2020年07月21日

上大岡から弘明寺

/おにやんま五反田本店にて冷「並盛」とり天&ちくわ天おろし/川の先の上@上大岡にて冷やしえびワンタン載せ/ラーメン小村@弘明寺にてラーメン/

クリックすると拡大します

 恵比寿駅だと朝食に3日も持たないけど、五反田駅なら一生困らないほどお店が充実しています。
 朝は、おにやんま五反田本店へ。
 前回食べた時に自身の嗜好から大きく外れてしまって、 少し離れていましたが。

クリックすると拡大します

 券売機を見ると、大きく「シェアできません」って張り出してあって、、、それはつまりシェアする人がいるってことだ。
 世の中には100mを10秒以下で走る人もいるけど、立ち食いの狭い店内で複数人でうどんをシェアする人もいるんだ。
 ま、それはそれで驚いておいて、これまでずっとぶっかけだったのを、おろしにしてみました。
 なぜ変えたのかは特に理由はありません。
 ちなみに今月の月替わりメニューはコチジャン温玉キムチうどん。

クリックすると拡大します

 初めておろしにしたので勝手が分からなかったので、空いている店内で空いている場所に立つと、秒で出てきた冷「並盛」とり天&ちくわ天おろし530円
 店員さんは先に丼を渡し、おもむろに小皿へ揚げ物を乗せて、再び渡して下さいます。
 ぴかぴかと輝くうどん、瑞々しいねぎ、スダチは半切りされて入っています。
 食べ方が分からないけど、人真似せずに試行錯誤しながら覚えていけばいいかと、先ずうどんを軽くかき混ぜて食べてみます。

クリックすると拡大します

 おお、うどんがかつての輝きを取り戻していて、とても美味しくて嬉しい。
 これがおにやんまのうどんだよね、と一人合点しながら、するする手繰ります。
 種物はとり天が二つにちくわ天が一つ、何も付けずに天ぷらを食べるのは久し振りですが、油の香りを感じながらかじるのも美味しいことを知りました。
 つか、醤油を垂らしたおろしを付けて食べれば良かったのかも知れない。

クリックすると拡大します

 せっかくなので天かすを適量すくって、醤油を掛け、うどんと混ぜて頂きました。
 視界を狭めて同じモノを同じように食べているだけではダメだと自分で言っていたのに、自分がそうなっていました。
 美味しくいただきご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 横浜市営地下鉄の上大岡の駅を降りて、川を渡って、最初の交差点の左斜め前の花屋へ。
 花屋の左隣の階段の上部にネオンがあって、左から2番目がラーメンのマーク。
 このくらいで分かりにくい人もいるだろうし、ラーメンスープの香りを頼る人もいるだろうし。

クリックすると拡大します

 夜は、川の先の上@上大岡(横浜市港南区大久保)へ。
 G麺7、啜麿専科、ロ麺ズ、G麺7−01に続く5店舗目として、2019/6/20オープン。
 このグループならば慌てて訪問しなくても多くの人が発信してくれるし、味も間違い無いだろうからとのんびりしてたら。
 1周年過ぎてた。

クリックすると拡大します

 店内に入って左側、券売機で食券を買います。
 メニューはらーめん醤油850円、塩850円、味噌890円、つけ麺890円の4種類。
 ご飯もの、飲み物が程よく揃っているので、ラーメンなしの利用も想定されている様です。
 限定メニューやコラボラーメンを頻繁に販売されているので、G麺ラバーズは足繁く通われている事でしょう。

クリックすると拡大します

 入店時はちょうどカウンター席が一杯で、一人気まずいテーブル席。
 席配置は厨房に面したカウンター5席、テーブル席は2人掛けが2卓、4人掛けと6人掛けが1卓。
 卓上には一味唐からし、酢、ミックスペッパー。
 店内奥にはわたがし製作機がおかれていて、自由に作って良さそうです。

クリックすると拡大します

 お冷やも用意されていますが、整水器には黒烏龍茶とジャスミンティーが用意されています。
 お店側から「ブレンドが美味しいですよ」と勧められています。
 お茶のブレンドか、1対1でいいのかな、なるほど美味しい。

クリックすると拡大します

 程なくして冷やしえびワンタン載せ950円、テーブルに吸い付くほど冷やされた丼。
 スープは丁寧に煮出した魚介系の味わいで、何一つ間違いのない美味しさ。
 貝出汁を強めに感じ、ネギ油と玉ねぎ油と思われる油で香り付け。
 細かい食材は分からないけど、かなり冷たいのにかなり旨味がはっきりしていて、さすがはG麺7グループ。

クリックすると拡大します

 自家製の中細麺は強めに打たれていて、冷たいスープによく馴染みます。
 この辺りの調整も何一つ間違いのないわけで、「そりゃそうだよ、後藤さんの店だよ」的な安定感。
 酸味を利かせるためにローストトマト、食感のアクセントにとんぶり、彩りにおかひじきと紫キャベツ。

クリックすると拡大します

 トッピングのワンタンは2つ、両方とも餡は海老のすり身の様ですが、片方はカレー味と思うほどスパイシー。
 冷しのワンタンは殆ど経験がありませんが、しっかりした皮で冷たいスープに上手く絡み、何一つ間違いの無い美味しさ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 先の店から徒歩30分、1杯食べたんだからそのまま帰ればいいじゃんと言われたら、返す言葉がありません。
 夜は、ラーメン小村@弘明寺(横浜市南区通町)公式ツイッター)へ。
 とんこつラーメン とん桜(2012/3/3-2019/5)の跡地に2019/6/11オープン、立地は丿貫弘明寺店と田上家の間、なおきやの斜向かい。
 店主さんは2019/3/2に閉店された笑苑(しょうえん)@山手の出身で、いわゆる「(店名に)家が付かない家系ラーメン店」、

クリックすると拡大します

 店先に「E.YAZAWA」とあるように、店内にはそのポスター、コンサートなどで入手したと思われるタオルが沢山飾られ、店内奥のテレビでライブがずっと流れています。
 券売機を見るとラーメン700円、チャーシューメン900円、夏季限定でつけ麺700円。
 ご飯ものはチャーシュー丼700円、ライス200円、餃子400円。

クリックすると拡大します

 券売機横を見ると、ブラックボードに限定10食の軟骨チャーシュー、辛味ラーメン100円、生ビール500円。
 特に理由はありませんが、軟骨チャーシューを食べてみたくなり、食券を渡すときに現金を添えてお願いします。
 すると、軟骨チャーシューを漬け込んでいる容器を覗き込み、「1人分は無いですねー、サービスしますよ」と言われました。
 財布から出したお金を引っ込めることが出来ない昭和の男、「じゃあ、100円だけ」とお支払いしました。

クリックすると拡大します

 席配置は厨房を囲むL字カウンター5席と6席、壁側に3席ずつのテーブル席。
 卓上にはブラックペッパーグラウンド、白胡麻、一味唐辛子、辣油、酢、醤油、にんにく、豆板醤。
 調味料ではありませんが、手指消毒液も用意されています。

クリックすると拡大します

 カウンター席のコーナー、つまり店内に入って一番近い場所には、手指消毒液が用意されています。
 の隣にマスクケースも。
 マスクケースと言っても専用のケースでは無く、ジップロックですけど、こうしたマスクケースを用意されているお店は初めてです。
 ラーメンを食べるときにマスクをテーブルに置くのはどうなんだろうと思っていたけど、ちゃんと気にされている店もあるんですね。

クリックすると拡大します

 少し待ってラーメン700円、軟骨チャーシュー100円。家系お好みは麺柔らかめ。
 豚骨と豚ガラをきっちり炊き出し、鶏油をブレンドしたスープの美味しいこと、美味しいこと。
 こんなに美味しいスープなのに、横浜だとノーゲスの厳しさ。

クリックすると拡大します

 丸山製麺の短尺中太麺、柔らかめでお願いしたので、スープに溶けるように美味しい。
 トッピングは大ぶりの豚肩ロースチャーシュー、茹でほうれん草、板海苔三枚。
 薬味ネギは先入れなんですね。

クリックすると拡大します

 追加した軟骨チャーシュー、コリっとした食感と骨に近い肉の美味しさ。
 つまみにしてウィスキーに合わせたら、さぞかし美味しいだろうなぁ。

クリックすると拡大します

 麺を食べきる前に、お楽しみの味変タイム。
 今夜は豆板醤と生にんにく、どちらも辛味を増す方向ですが、これがまた良い感じ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記