2020年05月25日

久し振りの金沢八景

/ゆで太郎西五反田2丁目店にて朝そば生たまご(冷)、焼きのり、唐揚、海老天/麺屋 歩夢 金沢八景店@金沢八景にて小ラーメン/

クリックすると拡大します

 早起きは中華蕎麦のために、今朝はゆで太郎西五反田2丁目店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺チェーン店、途中からゆで太郎システムと共同ブランドとしてどちらも大繁盛。
 来月からの新しい中華そばメニューが発表され、今月末までのあんかけ中華の食べ納めでも。

クリックすると拡大します

 っと、終売になっているじゃないですか。
 今月から始まった新メニューが二つあって、食べていない方を食べようと記憶を探るも、記憶が見つからない。
 じゃ、朝そば360円か朝食セット380円。
 改めて眺めてみると、こんなに種類があるのか、迷うなぁ。

クリックすると拡大します

 買った食券を受付に出し、近くでお冷やを汲んで席に向かう刹那、「唐揚げ、食べなきゃ」と。
 タッチパネル式券売機であれば全品がラインナップされていますが、ボタン式の券売機の店舗ではそうでもない。
 いったんしまった財布を取り出して、初めての現金追加。
 「(唐揚はこれから揚げますので)少しお待ち下さい」と、ゆっくり待ちますのでゆっくり揚げて下さい。

クリックすると拡大します

 少し待って朝そば生たまご(冷)360円、焼きのり100円、唐揚(3ケ)200円、クーポン海老天
 ラーメン店ならば気分でお蕎麦を食べたくなったら違う店に行かなければなりませんが、ゆで太郎なら無問題。
 美味しいもり汁に美味しいお蕎麦を付けて手繰ればますます美味しい。
 揚げ立ての海老天、かき揚げは塩を振って美味しくいただきます。

クリックすると拡大します

 さて、唐揚。
 もつ次郎で提供が始まった唐揚げの転用なのかな、鶏肉は同じに思えますが、衣は違うようです。
 まま、細かいことはその道の人に任せて、美味しければ無問題。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は夜に向けてコンビニ弁当で済ませ。
 お店に着くと店内待ちさせずに外待ち4人で良かった、そうで無かったら(ここまで来ても)踵を返すところです。

クリックすると拡大します

 夜は、麺屋 歩夢 金沢八景店@金沢八景(横浜市金沢区瀬戸9-27-2)(公式ツイッター)へ。
 淵野辺の歩夢の2号店として、2020/5/16オープン。
 立地は京浜急行電鉄金沢八景駅から国道16号線に出て南下し、徒歩数分。
 階段に掲げられた看板が見えたので、店舗が地下に思えましたが、実際は奥の入口から入る新築の1階。

クリックすると拡大します

 先に食券を購入する案内に従い、店外待ちのお客さんを横目に店内へ。
 メニューは小800円、大900円、ミニ750円の3種類。辛さ増しとつけ麺はカミングスーン。
 年齢を考えるとミニでも多いのですが、だからといってミニではラーメンを食べたことに私はなりません。
 見栄えを考えてうずらとかショウガとかに指が伸びつつ、そういうのも止めておきました。

クリックすると拡大します

 食券を買ったら一旦外に出て行列に続き、並んで待っていると助手さんが食券を引き取りにきます。
 入店は1人帰ったら1人入るスタイルではなく、4、5人ずつのロット単位で助手さんに案内されます。
 お店に着いてから15分後に店内へ、座る前に入口近くでお冷やとレンゲを忘れずに。
 席配置はL字カウンター9席と2席ですが、2席の辺は使われていません。

クリックすると拡大します

 卓上にはブラックペッパーグラウンド、一味唐辛子、かえし醤油。
 かえし醤油が用意してあると言うことは、コールで「からめ」は不要で、自身で調整できると言うことですね。
 箸は割り箸じゃなくてエコ箸、専門用語ではトルネード、ラーメン二郎系の麺を掴みにくい箸。

クリックすると拡大します

 程なくして、店員さんが「大ラーメンの方〜」と無料トッピングを訊き始めます。
 それぞれ「普通で」「野菜多めで」「アブラ多めで」などと答え、私は「ヤサイ、ニンニク」。
 ちなみに、野菜は何も言わなくても程々トッピングされており、ニンニクとアブラは言わなければトッピングされていません。

クリックすると拡大します

 小ラーメン800円、コールはヤサイ、ニンニク。
 随分と綺麗めの麺相、受け皿なしの丼に盛られたヤサイは溢れていないし、ブタも崩れていない。
 ラーメン二郎インスパイアの第七世代なのかも知れません(違うでしょ。

クリックすると拡大します

 先ずヤサイから食べ始めます。
 ふわっと茹で上リたての柔らかいヤサイ、キャベツは一般的なラーメン二郎インスパイアより多めです。
 しかししてヤサイの湯切りが綺麗すぎてやや食べにくく、丼が受け皿に乗っていないので、溢す前提でスープに浸かったヤサイを引き出すこともできず。

クリックすると拡大します

 だいぶヤサイを食べて、極太麺。
 平ざるではなくテボで湯切りしているからか、麺同士がかなり絡んでいて、麺を持ち上げにくいです。
 ピシッとエッジを立てる製麺は太さや長さが均一で、自家製麺らしさを感じません。
 麺自体は他では代替できない美味ししさ、この美味しさがあるのでラーメン二郎系通いは辞められない。

クリックすると拡大します

 スープはやや乳化、カネシ醤油のたれがかつてのラーメン二郎(現在のラーメン二郎はエフゼット)を遠くの遠くに思い出させます。
 ブタを一口食べるとパサパサで、スープに良く浸して美味しくいただきます。

クリックすると拡大します

 食べ切るだけならミニにしてヤサイマシせずに麺とブタだけにすれば良いのだけれど。
 腐ってもラヲタ(腐ってないか)、スープまで飲み干さないとラーメン二郎系を食べたことにならない。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 前回いつ来たか覚えていないけど。
 金沢八景駅、すっかり綺麗になりました。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記