2020年06月07日

辻堂で二軒

/佐藤製麺所@辻堂にて冷し中華、スープ麻婆豆腐麺/とんこつラーメン荒湘@藤沢市大庭にてラーメン/晩酌/

クリックすると拡大します

 今日も今日とてテレワーク、、ではありません。
 お風呂の湯沸かしシステムがトラブってしまい、昨夜はお風呂には入れなかったので、朝からシャワーでスッキリ。
 午前中をぶらぶら過ごして、「江ノ島近くに用事がある」とのことでクルマを出します。

クリックすると拡大します

 お昼は、佐藤製麺所@辻堂(藤沢市辻堂西海岸)へ。
 とんこつ麺屋こうりゅう@百合ヶ丘(川崎市麻生区高石)の二毛作として、2009/6頃から夜間営業開始、2015/5/17閉店。
 晩年は昼営業していたらしい、、、今頃知ってもなぁ。
 縁が無かったと諦めていたら辻堂に2015/7/6オープン、で、今頃になって訪問。

クリックすると拡大します

 店内に入ると目の前に券売機。
 担々麺として汁なし黒胡麻麺880円、汁なし麻婆豆腐麺880円、スープ黒胡麻麺880円、スープ麻婆豆腐麺880円。
 非担々麺として辻堂まぜそば880円、中華そば760円、つけそば730円。
 季節限定メニューの明太子まぜそば900円、冷し中華920円。
 自家製麺の場合は麺の増量が無料であることが多いけど、こちらは大盛200円増し。

クリックすると拡大します

 先客2人、後客ゼロ。
 席配置は元々ゆったりされていましたが、さらにゆったりされ、壁向きカウンターが4席、2人掛けテーブルが6卓。
 卓上には胡椒と酢の調味料だけが、用意されています。
 それ以外の調味料(七味唐辛子、白コショウ、黒コショウ、山椒、醤油、辣油など)は壁近くにまとめて用意されています。

クリックすると拡大します

 程なくして冷し中華920円
 平皿に小山の様に盛り付けられた冷し中華を想像していましたが、広めの深口切立丼にこんもりと盛り付けられています。
 トッピングは冷した茹でもやし、刻んだなると、小切りされた水菜、半身の味玉、細切りされたチャーシュー、メンマ。
 お店が冷し中華と言えば冷やし中華だと思いますが、一般的には冷やしラーメンではないでしょうか。

クリックすると拡大します

 黒酢ベースの冷たいスープと共に頂く自家製の極太麺は秀逸、この麺だけでどんなトッピングでも美味しくなりそう。
 時々、ねり辛子を付けながら麺を手繰り、トッピングを頂きます。
 ラーメンにトッピングされている水菜から独特の苦みを感じることがありますが、こちらの水菜からは感じません。

クリックすると拡大します

 同時に運ばれてきた女房のスープ麻婆豆腐麺880円
 豆腐とニラをピリ辛の餡と共に煮込み、アッサリしたスープに合わせてあります。
 合わせる麺は自家製の極太麺、スープと好相性でとても食べやすい。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 その後、江ノ島辺りで用事を済ませて、大庭へ。
 お店の駐車場が無いことは事前に分かっていたので、近くのコンビニで何か食べ物を買って、それを女房に車で食べてもらって、と。
 ひとり、とんこつラーメン荒湘(あらしょう)@藤沢市大庭5348-13へ。

クリックすると拡大します

 2000/4/25 藤沢市大庭5349-6(八ちゃん湘南黒子ラーメン跡地)にオープン
 2012/3/30 辻堂店オープン(辻吉家跡地)
 2015/2/11 辻堂店閉店
 2019/4/24 移転のため閉店(後に「タンタンヌードル楽」が開店)
 2019/6/10 藤沢市大庭5348-13へ移転オープン
 ※個人的に調べたので、日付等が誤っていたら教えて下さると幸甚です。

クリックすると拡大します

 ガラス戸越しに店内を見ると満席、、、すぐにお客さんが気が付いてくれて、席を移動して1席空けて下さいました。ありがとうございます。
 座ってみると、両隣含め全員飲んでる、、このままラーメンだけ食べて諸々大丈夫だろうか。
 メニューは醤油味のラーメン600円、とん辛メン850円。塩味50円増、味噌味100円増。
 サイドメニューはギョーザ450円、ニンニクギョーザ500円、肉ギョーザ550円、野菜ギョーザ500円、激辛ギョーザ500円。

クリックすると拡大します

 口頭注文後会計、PayPay対応ですが、ニコニコ現金払い。
 店内は厨房囲むL字カウンター10席。
 卓上の調味料はごましお、辣油、酢、醤油、胡椒、豆板醤、おろしニンニク。
 壁には1品料理や限定メニューが貼り出されていました。

クリックすると拡大します

 程なくしてラーメン600円
 何系のラーメンですかと問われたら、家系ラーメンでよろしかったでしょうか。
 豚バラ巻きチャーシュー、長方形板海苔二枚、茹でほうれん草、うずらの麺相、薬味ネギは先入れ式。
 豚骨醤油スープはあっさりした口当たりで、鶏湯はかなり少なめ、醤油たれはかなり弱め、飲んだ後で無くても食べやすい味わい。

クリックすると拡大します

 しっかりと化調を感じられ、なんかここだけ昭和(実際は平成12年創業)で時間が止まっている様子。
 平ざるで湯切りする中太麺は製麺所不明ながら、ザ・家系ラーメンの麺、今風では無いクラシカルな味わい。
 横浜や川崎の僻地に残る家系ラーメン店(ラーメンショップ等)で楽しめる味わい、ここでも味わえます。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 明日も早いので早めに晩酌
 今日も暑い一日だったけど、明日も暑そうだな。
posted by ふらわ at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記