2020年07月01日

ラスト紫陽花

/紫陽花/らーめん石山商店@小田急相模原にて和風塩トマしそらーめん、つけ麺/

クリックすると拡大します

 紫陽花に会えることを楽しみに一年間生きてきました。
 また一年、紫陽花に会えることを楽しみに生きていこうと思います。

クリックすると拡大します

 夜は、らーめん石山商店@小田急相模原公式ツイッター)へ。
 お店は火曜日が定休日、週替りの限定メニューは水曜日から始まります。
 前回月曜日に伺って限定メニューが売り切れてしまっていて、一つだけ賢くなりました。

クリックすると拡大します

 店内に入るとノーゲス、その後お客さんが一人だけ。
 個人的にはこののんびり感、ゆったり感がとても気に入っているのだけれど。
 お店的にはずっとワンオペで営業できてしまうのは、嬉しかったり寂しかったりなのかな。

クリックすると拡大します

 一杯目は今週(7/1から7/6まで)の限定メニューである、和風塩トマしそらーめん850円
 レギュラーの塩ラーメンをベースに、鶏チャーシューを解し、貝割れを刻んだ大葉に変えてゴマを振ってあります。
 特別な技巧を凝らしたり、特別な食材を使ったり、想像を外れた盛り付けをしたりはしない。
 私にはこれこそがおもてなしだと感じますし、「裏山を馳せ走って」集めてきた食材の料理だと思います。

クリックすると拡大します

 鶏清湯スープにトマトの酸味が程よく馴染み、菅野製麺所の細麺がとてもよく合います。
 その基本的なラーメンの完成度が高いからこそ、ちょっとお召し替えしただけでも、見違えるような麺相になります。
 大葉以外に茗荷もあしらってあって、アクセントになる手前のアクセントも楽しい。

クリックすると拡大します

 伺うたびに毎回限定メニューしか食べていないので、新しく追加されたレギュラーメニューをいつ食べるかという話になり。
 いつ食べるの?今でしょ!
 と言ったとか聞いたとか思い付いたとか。

クリックすると拡大します

 二杯目はつけ麺800円
 (写真では長方形に見えますが)正方形の麺皿に中太麺を設え、豚肉チャーシューを二枚、板海苔を一枚、白髪ねぎを立てかけ、白胡麻を振ってあります。
 豚肉チャーシューの脂身を刻んで浮かべた鶏ガラ出汁のつけ汁に、菅野製麺所の中太麺をくぐらせます。
 もてなすという気持ちを込めたつけ麺の美味しさ、つけ麺がもりそばと呼ばれていた頃の美味しさ。

クリックすると拡大します

 店長さんの出身店に伺ったことがありますが、つけ麺を提供する様な店舗には思えませんでした。
 「何か参考にした『つけ麺』がありますか」と訊くと、半分くらいは想像で作りましたと。
 石山商店オリジナルのつけ麺、店主さんの顔がよく見えるつけ麺、つけ麺と呼ばずに「麺とスープの別誂」でもいいんじゃ無いかな。

クリックすると拡大します

 食べ終わる頃にはノーゲス、雨音が止まないので、しばし雨宿り。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記