2020年02月13日

梅ヶ丘が騒がしい

/USB充電ポート付きベンチ/東京味噌らーめん萬馬軒花橙@梅ヶ丘にてみそらーめん/

クリックすると拡大します

 小田急線新宿駅地上ホームのロマンスカー乗り場(2番線、3番線)にある一部のベンチが、USB充電ポート付きに取り替えられています。
 関連のニュース
 ロマンスカーの発車を待つ時間にスマホなどを充電できますので、便利なと言えば便利。

クリックすると拡大します

 夜は、東京味噌らーめん萬馬軒花橙(まんばけん はなだい)@梅ヶ丘(世田谷区梅丘)公式ツイッター)へ。
 約1年ぶりの訪問になってしまい、そんな間を空けて再訪する意味があるのか、聞かれると答えられませんが。
 何やら梅ヶ丘が騒がしくなりそうなので。

クリックすると拡大します

 よくよく営業時間や定休日が変わる店ですが、地のお客さんは「やっていれば食べていく、やっていなければ他の店で」というスタンスなのではないでしょうか。
 現時点の営業時間は、平日が11:00-25:30、土日祝が11:00-23:00、無休です。

クリックすると拡大します

 2/6よりメニューを分かりやすく整理しつつ、価格が改定されています。
 メニューはみそらーめん830円、辛みそらーめん890円、醤油らーめん550円、濃厚醤油らーめん750円、グリーンカレーらーめん940円。
 みそつけ麺850円、辛みそつけ麺930円、濃厚醤油つけ麺800円。
 18時までみそらーめん系であれば小ライス無料、醤油らーめん系は30円、18時以降はいずれも50円。

クリックすると拡大します

 席配置は変わらずのカウンター17席、卓上調味料も変わらずの山椒、一味、酢。
 店員さんは3人に増え、シフトを組んでの通し営業。
 ホント、飲食店の店員さんの頑張りには頭が下がります。

クリックすると拡大します

 程なくしてみそらーめん830円
 みそらーめんは野菜の大盛とニンニクが無料サービスですので、両方ともお願いしています。
 濃厚とは謳っていない濃厚な豚骨鶏ガラ白湯スープで合わせ味噌を溶かし、野菜を炒め上げた一杯。
 僅かなとろみと強めの旨みが、萬馬軒の唯一無二の味噌ラーメン。

クリックすると拡大します

 合わせる太麺は三河屋製麺、味噌スープの味わいをぐいぐいと持ち上げてくれます。
 トッピングは大ぶりの豚バラ肉チャーシュー、メンマ、白髪ねぎ、青ネギ。
 無料サービスの刻みニンニクを早めに合わせ、途中で山椒を振ったりして、色々と楽しみました。

 店の外が気になるでしょうけど、暖簾をくぐってきた下さったお客さんに全力投球が吉かと。
 スルッと食べて、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 本日2020/2/13にオープンした神田磯野 next 世田谷磯野。
 2/16までは12:00-16:00の営業、2/17以降は平日11:30-14:30 17:30-21:30、土日祝12:00-15:00 17:30-20:30、水休。

クリックすると拡大します

 らーめんせい家梅ヶ丘店、約20年の営業に2020/2/9閉店。
 既に店内の改装が始まっていて、早ければ今月中に某ラーメン店としてオープンか。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記