませんでした。

クリックすると拡大します

 夜は、モダン割烹銀平にて。
 詳しい理由は分からないのですが、お店のファサードには手を入れず、縦型のディスプレイのみなんですね。
 店内を覗くと満席、、、でもこの寒空で外は厳しい、、一席だけ空いているみたい。
 開店したばかりで、まだまだ知れ渡っていないと思っていた私が無知でした、スミマセン。

クリックすると拡大します

 先ずは生ビールをお願いして、今夜は藤沢で一人お疲れ様会。
 プレオープン時には大皿から自身で取り分けて食べていたので、今日は一品料理として頂くポテサラ500円。
 『平山のポテサラは引き算のポテサラです。余計なことを一切しない潔いポテサラはジャガイモの味を感じます!』
 強い旨味やはっきりした塩味を感じるポテサラも美味しいけど、私くらいの歳になるとジャガイモの味だけでほんわかするのが美味しいなぁ。

クリックすると拡大します

 店内はカウンターは7席、テーブルは2人掛けが1卓、4人掛けが3卓、半個室、テラス席、計29席。
 さて、日本酒をどれにするかとリストを見つつ、店内を見渡します。
 リストを見てもよく分からないので、面構えを見て注文すると、燗を付けますかと訊かれたので、もちろんハイ。
 鳥取の蔵元である山根酒造が醸す「日置桜(ひおきざくら)」純米吟醸 伝承強力 Ver.6合酵母 29BY。

クリックすると拡大します

 合わせた料理は鶏唐揚500円。
 『ニンニクを使わず酒と醤油に卵の旨味をまとわせ、低温から一気に温度を上げいく平山独自の揚げ方でカラッと、でもしっとりとした和風の唐揚に仕上げています。』
 こんなあっさり味の鶏の唐揚げなんて食べたこと無いし、つか、銀座の高級店の鶏の唐揚げなんて想像したことないし。
 美味しいですねぇ、鶏の唐揚げって色々な美味しさがありますね。

クリックすると拡大します

 日高見を飲んでいると店主さんがいらっしゃって、「内田米がありますが」と言われて「(日本酒リストに)書いてないよね」と返すと、「書くわけありません」と割烹屋店主から力強いお言葉。
 鳥取の蔵元である山根酒造が醸す「日置桜(ひおきざくら)」先祖帰り強力 純米酒 Ver.内田米 24BY。
 ※左隣の「Ver.杉山米 24BY」は飲んでいません。
 野趣味って言うんですか、荒々しい米臭さがいにしえの日本酒に思いを馳せます。

クリックすると拡大します

 あん肝。
 奇をてらわず、伝統的な調理方法でありながら、今なお生き生きと存在し続けるあん肝。
 ネギや紅葉おろしと合わせて食べると、日本酒の美味しさを最大限に引き出してくれます。

クリックすると拡大します

 合間々々に店主さんとお話しさせて頂きましたが、こんな生き生きとした笑顔を見られるなんて。
 訪問自体に少し無理がありましたが、無理した甲斐がありました。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記