2020年02月20日

小田原で飲む

/風雲児@代々木にてらーめん/立ち飲み処 鳥元 小田原店にて味噌焼き/地魚バル 魚魚屋 半兵衛にて地酒/

クリックすると拡大します

 年に一度の健康診断なのだが、直前に出張があって、どうしてもラーメンを食べなければならないので。
 「ダイエットは明日から」と言い続けて10年は過ぎたので、明日は永遠に来ないんだと思うことにした。

クリックすると拡大します

 朝から何も食べていないので、どこかで何かを食べようと歩いていたら、いつもは大行列の外待ちが一人もいない。
 これは食べなさいと言うラーメンの神様からのお告げ、と勝手に解釈して向かった、風雲児@代々木公式ホームページ)。
 残り15分で昼営業が終わる時間だからかも知れないし、たまたまかも知れない。

クリックすると拡大します

 2008/7に伺って以来、4回目の訪問です。
 お店の動向は殆どチェックしていませんでしたので、営業時間がどう遷移したか分かりません。
 俳優あがりの店主さんは、とっくに裏方に回ったと思っていたので、どんな人が店をやっているのかな。
 階段を下りきって店内に入ると、一番先に挨拶してきたのは、その店主さん。
 へぇー、10年以上、厨房に立ち続けているんだ。

クリックすると拡大します

 店内に入って右手奥の券売機。
 メニューはらーめん850円、つけ麺900円、かまたまらーめん(夜杯数限定、いまはやっていない)。
 2007/9オープン以来、私の知る限り「限定メニュー」は聞いたことがありませんし、イベントや催事場への出店は殆ど聞きません。
 店主さんが何を考えてメニューを増やさないのか、どうして店舗外ではラーメンを提供しないのか。
 店に行って食べたことのある人なら、すぐに気が付くことでしょう。

クリックすると拡大します

 女性店員さんに食券を渡すと、並盛りと大盛りのどちらにされますか、と訊かれ、並盛り170g、(大盛255g)で。
 席配置は12年前と変わっておらず、くの字カウンター15席。
 卓上にはブラックペッパー、七味唐辛子。
 ラーメン屋に限らず飲食店での商品待ち時間、スマホを弄くらずに調理や厨房を眺めていることが多い。
 入り口近くの席に座ったので、入り口を何度も見る店主さんと何度も視線が合います。

クリックすると拡大します

 瞬く間に出来上がってきたらーめん850円
 スープは『丸鶏や鶏ガラをじっくりと煮て作り出した鶏白湯に昆布や鰹節、うるめいわしといった魚介系の素材を合わせたスープは8時間煮た後、6時間かけて濾しとる。』とのこと。
 スープに良く馴染んで中太麺は大成食品、噛み応えを残した程よいモチモチ感。

クリックすると拡大します

 この程度の味ならば(もちろん詳細で異なります)大手チェーン店系でとっくにパッケージ化されていて、この味自体に「連日大行列」の秘訣は感じられません。
 いやいや美味しいんですよ、そつなく美味しいんですけど、10年前ならいざ知らず、今なら飛び抜けて美味しいわけではありません。
 外食すると言うことは、丼の中だけを味わうのではなく、店内の雰囲気や店員さんの接客までを楽しむこと。

クリックすると拡大します

 食べたいと思ったメニューが必ずあり、店員さんは快く迎えてくれる。
 特別な何かは無いけど、いつもと変わらない安心感がある。
 そんな当たり前のことを当たり前に10年以上続けているの店。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は小田原へ。
 生活圏内の神奈川にあって年に数回しか伺わない小田原。
 美味しいお店、行ってみたいお店が多くありますが、行きたいお店に全部行っていたら人生を何度繰り返しても足りない。
 という後ろ向きの理由で、誘われたら行く、のマイルールに沿っていそいそと飲みにいきました。

クリックすると拡大します

 一軒目は立ち飲み処 鳥元 小田原店へ。
 調べた限りでは「小田原店」しか見つけられませんでした。
 お店の前は何度か通っていますが、立ち寄るのは今夜が初めて。
 立ち飲みなので、ジャンジャン喰うてではなく、ジャンジャン飲むじゃないのかと思いますが。

クリックすると拡大します

 店内に入ると、中央にやや低めの細長いテーブル、右手が壁向きカウンター、左手が厨房向きカウンター。
 全部で20人くらいは立てるスペースで、既に数人が飲んでいます。
 あんまり立ち飲みには行かないのですが、大抵は「どっか空いているとこで飲んでよ」の視線で立ち位置を決めるものだと思っていました。
 「じゃあ、その奥で」と案内されたのは意外、後客も席を案内されていました。

クリックすると拡大します

 もっと意外だったのは客層、殆どが20代、30代で、50代は我々だけ。
 メニューはアルコール類はビール、日本酒、サワーなどが400円均一。
 焼き物は塩とたれが150円均一、味噌焼きが180円均一。
 一品料理は目移りするほど揃っています。

クリックすると拡大します

 生(中)400円で、今夜は小田原で二人お疲れ様会。
 「この店はどの料理も美味しい」が友達の口癖、いったんは注文を任せることに。
 本場韓国チャンジャ450円、自家製スモークチーズ450円。
 どちらも立ち食い飲み屋の味をとっくに超えています。

クリックすると拡大します

 んじゃ焼き物をと、もも味噌焼き180円。
 食べたことの無い料理を拙い自身の経験から予想して、当たった当たらないと一喜一憂するのが好き。
 赤味噌をどっぷり付けて焦げ臭いまでに焼いてあると予想し、塩焼きのように香ばしい焼鳥が出てきてビックリ。
 美味しいですなぁ、月並みですがお酒が進みます。

クリックすると拡大します

 トマト手まり焼き200円。
 プチトマトを豚バラ肉で焼いた串で、肉を焼きすぎず、トマトにしっかり火が通っていて、炭のススが最高の調味料。
 焼き鳥だと大きな身を串の先に刺しますが、トマトの場合は手元が大きいんだ。
 理由は分からないけど、これが美味しいですな。

クリックすると拡大します

 ビールが終わったので日本酒、「お酒は何がありますか」と訊くと「一ノ蔵と鬼ころしだね」と。
 返事を聞き終わらないうちに鬼ころし、店内の壁と同じ年月を感じる升にワンカップの様な厚手のコップ。
 升に一滴も溢していないのが素晴らしい、そんな風にしてお酒は飲むもんじゃない、と無言のメッセージ。
 俺もそれなりに酒は飲んでいるからね、とても美味しくいただきます。

クリックすると拡大します

 つくね150円。
 色々な焼き鳥屋で色々なつくねを食べていると、どのつくねも美味しいことに気付きます。
 まん丸の団子のようなつくね、巣で焼いてたれを通した感じで、とても美味しい。

クリックすると拡大します

 なんか悪いクセで、喋るときに食べないのは仕方ないとして、聞くときにも食べないことが多い。
 こちらが喋っているときに相手は食べているので、誰よりも食べるのが遅くなってしまいます。
 ラーメン屋などで一人で食べていると誰よりも早く食べている気がするけど。

クリックすると拡大します

 にんにく間180円。
 葱と葫が交互に刺されていると想像していたら、葱の代わりに葫が刺さっています。
 「平日でも平気で食べちゃう」って言ってますが、ニンニクたっぷりのラーメンを食べるのと変わらないかも。
 とても楽しく、とても美味しく、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 個人的には1軒で十分満足ですが、「せっかくだからもう少し飲みましょう」と水を向けられて断るほど大人ではありません。
 2020/1/15にオープンした地魚バル 魚魚屋 半兵衛(ととや はんべえ)、小田原近郊に飲食店を展開されるJSフードシステムが運営母体です。
 尖った個人店が大好きですが、だからといって一般大衆向けの居酒屋に行かないというのは違うと考えています。
 もちろん持論ですから、他人は他人、自分は自分です。

クリックすると拡大します

 店内は厨房を向いたカウンター8席、テーブル席は4人掛けが3卓、2人掛けが1卓。
 大宴会向きではなく、ふらっと立ち寄るバル、、、こういう店舗もバルって言うんだな。
 空いていたテーブル席に案内され、注文する前に「かなり凝った造りの」お通しが出されます(撮影忘れ)。
 虹会なので日本酒スタート、訊けば神奈川県内13蔵の絞っての仕入れとか、、、全部並べて下さいませ。

クリックすると拡大します

 この日に入荷している日本酒の内、飲んだことのない銘柄から飲むことにしました。
 1杯目は井上酒造の仙鳴郷 無濾過純米酒 30BY(1合800円)。
 井上酒造のお酒はあまり飲めていませんが、「最近、美味しくなったんだよ」と言う噂は本当だったようです。
 近所のスーパーでも扱っているので、買ってきて飲んでみるかな。

クリックすると拡大します

 一品目は刺身盛り3点盛り880円。
 コノシロ、イトヒキアジ、メジナ、コショウダイ、小田原港で水揚げされた魚はとても美味しい。
 3点盛りなのに4点なのは私の誤記と言うこともあり得るし、一緒に飲んだ友達がJSフードシステムの社長さんと知り合いで、その社長さんが隣のテーブルで飲んでいたことと関係あるかも知れません。

クリックすると拡大します

 2杯目は中澤酒造の松みどり 純米酒 19BY。
 全国区の名酒や、熟成10年を超える高級酒も美味しいけど。
 その地の料理をその地のお酒で飲むのが1番美味しいと感じます。

クリックすると拡大します

 二品目は海鮮ホタテしゅうまい1ヶ350円。
 居酒屋で点心を食べることは滅多にありませんが、このしゅうまいは居酒屋で食べるのはもったいないほど美味しい。
 紹興酒などの黄酒を合わせたら美味しいのかも知れませんが、日本酒に合わせるのも美味しい。

クリックすると拡大します

 その後、友達の友達もちらっと立ち寄ってくれて、近況報告をされていました。
 楽しくお喋りし、美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 もう1軒行くという友達に後ろ髪を引かれつつ、帰宅。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月19日

宇都宮餃子

/ホテルでモーニング/鶏そばヒバリ@栃木県宇都宮市池上町にてちったけそば/典満餃子の雅秀殿@栃木県宇都宮市駅前通りにて担々麺(ハーフ)/

クリックすると拡大します

 朝はホテルでモーニング公式ホームページ)。
 東横インはホテルごとにモーニングの内容が変わるのですが、ここはラウンジではなく専用と思われる食堂で食事をします。
 なぜ専用と思うのか、その部屋にテレビがないからです。
 壁を介したチェックインカウンターに接したラウンジにはテレビがあるので、スマフォがこれだけ普及していても、チェックイン、アウトの時間はテレビのある部屋で過ごすんじゃないかと。
 バイキング形式なので、私らしくガサッと盛り付けてみました。

クリックすると拡大します

 仕事はつつがなく終了。
 「その時間だったら始発で行けば間に合うだろ」的に経費を節約する現場もあります。
 時代の流れもあって、午前中の仕事だったら前泊が許され、「まだ終電があるだろ」な午後の仕事でも後泊も許されます。
 これまでが何だったのか、も知れないし、今が何なのか、かも知れない。

クリックすると拡大します

 お昼は、鶏そばヒバリ@栃木県宇都宮市池上町へ。
 宇都宮駅から徒歩20分なので、往路はバス6分で向かいました。
 昼営業終了10分前、ぎりぎり間に合ったと思ったら後客2人、この辺りには14時近くがお昼の人がいるんですね。
 ま、余計な心配はいいから、お店に入りましょう。

クリックすると拡大します

 色々な店舗に伺っているので、大抵の席配置には見た瞬間に把握出来ることも多いのですが、ちょっと分かりにくい。
 店内の左半分は、衝立で仕切られた4人掛けテーブルが2卓。
 右半分は相対カウンターかと思ったら、7席の反対側は半分の3席だけ使われていて、残りにはお冷やとかコップが置かれています。
 卓上にはゆず酢、七味唐辛子、白胡椒。

クリックすると拡大します

 メニューは鶏白湯、鶏清湯、鶏煮干。鶏つけ麺、鴨つけ麺。限定メニュー。
 この辺り(今日の場合は宇都宮)には鶏ガラスープのラーメンが多く、特徴や個性で競い合っているのなら鶏白湯を食べるべきですが。
 再訪が全く考えられない店で「基本の味」を食べてもなぁー、、、
 しかしして、日本酒欄に書かれていた「十四代380円」って?5勺としても破格ですが。

クリックすると拡大します

 と言うことで、限定メニューにしました。
 恥ずかしながら、ちたけ(ちちたけ)を食べるのは初めてなので、どんな味なのか楽しみです。
 まま、「これが栃木(の、日光)名物の『ちたっけそば』」ですので、つべこべいわずに美味しかったとだけ言って食べたら良いんだと思います。

クリックすると拡大します

 少し待ってちったけそば890円
 ラーメン丼にたすきを敷いて、良い感じに茹で上げてから冷水で締めた縮れ極太麺を揃えてあります。
 麺の上にはたっぷりの岩のり、たっぷりの三つ葉が乗せられ、白ネギが添えられています。
 小ぶりの茶碗にたっぷりのつけ汁、ちたけの出汁がナスが浮かべてあり、七味唐辛子があしらわれています。

クリックすると拡大します

 麺と手繰ってつけ汁にくぐらせると、とても美味しい茸出汁、出汁だけではなく大きめの茸も入っていて、舌だけではなく目でも楽しめます。
 甘さを引き出すための辛味も利いていて、多めの麺量がちょうど良いくらいです。
 岩のりの香りともぶつからず、三つ葉の爽快さがそれぞれの香りを引き立てます。
 美味しい、美味しいと麺を手繰っていると、「こちら、割りです」と割スープが運ばれてきました。

クリックすると拡大します

 割り、って言い方はもうすっかり市民権を得たんですね。
 そのままドボドボって入れる手もありますが、味を確認すると昆布出汁。
 うーん、ちたっけそばであるならば割スープは要らない気がしないこともないけど、つけ麺なので。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 せっかく宇都宮まで来たので、せっかくなのでもう1杯と、平日の14時過ぎにやっているラーメン屋を宇都宮駅まで歩きながら探すシリーズ(一話完結)。
 1. 店舗が違う店に変わっていて、中休み中。
 2.ラーメン屋と言うよりラーメンも食べられるの餃子屋。外待ち5人、少し並んだが微動だにしないので、離脱
 3.15時まで情報でしたが、店先の表記は14時まで。
 4. 引戸に、新聞紙とDMが山積。
 5. 通し営業情報ですが、「お昼の分は終わりました」の立て看板あり。
 6. 通し営業情報ですが、準備中の立て看板あり。
 7. 店内改装工事中

クリックすると拡大します

 結局、20分歩いて駅に着いてしまいまして。
 大行列の餃子屋の隣の、典満餃子の雅秀殿@栃木県宇都宮市駅前通りへ。
 宇都宮に来たら餃子もね、とは思うけど、餃子に関しては全く鼻が利きません。
 有名店は分かるけど美味しい店は分からず、麺メニューの存在を確認してから店内へ。

クリックすると拡大します

 店内は相対カウンター以外は全てテーブル席で、1人客は全て相対カウンターへ案内されます。
 卓上にはブラックペッパーグラウンド、七味唐辛子、辣油、酢、醤油。
 席に座ると、すぐに店員さんがお冷やを持ってきて下さって、「担々麺とハーフと餃子を」と伝えます。
 「餃子は焼きですかねぇ」と勧められるのが、何とも安心します。

クリックすると拡大します

 メニューは餃子の単品と定食、一品料理、麺類、やきとり。
 餃子は焼き、揚げ、水、葱まみれ揚げの4種類。
 麺類は塩ラーメン500円、支那そば500円、担々麺680円、それぞれハーフも用意があります。
 本来ならばここでビールだよなぁ、絶対ビールだよなあ。

クリックすると拡大します

 焼餃子300円。
 羽根つき餃子は酢と胡椒を掛けて食べましたが、挽肉たっぷりでとても美味しい。
 ご存知の通り、宇都宮は浜松と餃子消費量全国1を争う餃子の町。
 浜松餃子の特徴は、餃子の上にモヤシが乗っていること(全部ではありません)ですが、宇都宮餃子の特徴が分かりません。
 例えば、普通の餃子と宇都宮餃子を並べて、「ここがこうだから、こっちが宇都宮餃子」が分からない。

クリックすると拡大します

 餃子を半分ほど食べて、担々麺(ハーフ)480円
 ラーメン主体の飲食店のラーメンは、以前であれば「○△屋なのにラーメンも美味しい」と棒読みすることが多かったのですが。
 芝麻醤が利いた胡麻の香りを纏った豚ガラ、鶏ガラスープ、モヤシと豚バラ肉を煮立ててあり、とても美味しい。
 笹切りされた葱が良い感じで、スープのさっぱりさを底上げします。

クリックすると拡大します

 細麺はややダマ気味ですが、ちょっと丼が小さいのかも知れません。
 ああ、ハーフにしないでフルでも良かったほど美味しい担々麺。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 行きが新幹線なら帰りも新幹線。
 ここで「会社に新幹線代を請求するけど、実際は在来線」とは書くと盛り上がっていたのは昔の話。
 あの頃は怖い物知らずだったけど、今は怖い物だらけ。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月18日

二年ぶりの宇都宮

/五瞭@三田にて牛骨白湯(薫製醤油)並/麺 藏藏@栃木県宇都宮市氷室町にてバジル de グリーン味噌/太陽軒@栃木県宇都宮市岩曽町にてあっさり鶏そば/晩酌/

クリックすると拡大します

 今日は久しぶりの出張。
 キツい出張もあれば、ユルい出張もあって、ならすとプラマイゼロなんだろうな。
 まま、そういうことで、お昼は田町で。

クリックすると拡大します

 お昼は、五瞭(ごりょう)@三田(港区芝)公式ツイッター)へ。
 昨年10月の新規開店直後に訪問して以来、2度目の訪問になります。
 人間の器が小さい私は、ツイッター等でフォローされれば小躍りして再訪しますが、そうで無い場合は、それなりに。
 営業時間が通し営業ではなくなり、11:00-15:30 18:00-23:30
日祝休に変わりました。

クリックすると拡大します

 ちょい呑みメニューが始まり、ビールや酎ハイが390円、日本酒や焼酎が500円、一品料理を拡充されています。
 ラーメンはと券売機を見ると、「薫製醤油」が追加されているので、それで。
 前回食べ損なったハヤシライスとのセットにしたかったけど、手持ちが100円足りませんでした。
 こ、これだから貧乏は、、、じっと手を見る。

クリックすると拡大します

 店内はたまたまノーゲス、厨房を向いたカウンター席に案内されます。
 定食屋然とした店内は変わっておらず、卓上にはおろしニンニク、黒煎り七味、胡椒が用意されています。
 カウンター台にはメニューの一覧と料理の説明が貼り出されるようになりました。
 しっかり書かれているのは嬉しいけれど、清湯スープの入り込む余地がないではないか。

クリックすると拡大します

 程なくして、牛骨白湯(薫製醤油)並880円
 ふんわりと桜チップの薫製臭、写真を撮るのがもどかしい。
 ベースの牛骨白湯スープはさらに磨かれ、口当たり柔らかく、舌上が旨味たっぷり、喉越しすっきり。
 たれに使われているテンヨ醤油が程よく馴染み、元々美味しかったけど、さらに美味しくなりました。

クリックすると拡大します

 スープに牛挽肉を合わせていて、その挽肉だけすくえるように(挽肉は食べたいけどスープは飲みたくないお客さん向けに)穴あきレンゲが用意されていますが、使わず。
 三河屋製麺の細麺が、ゆるりと泳ぎ、そろりと喉を過ぎていきます。
 トッピングのローストビーフの美味しさと言ったら、全く値段に釣り合いません。
 季節の野菜は大根、キャベツ、小松菜、トマト。この野菜がスープによく合います。

クリックすると拡大します

 そのまま一気に飲みきってしまう前に、黒煎り七味を掛けてみました。
 これはこれで美味しいけど、燻製醤油ではなくコムタン向けかな。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 宇都宮に行くのに新幹線に乗るとか、個人的には考えられません
 ま、仕事だから在来線で行くわけにはいかないし、自分は良くても他の社員に迷惑が掛かるし。
 ありがたく乗りますが、たったの一時間、寝過ごさないか心配。

クリックすると拡大します

 歩いたら2時間、バスだと30分ですが一時間おきで帰りが心配、のラーメン店へ。
 レンタカーを借りるには中途半端な距離ですが、カーシェアだと15分単位で借りられます。
 渋滞とか迷子を想定し、長めに予約しておいて早めに返せば使った分だし。
 いつも以上に安全運転で。

クリックすると拡大します

 宇都宮駅からつつーっと車で30分、麺 藏藏(ザザ)@栃木県宇都宮市氷室町公式ホームページ)。
 2017/9/2以来2回目の訪問、2年以上ぶりですので、顔は覚えられていないでしょう。
 前回は昼間でガラガラでしたが、今回の夜もガラガラ。
 ラーメンの評価から考えると、空いているのが信じられません。

クリックすると拡大します

 店内に入り、正面に設置されている券売機へ。
 2年前の券売機と見比べても良いのですが、そういう手間はラーメンブロガーに任せて。
 メニューは温麺が味噌とグリーン味噌、醤油に塩。つけ麺がみそ、しょうゆ、しお、季節の限定。
 前回何を食べたか忘れていても、今回が何回目か覚えていれば、前回とは異なるメニューが食べられるのが「券売機左上の法則」です。
 全ての場合に通用するわけではないけどね。

クリックすると拡大します

 店内は前回よりも綺麗に感じるほど掃除が行き届いていて、テーブルなんか頬ずりしたいほど。
 卓上には多くの調味料が用意されていますが、使う人、いるんだろうか。
 目の前の厨房では、店主さんが大きな中華鍋を振って調理されています。

クリックすると拡大します

 程なくして、バジル de グリーン味噌910円
 公式ホームページには『豚骨や鶏がらを煮込んで上品に仕上げる動物系スープと、濃厚に煮出した魚介系のスープを、調理時に合わせるダブルスープ』と説明されていますが、私にはコンソメとしか思えないのだが。
 そのコンソメ風スープに味噌と分かるか分からないほどの味噌を合わせ、バジルとは分からないほど色合いだけを移しています。

クリックすると拡大します

 このスープがともかく旨い。
 何たら産の豚とか、どこどこの鶏とか、何とか水とか使っていないか、使っていても一切言わず。
 (事前の情報なしに)目の前の料理だけを味わって欲しいと。
 麺料理ですからラーメンなのですが、ラーメンじゃないのでチャーシューやメンマは使われていません(別トッピングにチャーシューはあります)。

クリックすると拡大します

 ちらっと写っていますが、オニオンスライスの下には溶けるチーズが敷かれ、バーナーで炙って溶かしてあります。
 中太麺をあらかた食べたところで、「お好みでどうぞ」と出して下さったマリーシャープス・ハバネロソースである、レッドハバネロソースをしっかり掛けて美味しくいただきます。
 ミニトマトに刺したローリエとスープに浮かべた唐辛子は食べるべきか残すべきか悩みつつ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 駅へと戻る途中、せっかくここまで来たのだからもう1杯くらい食べていくかと、寄り道。
 太陽軒@栃木県宇都宮市岩曽町、10年以上営業されているという情報しか分かりません。
 地方の人は5分の距離でもクルマで行くので、駐車場はほぼ満車。

クリックすると拡大します

 店内に入り、右手壁側に設置された券売機で食券を買います。
 メニューは塩ラーメンのバラエティと醤油、つけ麺。つまみ類もそこそこ揃っています。
 似通ったメニューなので飽きられるかと思う人がいるかも知れませんが、「何かのついでに立ち寄る」立地ではないのに10年以上続いていると言うことが、飽きられていないという証明です。

クリックすると拡大します

 買った食券を店員さんに渡し、空いているカウンター席へ座ります。
 席配置は、厨房に面したカウンター6席、4人掛けテーブル2卓、小上がりは10人ほど。
 卓上には辣油、酢、醤油、ホワイトペッパーパウダー。
 カウンター台に照明が点いていて、食べる分には綺麗ですが、写真は厳しい。

クリックすると拡大します

 少し待ってあっさり鶏そば780円、20食限定。
 「あっさり」とありますが、かなり熱いスープはシッカリ味で、純鶏ガラではなく、節系の出汁も感じられます。
 何かの流行に乗ったり、何かの模倣ではなく、店主さん自身が美味しいと感じる味なんだなぁと。

クリックすると拡大します

 中細麺は標準より多めの麺量で、箸を投げ出すほど美味しいと言うことも無いけど、レンゲが止まってしまうほど味と言うことも無く、何とも馴染みやすい美味しさ。
 チャーシューがやや厚めで、しかも三枚も乗っていて、とっても嬉しい。
 他はメンマ、半身の味玉、万ネギ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 晩酌。
 サッポロチューハイ99.99 クリアオレンジと厚切りスモークタン。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記