2020年04月30日

再び白楽

/ゆで太郎西五反田2丁目店/肉あんかけ中華(温)、ピリ辛葱、海老天/横浜家系ラーメン 山崎家 白楽駅前店@白楽にてラーメン/

クリックすると拡大します

 早起きは中華蕎麦のために、今朝はゆで太郎西五反田2丁目店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げたチェーン展開する路麺店、途中からゆで太郎システムと共同ブランドとしてどちらも大繁盛。
 24時間営業店ですが、世情に影響を受けて6:30-20:00に変更になっています。

クリックすると拡大します

 店先からガラス戸越しに店内を覗いて、壁向きカウンターの空き状況を確認します。
 誰も座っていない状況がベストですが、誰か座っていた場合は状況次第、場合によっては諦めることも選択肢とします。
 他人に感染しない病気なら自己責任と言えなくも無いけど、この流行病はそんな言い訳は通用しません。

クリックすると拡大します

 さて、今月末で終売となってしまうのか肉あんかけ中華(温)490円、トッピングにピリ辛葱100円、無料クーポンで海老天、無料サービスで紅生姜と揚げ玉と鷹の爪
 ピリ辛葱を初めてトッピングしてみましたが、葱が結構多くて嬉しい誤算、これは美味しい。
 プリンとした海老天も絶品、無料クーポンのおかげでここ何年も買っていないのが、申し訳ないほど。

クリックすると拡大します

 中細麺がトロリとした餡かけに絡みついて、茹でモヤシと共に美味しくいただきます。
 揚げ玉とか紅生姜を入れると、ついついスープまで飲み干してしまいます。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は今日もお弁当。
 気温が上がってきたので、いつまでもお弁当というワケにはいかないけれども。

クリックすると拡大します

 夜は、横浜家系ラーメン山崎家 白楽駅前店@白楽(横浜市神奈川区白楽)公式ホームページ)へ。
 立地は東急東横線白楽駅東口を出て、旧綱島街道にぶつかったら左手、横浜銀行ATMの隣。
 味奈登庵白楽駅前店(2005-2019/1/31)、そば処ぶそう(2019/3-2019/10)の跡地に、2020/3/4オープン。
 横浜駅西口近くの山崎家に続く2号店、経営母体はプリンスホールディング

クリックすると拡大します

 店先に券売機が設置されているので、先ずは食券を買って、と。
 ラーメンメニューはラーメン700円、地獄ラーメン850円、山崎ラーメン1,000円。
 チャレンジラーメン3,000円というのが用意されていて、興味がある方はググってみて下さい。
 ご飯物はチャーシュー丼300円、チャーマヨ丼300円など、ライスばか盛り200円も用意されています。

クリックすると拡大します

 店先に用意された手指消毒用スプレーで手を消毒しながら、A型看板を眺めます。
 ほう、24:00までの通し営業なんですね、その時間ならまだまだ人通りがあるのでしょう。
 店舗専用アプリがあるんだ、最近はラーメン屋さんでも増えてきましたね。

クリックすると拡大します

 店内に入ると奥の席に先客1人、カウンター台越しに店員さんに食券を渡しながら「柔らかめで」と伝えます。
 席配置はいわゆるウナギの寝床ですが、その表現って誰にでも通用するのか心配。
 すれ違えないほど狭い通路の片側にカウンター席が並んでいて、入って左側に4席、階段の下辺りに3席、奥に7席、計14席。
 卓上にはおろしニンニク、豆板醤、拉麵胡椒、特製酢。

クリックすると拡大します

 少し待ってラーメン700円、受け皿は両側に取っ手が付いています。
 店内の寸胴で徹底的に炊き出された豚骨スープ、喉越しや馴染みやすさを重視して調整されています。
 豚骨の味わいを最優先に調整された直系店のスープに比べると「薄い」「弱い」と感じますが、同じ豚骨スープでも目指す方向性が違うのだから、比べることに意味はありません。
 個人的には、この味わいが美味しくて好きだなぁ。

クリックすると拡大します

 大橋製麺の平打中太麺は好みまで柔らかく仕上がっていませんが、これはこれで美味しい。
 トッピングは大きめの豚肩ロースチャーシュー、茹でほうれん草、板海苔三枚。
 このスープだと、家系海苔巻きせずに海苔だけをスープに浸して食べた方が好き。

クリックすると拡大します

 麺を半分以上食べたところで、お楽しみの味変タイム。
 今日はおろしニンニクと豆板醤、どちらも辛味増しなので、酢をさっと回し掛けて。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 駅反対側にもの凄く惹かれる居酒屋があったのだが、今の時期は飲みにいくわけにはいかず。
 いつか行こうと、覚えておこう。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年04月29日

かも葱つけめん

/お蕎麦/Tan Tan noodle 楽@藤沢市大庭にてかも葱つけめん/晩酌/

クリックすると拡大します

 朝はお蕎麦、おかずは夕飯の残り物をレンチンして、と。
 自宅の書斎(仮)にテレワーク環境が整っているので、ついうっかりテレワークを始めたら。
 今日はみどりの日でした、なんだかなぁ。

クリックすると拡大します

 諸々の所用をまとめて引き受けて、1人買い物を。
 お昼時間をとっくに過ぎてから、世情を反映して通し営業のTan Tan noodle 楽@藤沢市大庭公式ツイッター)へ。
 しばらく休業されていましたが、今は11:00-20:00無休で営業されています。

クリックすると拡大します

 店内に入ると、いや、入ろうとすると、手指の消毒。
 ここのところ大抵の店舗で同じような対応ですので、すっかり慣れました。
 逆に手指の消毒が無いと「あれっ、ここは良いのかな」と気になるようになってしまいました。

クリックすると拡大します

 左手の券売機に向かうと、真っ白だったボタンが色分けされて分かりやすくなっています。
 麺類メニューのレギュラーである担々麺とニュータンタンメンに加えて、以前は期間限定メニューだった鶏白湯ラーメンがレギュラー入りしています。
 期間限定メニューとして、かも葱つけめんが始まっています。
 麺類以外ではチャーハンが期間限定メニューとして販売されているので、次回、食べたい。

クリックすると拡大します

 テーブルを2卓に減らしての営業、片方にはお客さんがいましたが、誰も座っていないカウンター席へ。
 店員さんが2人いて、片方に食券を渡したら無料サービスの黒烏龍茶を注いできます。

 テーブル席のお客さんは既にラーメンを食べていたので、目の前の調理は私のつけ麺。
 つけ麺って、炊き出してあるつけ汁(スープ)を器に注ぎ、麺を茹で上げて冷水で締めるだけ、と認識しています。
 しかしして、片方の店員さんは中華鍋を振っているし、片方は茹で上がった麺を冷水で締めて丼に盛り付けているし。

クリックすると拡大します

 程なくして、【1日10食限定】かも葱つけめん850円
 今まで色々なつけ麺を千杯以上食べたと思うけど、一杯のために中華鍋で長ネギをスープで煮込むつけ麺は初めてです。
 麺皿には水菜と板海苔が乗せられ、右利きの私は先ず、つけ汁と麺皿の場所を交換します。
 手繰った麺をつけ汁にたっぷり浸けて食べてみると、味噌ベースの美味しい味わい。

クリックすると拡大します

 焦げ目の付いたネギは「普通の長ネギ」ですが、高温で焦げ目を付けて、低温でじっくり火入れされ、気持ちの良い甘さ。
 鴨肉は皮を軽く炙ってあって、大抵はつけ汁に浸けて食べる私は、浸けずにそのまま美味しくいただきます。
 麺が全然足りない、足りないからと言って大盛りにするには間に合わず、一口ずつ大切に頂きます。
 こんなに心を込めた美味しいつけ麺なのに、こんな安くて良いのだろうか。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わって、割スープあるのかなぁ、、と思いながら「スープ割り、出来ますか?」と訊くと、出来ますと。
 割スープ専用に用意して温めてあった鶏ガラスープを茶碗に注ぎ、ネギをパッと振って渡して下さいます。
 適量を残ったつけ汁に注ぎ入れ、かなり熱くなったスープを美味しくいただきます。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 バイクで走っていると、流行病は全く気にならないのですが。
 コンビニに立ち寄ったりすることもあるから、マスクはしたまま。

クリックすると拡大します

 晩酌
 神奈川の蔵元である吉川醸造が醸す菊勇 特別純米酒 山廃仕込 生一本。
posted by ふらわ at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年04月28日

テレワーク開始

/テレワーク開始/

クリックすると拡大します

 世の中の流れに追いつけとばかりに、やっと我が家もテレワーク。
 仕事のふりだけなら「そのまま」で十分ですが、ちゃんと仕事するには「それなり」の仕入れと仕込みが必要。
 写真には写ってはいけないものも映り込んでいるのでぼかしましたが、平にお許しを。

クリックすると拡大します

 お昼はパスタと夕食の残りをレンチンしたのと、ふえるワカメの味噌汁。
 個人のブログなので自己満足でアップしている自宅の食事でも、多くのふらわまにあから反響のびっくり。
 他人の家庭の食事であっても盛り付けが気になったり、味が気になったりするとは。

クリックすると拡大します

 晩酌。
 徒歩圏内のスーパーで売っていた「晩酌セット」、面倒だから(洗い物が増えるから)とプラ容器のまま頂きます。
 いつもはお皿に盛り付け直すのに、こういう時に限って多くのいいね!があったりして。
 デスティニー。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記