2020年06月02日

天ざる中華

/テレワーク/ゆで太郎平塚桜ヶ丘店にて帆立天ざる中華、焼きのり、海老天/晩酌/

クリックすると拡大します

 今日も今日とてテレワーク。
 個人が個人の趣味としてブログを書いているのに、造語じゃないかとか、日本語が間違っているとか、品詞を教えろとか。
 ビシッと拒絶すると逆ギレされる世の中なので相手してあげると、あげたらあげたで、、、何だかなぁ。
 ああ、面倒くさい、世知辛い世の中になりました。

クリックすると拡大します

 午前中の仕事をちゃっちゃと済ませて、ゆで太郎平塚桜ヶ丘店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げたチェーン展開する路麺店、途中からゆで太郎システムと共同ブランドとしてどちらも大繁盛。
 これまでは敢えてアイドルタイムに伺っていましたが、今日はランチタイムど真ん中に伺いました。
 満席かよ、、、一席おきに座っているので満員ではないけど。

クリックすると拡大します

 前回(昨日)は温かいスープの中華そばを食べたので、今日は冷たいスープの中華そば狙いで。
 忘れずに焼きのりも買って、と。
 さらに忘れずに財布から無料クーポン券を出して、と。

クリックすると拡大します

 受付で食券を渡したら、空いている席を見つけて座ります。
 先ずはテーブルを濡れナプキンで拭くことから。
 ついうっかり汚れを拭き忘れて帰ってしまうことだってあるから、「テーブルが汚れている」と不満を言うよりも、自らテーブルを拭きましょう、てか。

クリックすると拡大します

 少し待って、帆立天ざる中華560円、焼きのり100円、クーポンAB。
 前回のざる中華(2018/6-2019/2)はチャーシューとメンマがトッピングされていましたが、今回のは帆立天、三陸ワカメ、貝割れ大根。
 帆立天はゆで太郎の流儀に則り別皿、お盆にお皿が乗り切りません。
 先ず、贅沢にも海老天を蕎麦つゆに浸けて頂く、美味しい。

クリックすると拡大します

 続けて麺を手繰ってもり汁に浸けて頂く、さらに美味しい。
 さらに続けて帆立天をもり汁に浸けて頂く、とっても美味しい。
 焼きのりをパリパリ食べる、薬味ネギと紅生姜をアクセントに。
 美味しく頂き、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 午後もテレワークに精を出して、って仕事なんだから当たり前だな。
 テレワークがいつまで続くか分からないけど、続く限りは頑張るよ。

クリックすると拡大します

 晩酌。
 瓶は剣菱ですが、中身は別のお酒。
 一升瓶開けて呑むとき、半分を冷やで飲み、残りを冷蔵保管すればもう1ターン楽しめます。
 そんなときに四合瓶ではない剣菱の五合瓶が、とても重宝します。
posted by ふらわ at 22:04| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記