2020年03月18日

菜の花

/白昼の死角/らーめん雅楽GARAKU@あざみ野にてハートランド、油そば/

クリックすると拡大します

 今、白昼の死角(高木彬光著)をKindleで読んでいる。
 現代では絶対に不可能な犯罪も終戦直後では十分可能、というストーリーですが、それは逆に当時は絶対に不可能でも現代では可能な犯罪もある(特殊詐欺とか)ということか。
 それはそれとして、幾つかの瀬戸際でのやりとりで語られる言葉が、心に刺さる。
 そうだよそう、私も今、一度死んで生き返ろうとしている。

クリックすると拡大します

 夜は、らーめん雅楽GARAKU@あざみ野(横浜市青葉区)公式ブログ)へ。
 月に(約)一度の訪問と決めてから、月初めに伺うとその月は訪問しないことが伝わってしまうので、月末ギリギリに駆け込むことが多かったのですが。
 決められたこと、決めていたことから変えていこうかと。

クリックすると拡大します

 今月の月替わり限定メニューは油そば。
 『ニンニクパワーで免疫力UP!
 醤油とニンニクの香ばしい香りに背脂の甘味と卵黄のトロ味を加え最高に食欲がそそられる一杯です。
 スープ付き&麺は通常1玉ですが、大盛り(1.5玉)無料&半ライスサービス。
 麺と具を良く混ぜてガッツリ召し上がってください。』

クリックすると拡大します

 流行病の影響でガラガラと思いきや、店内待ちが出来るほど混み合っています。
 先ずはハートランド400円で、今夜はあざみ野で一人お疲れ様会。
 女将さんは「いつも代わり映えがしなくてゴメンナサイね」と謙遜されますが。
 私はこの三点セットが楽しみで、通っていますので。

クリックすると拡大します

 今日の賄い、、、じゃなかった、試食はたっぷり山椒な茹でもやしとねぎの挽肉和え。
 痺れと辛さが絶妙で、お酒のつまみに最高です。
 今日は大将と女将さんのツーオペ、満員のお客さんにフル回転。

クリックすると拡大します

 閉店時間を睨んでお願いした、油そば1,000円
 ※店主さんのご好意により、標準的な盛り付けと異なりますので、ご了承ください。
 フライドガーリックに加えて、たっぷりのおろしニンニクがニラと茹でモヤシと共にトッピング。
 これでもかとサイコロカットのチャーシュー、甘味と旨味の上質な背脂、シャキシャキの白ネギ、さらに卵黄。

クリックすると拡大します

 取り巻きには、残ったたれのかき取り用追い飯、追いメシ用卵黄、味変用激々激辛餡、さらに鰹節出汁スープ。
 迎え撃つ太麺は三河屋製麺、何も言わなくても一玉半。
 様々な味が複雑に絡み合って美味しいから食べきれるけど、完全に食べ過ぎ。

クリックすると拡大します

 麺を半分ほど食べたところで、味変用激々激辛餡を混ぜ合わせます。
 もの凄く辛くて思わずお冷やに手が伸びますが、お冷やで洗い流すとまた辛くなるので、そのまま食べ続けます。
 食べていると辛さに慣れてきて、旨さが駆け上ってきます。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わったら、合わせる追い飯用に残ったモヤシやチャーシューを少し食べて量を調整します。
 醤油たれをスプレーの様に掛けたら霧状では無くて結構太くて、ご飯が崩れるほど。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 電車に終電が無ければ時間が分からなくても気にならないけど。
 まっすぐに撮ったつもりでも曲がっている。
 さて今週はあと一日。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記