2020年02月17日

限定売り切れ

/ゆで太郎西五反田本店にて肉野菜そば(温)、焼きのり、かき揚げ/石山商店@小田急相模原にて塩らーめん/

クリックすると拡大します

 早起きは蕎麦のために、今朝はゆで太郎西五反田本店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げたチェーン展開する路麺店、途中からゆで太郎システムと共同ブランドとしてどちらも大繁盛。
 国産そば粉で打ったお蕎麦を店舗限定、期間限定で販売されています。

クリックすると拡大します

 店内に入り、椅子に鞄を置いてキープしてから、券売機へ。
 噂には聞いていましたが、交通系ICカードの試験導入中(西五反田本店と西五反田二丁目店)。
 他のチェーン店系路麺店の先を行く5%還元対応済み。
 5%って500円だと25円にもなるんですよ、、、計算合ってるかなぁ。

クリックすると拡大します

 国産蕎麦粉使用中ですので、お蕎麦強化期間、肉野菜そば(温)490円、焼きのり100円、クーポンかき揚げ
 1日で必要野菜量の半分は美味しくいただいたとしても、残り半分の野菜の目処が立ちません。
 国産蕎麦粉は温かく食べても美味しく、焼きのりは肉野菜そばと共に食べても美味しい。

クリックすると拡大します

 このまま食べたわけでは無く、お蕎麦に盛り付けましたが、盛り付け後の写真より盛り付け前の写真の方がウケが良いので。
 もちろん、盛り付け後の写真のファンもいらっしゃるので、クリックしたら見られるようにしておきました。
 今朝も美味しく、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は自家製お弁当で流し、夜は、石山商店@小田急相模原(相模原市南区相南)(公式ツイッター)へ。
 前回は首尾良く限定メニューにありつけたので、今夜ももれなく食べようと伺ったら、あえなく売り切れ。
 売り切れていて嬉しかったり、食べられなくて寂しかったり。
 どっちなんだよ。

クリックすると拡大します

 店先のポップというか説明書きは、伺うたびに変わっています。
 実際の店先でポップを読んだりすると、立地的にかなり怪しまれるので、写真を撮ってきて、自宅でのんびり読んでいるわけですが。
 当店のこだわりを店先に貼り出すようにしたんですね。

クリックすると拡大します

 レギュラーは醤油と塩しかないので、塩にしましたが、こうゆう時こそ特製を食べれば良いのに、デフォで。
 ほんとケチ臭いなあ。
 店内には入ったときに1人お客さんがいらっしゃいましたが、すぐに帰ってしまい、ほぼ終始ノーゲス。
 ラーメンの味云々の前に、この辺りは遅い時間に人通りが少ないですからね。

クリックすると拡大します

 程なくして塩らーめん750円
 前回は鰹節出汁を感じられましたが、鶏ガラ出汁の味が支配的。
 夜にしか来たことがないので、出来たてのスープの味が分からないけど。
 ま、常連さんらは限定メニューを食べることが多いだろうから、この味に全く不満はありません。

クリックすると拡大します

 菅野製麺所の細麺、ほんのり固めが良い感じ。
 チャーシューは鶏胸肉が2枚、淡泊の味わいが返ってスープとの親和性を高めています。
 スライストマトの酸味がこれまた美味しい。

 食べ終わって、と言うか、食べる前からずっとラーメン談議、これがまた楽しい。
 「この前、たまプラーザに行ってきましたよ」と切り出すと「えっ、そうなんですか」と返され、ああ、ツイッターは見てないんだなと思ったけど、そもそもフォローされていませんでした。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記