2020年02月16日

女房と焼肉♪

/焼肉きんぐ伊勢原店にて食べ放題ランチ/

クリックすると拡大します

 「焼肉、食べに行かない?」と誘われて、女房と2人で焼肉きんぐ伊勢原店公式ホームページ)へ。
 前回伺ったら満席店内待ちが激しかったので、席を予約しようと家を出る前に電話したら「お昼は予約できません」と言われてしまいました。
 そりゃそうだよね、予約しようとした私が非常識でした。
 お店に着いてみると駐車場に空きがあって、すぐに案内されるかとおもいつつ、15分ほど待ってご案内。

クリックすると拡大します

 100分食べ放題のコースが3つあって、基本の58品食べ放題コースが2,680円(税抜)。
 基本のコースに鬼厚ガリバタ上ロース、ドラゴンハラミ一本焼、ダイヤモンド上カルビ、きんぐカルビ、すき焼きカルビ、厚切りカルビ等が追加されたきんぐコース2,980円(税抜)。
 きんぐコースに国産牛(ドでか!ロース、極みカルビ、焼きしゃぶカルビ、特選カルビ)、厚切り熟成牛タンが追加されたプレミアムコース3,980円(税抜)。
 3,000円、4,000円が高いわけではありませんが、定年間近のサラリーマン夫婦は、そんな沢山は食べられません。

クリックすると拡大します

 と言うことで、食べ放題ランチ1,980円(税抜)。
 基本のコースから除かれている料理は、牛レバー、小蛸の味噌焼、イカ焼き、北海道じゃがバターホイル焼、旨塩キュウリ、サンチェ、おつまみ枝豆、カリッとろたこ焼き、焼肉専用バウンドごはん、ストロベリーバニラソフト。
 ソフトドリンクの飲み放題が含まれています。

クリックすると拡大します

 コースと「飲み放題に含まれていない飲み物」を注文したら、後はタッチパネル式オーダーシステムで注文します。
 一気に多く注文してテーブルに置ききれなかったり、食べ残しを考慮して、一度に注文出来る皿数が限られています。
 卓上には特製本だれ、甘口だれ、レモンだれが用意されています。

クリックすると拡大します

 先ず黒烏龍茶が運ばれてきて、女房はキリン一番搾り(中)550円。
 たれを入れるお皿は硯のように段差が付いていて、たれが付けやすくなっているのかな。
 テーブルには焼く前の生肉を掴むトングと、焼き終わった肉を掴むトングの2種類が用意されています。
 焼いている途中の肉をひっくり返すのは、どっちのトングを使ったら良いのだろうか。

クリックすると拡大します

 炙りロース(タレ)2人前、カルビ(タレ)2人前、ビビンバ、シーザーサラダ、ナムル盛合せ、キュウリキムチ。
 全国展開されている焼肉チェーン店の肉の味は、改めて説明しなくても良いでしょう。
 何をもって「美味しい」と表現するか、何をもって「コスパ最高」と感じるか、何をもって「元を取った」と信じるか、人それぞれですから。

クリックすると拡大します

 美味しい焼き肉を食べたければ、それなりの店に何ヶ月も前から予約し、それなりの値段を支払う必要があります。
 いわゆる、高くて旨いは当たり前、です。
 明日食べたい、今日食べたい、となった場合、焼肉チェーン店の出番、やってて良かった。
 訪問の手軽さ、肉質、値段にそれぞれ何らかの係数を掛けたら、ほぼ同じ結果になるんじゃないかな。

クリックすると拡大します

 きんぐ塩タン2人前。
 牛タンではなく豚タン、豚タンだから美味しくないと言うことではありません。
 牛タンは牛タンの味が、豚タンは豚タンの味がするだけ、値段の違いは味の違いと関係ありません。
 単品ですと1人前4枚で480円、量と味を考えると十分満足できます。

クリックすると拡大します

 厚切り豚バラ(タレ)2人前、やみつきハラミ(タレ)2人前。
 焼肉食べ放題店にでは牛肉を食べることが圧倒的に多いのですが、豚肉も美味しいです。
 塩焼きではなくたれ焼きが私の好みですけどね。

クリックすると拡大します

 女房と焼肉を食べに行くと、女房はビールを飲みながらお喋りする係、私は帰りの運転と肉を焼く係。
 自分で焼かないと自分の好みに焼けないから、焼き方を買って出るわけですけど。
 相手が焼き方を買って出てくれた場合は、相手の焼き方を楽しむべく、相手の厚意を受けます。
 ま、色々な焼き方があって良いよね。

クリックすると拡大します

 炙りバラカルビ(塩)2人前、【旨辛焼肉】炎の厚切り豚バラ2人前、カルビ(タレ)2人前、カルビ(塩)。
 旨辛焼肉ってのは、唐辛子粉が振ってあって、てっきり食べるかと思ったら「辛いのは嫌い」の気分だったらしく。
 カルビはたれ、って勝手に決めつけていた自分がいましたが、メニューに塩があったので試しに頼んでみました。
 塩を振ってあるんじゃなくて塩たれを掛けてあって、思いの外、美味しかった。

クリックすると拡大します

 辛いヤツは、焼いているときに辛い粉が落ちちゃうので、アレでした。
 カルビは向こう側が透けるくらいの薄切りなので、表3秒裏一瞬、まで行かなくても、目を離せません。
 脂身と赤身の焼きでは時間が異なるので、、、ま、そこまでは良いか。
 ランチコースではたれが卓上の物だけなので、途中で飽きるかとおもいきや、そうでもない。

クリックすると拡大します

 やみつきハラミ(塩)2人前。
 はらみもたれ一辺倒でこれまで食べてきましたが、メニューに塩があったので試してみようかと。
 ピントがお皿に合ってしまって、面目ない。

クリックすると拡大します

 一気に並べると一気に焼き上がることになるので、少しずつ時間を空けて焼き始めます。
 たれ焼きですとたれの味が支配的になりますが(当たり前か)、塩焼きだと肉の美味しさがよく分かります。
 大きさが一口の半分くらいで、しっかり焼いて食べると、思っていた以上に美味しかった。

クリックすると拡大します

 きんぐ塩タン2人前。
 美味しかったのでお代わり、食べ放題なのでお代わりってのもアレですけど。
 1枚々々、目を離さずにきっちり焼き上げて、さっとレモンたれをつけて頂きます。

クリックすると拡大します

 炙りロース(塩)。
 カルビやロースの塩焼きが美味しかったので、ロースはどうだろうと。
 いやいや塩焼きも美味しいじゃないですか。
 いやいやたれ焼きを食べた後だから美味しく感じたのかも知れません。

クリックすると拡大します

 野菜スープ。
 焼肉を食べ終わってカルビクッパを食べられる年頃ではないので、野菜クッパを頼んだつもりが。
 焼き肉を食べている間にご飯は要らないけど、食べ終わった後に食べたかったなぁ。
 お代わりすれば、と水を向けられましたが、まま、そう言うわけにもいかず。

クリックすると拡大します

 やわらか杏仁豆腐、アイス。
 女房は別腹発動でデザート、美味しそうに食べていました。
 食べ放題なので色々な食べ方が楽しめて、面白かったです。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 19:11| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記