2020年03月19日

透き通った黒

/魚がし日本一エキュート品川サウス店にてカニといくらのドカ盛り/柴崎亭つつじヶ丘本店にて焼豚鴨中華そば/とんこつラーメン博多風龍 明大前店にて魚介香るとんこつラーメン/

クリックすると拡大します

 週末は三連休、三連休の予定はびっちり入れたけど、その前に仕事にケリを付けて。
 って頑張ろうと思っていたら、土日月ではなく金土日の三連休なのか、、今週中に終わらないじゃん。
 昨日気が付けば頑張りようもあったのに、と自分に言い訳して、じっと手を見る。

クリックすると拡大します

 久し振りにお昼はお弁当では無く外食、魚がし日本一エキュート品川サウス店ホームページ)へ。
 エキュート品川サウス店では朝食を食べたり、夜にちらっと立ち寄ることはあったけど、こうしたランチは初めて。
 入ろうと思ったら満席(立ち食いでも「満席」で合ってる?)、店先で少し待ってから入店しました。

クリックすると拡大します

 食べるメニューは決めてあるけど、お茶を飲みながら壁の短冊を見ると、他店の(五反田店しか知らないけど)とちょっと違う。
 単品メニューは2ヶずつ売りなんだ、値段表記は税込表記なんだ。
 JR施設内では他店との兼ね合いがあったり、客層の関係もあったりで、2ヶずつ売りの内税表記にしているのだろう。
 ちなみに、他店では貯められるTポイントは非対応です。

クリックすると拡大します

 先ずは、5貫セット550円(税込)
 『まぐろ(赤身)、白身、とろサーモン、ねぎとろ軍艦、焼きげそ』と説明されていますが、「白身」って何だよ。
 焼きげそは薬味(?)を生姜かマヨネーズかで選べますので、生姜でお願いしています。
 見た目はイマイチかも知れないけど、味はお値段以上、量は成人男子には到底足りない。

クリックすると拡大します

 塩〆まぐろ330円(2ヶ、税込)
 寿司経験が浅いので、塩漬けのマグロを初めて頂きます。
 板前さんからの「醤油を付けずにそのまま召し上がりください」との案内に従い、乗せた山葵ごとそのまま頂きます。
 塩加減と漬け加減が難しそうだけど、とても美味しかった。

クリックすると拡大します

 本日の狙いであるカニといくらのドカ盛り440円(2ヶ、税込)
 ドカ盛りは、立食い店舗限定で毎月19日の数量限定販売。
 店舗や板前さんによって盛り付けが異なるようで、山葵をたっぷり付けて美味しくいただきました。

クリックすると拡大します

 夜は、柴崎亭つつじヶ丘本店ホームページ)へ。
 随分と伺っていなかったけど、中々機会が無く、限定メニューのツイートを休憩時間に見かけたので。
 んじゃ久しぶりに行ってみるかと向かってみたら、あっさり売り切れ。
 慣れないことはするもんじゃないなぁ、なむ。

クリックすると拡大します

 外待ちからの入店、券売機を見てみると消費税増税に伴って値上がりしています。
 中華そば620円、玉ねぎ中華そば670円、鴨中華そば670円、塩煮干そば720円、醤油煮干そば720円、山椒の塩そば800円。
 鶏塩そば800円、月水限定販売の南京担々麺1,000円。火木限定販売の鶏味噌そば930円。
 チャーシューやワンタンなどの皿、ライス、アルコール飲料。

クリックすると拡大します

 卓上には黒胡椒が用意されています。
 店員さんは食券を買う所作から目を離さず、食券を買った瞬間に麺を茹で始め、同時にスープも温め始めます。
 空いている席に案内され、コートを脱いで座ってお冷やを飲んだら提供される早さ。

クリックすると拡大します

 焼豚鴨中華そば1,100円
 黄金に透き通った塩スープはたまに見かけますが、檳榔子黒(びんろうじぐろ)と言うべき透き通った醤油スープは他で見たことがありません。
 濃厚でも濃密でもなく、鰹節出汁とブレンドされた鴨出汁の味わいが美味しい。
 こう言う味が好きなんだよねー

クリックすると拡大します

 綺麗に折り畳まれた田村製麺の細麺、良い感じにスープに馴染んでいます。
 レア一歩手前のスライスチャーシューは5枚、丁寧に脂抜きされていて、後味がさっぱりしているので何枚食べても美味しい。
 材木メンマに九条ネギ、無くても良さそうな最低限のトッピングですが、無いと困る。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 小田急線に戻る途中の明大前駅で降りて、とんこつラーメン博多風龍 明大前店@明大前(世田谷区松原)公式ホームページ)へ。
 経営母体は(株)MENYA、2016/7/15オープン直後に訪問して以来、二回目の訪問。
 今年はオリンピックイヤーなので、この機に全店舗24時間営業化し、世界に向けて日本のとんこつラーメンを発信、、は夢で終わってしまいそう。

クリックすると拡大します

 今夜は、2020/3/4から販売が開始された季節限定メニュー狙い。
 博多風龍の季節限定メニューは、通常メニューとは異なる麺を使っています。
 前回の冬季限定メニューでは小林製麺でしたが、今回は菅野製麺所。

クリックすると拡大します

 限定メニューにも、2玉までの替え玉無料サービスは適用されます。
 遠くの席のお客さんから「替え玉!」と声が掛かった場合、通常の麺なのか、季節限定メニュー用の麺なのか判断できるように、限定メニューの場合は「はる玉!」とコールします。
 通常の麺は茹で加減を選択できますが、はる玉は選択できません。
 ところで、博多風龍明大前店専用のスタンプカードって、、、チェーン店なら全店共通なんじゃ無いのか。

クリックすると拡大します

 程なくして、魚介香るとんこつラーメン800円
 レギュラーメニューのとんこつスープをやや薄めに仕上げ(店内で多めに希釈し)、鰹節、いりこ、さば節などの煮干粉を十分に利かせた醤油たれを合わせたスープ。
 トッピングの豚肩ロースチャーシューはやわらかタイプ、花鰹の香り、刻みタマネギの辛味、貝割れ大根の清涼感、かなり美味しいのよ。
 風龍のラーメンはそのどれもが美味しいと思うけど、チェーン店だからなのか、値段が安いからなのか、もっと取り上げられてもいいと思うけど。

クリックすると拡大します

 細麺は茹で加減を指定できませんが、少し固めに仕上げてあり、サクッとした噛み応え、スープとの絡みもよく、とてもいい感じです。
 麺が残り少なくなって来たし、そろそろ味変も楽しみたいので替え玉。
 博多風龍では二玉まで無料ですし、一玉であっても食べ切れるけど、半玉って対応しているのだろうか。
 気になり出したら確認しないと気が済まない。

クリックすると拡大します

 何て言おうか考えていたら「替え玉、されますか?」と店員さんから声を掛けてくださいました。
 「食べ切れないので、替え玉の半玉って出来ますか?」と訊くと「一玉しか出来ないので、食べ切れない分は残してくださった結構です」と。
 はる玉は白いお皿に乗せられて提供されます。

 ところで、なんで替え玉って言うんだろ。
 食べ終わった後の追加だから「追い玉」とか「足し玉」なんじゃないのか。

クリックすると拡大します

 いつもだったら一玉まるごとスープに入れてしまうのですが、今夜は先ず四分の一ほど入れて、ニンニクと紅生姜で味変を楽しみます。
 麺を食べ終わったら、お皿から残った麺からまた四分の一ほど入れましたが、、昭和な男は食べ物を残すことにもの凄い罪悪感を感じます。
 結局、麺を残すこと食べてしまいました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記