2020年01月08日

リニューアルとは

/煌龍軒@蒔田にて味噌ラーメン/川面/

クリックすると拡大します

 横浜市営地下鉄ブルーライン蒔田駅。
 年に何度かしか乗らないからか、地上に出てからのお店の方向を間違えてしまう。
 いやなに、地上に出てからグーグルマップで調べてから歩き出せばいいんだけど、ね。
 途中で間違いに気が付いたけど、それはそれで気が付いてラッキーだった(謎

クリックすると拡大します

 夜は、煌龍軒(きりゅうけん)@蒔田(横浜市南区)公式ツイッター)へ。
 麺匠八雲の経営母体が、その経営を伏せていた味のとらや(2019/1/11-2019/12/31)を、暖簾だけ煌龍軒と2020/1/2からリニューアル。
 表向きは相模原店の移転ですので、相模原店は一年経たずに閉店。
 大森店はそのまま残さずに定食屋に業態変更するので、煌龍軒は現在1店舗になります。

クリックすると拡大します

 メニューは煌龍軒風に変更されていますが、値段が消費税増税前のままで、頑張りすぎです。
 飲食店の営業的には外税か内税かの表記が、必要なんじゃないでしょうか(飲食店経営未経験なので、間違っていたらスミマセン)。
 営業時間は謎の45分終了、何時から何時まで営業するかはお店の自由ですが、「11時から15時(ラストオーダー14時45分)」と表記するのが一般的ではないでしょうか。

クリックすると拡大します

 店内に入り、右手の券売機で食券を買います。
 券売機はとらや時代と変わっていて、テープで隠されたボタンが気になります(めくってみたわけではありません)。
 高額紙幣未対応ですので、五千円札、一万円札は店員さんに両替をお願いしましょう。
 ちなみに、「生油ラーメン」が「正油ラーメン」になりました。

クリックすると拡大します

 厨房に面したカウンター9席、壁際のL字テーブルは5席。
 卓上にはヱスビーコショー、一味唐辛子、酢、おろしにんにく。
 店長さんは、味のとらやの店長さんが継続の様です(うろ覚え)。

クリックすると拡大します

 ワンオペでも構わないんだけど、お客さんが丼を上げてくれたとしても、お客さんが帰ったら、自身でテーブルを拭いたり、椅子を直したりしないのかな。
 カウンター台にはティッシュが用意されているけど、店内にはゴミ箱がないので、持って帰ることになります。
 テーブル下の棚には鞄入れのカゴが押し込まれていて、必要なら自身で取り出して床に置く必要があります。

クリックすると拡大します

 少し待って、味噌ラーメン750円
 ラーメンのスープや麺、盛り付け等は味のとらや時代と同じなので、味や盛り付けはブレの範囲です。
 一度も食べたこと無い人は一度は食べた方がいいし、一度出ても食べたことがあれば、気に入ったら再訪すればいいし、気に入らなければそれっきりでいい。

クリックすると拡大します

 煌龍軒と印刷された麺箱が厨房に置かれています。
 角中太麺は味のとらや時代と同じなので煌龍軒と同じに感じましたが、「麺、変わりましたか?」と訊くと、ブログでは到底書けない内容のお答え。
 毎日何杯も麺を茹でていて、そのような答えって、どういう事だろか。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 京急線の駅に向かう途中、幾つか未食のラーメン店の前を通ります。
 せっかっくここまで来たので、もう1杯、は昔の自分。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記