2020年07月26日

東に虹

/虹/横浜家系らーめん 天王家 寒川総本店@高座郡寒川町にてラーメン/

クリックすると拡大します

 虹が出ていた。
 ボケッと眺めていて、撮影機会をうっかり逃すところだった。

クリックすると拡大します

 お昼は、横浜家系らーめん 天王家 寒川総本店@高座郡寒川町小谷1-1-43へ。
 らーめん 味咲亭(2019/6/22-2020/3)跡地に、2020/7/23にオープン。
 店主さんは、黄金町などのラーメン店で8年ほど修業されて独立されたそうです。
 店名の由来は、「近くの寒川神社にお世話になっていて、寒川神社は天皇陛下に関係があるとのことで『天王』家」とのこと。

クリックすると拡大します

 祝い花が飾られていたので上手く撮れていませんが、駐車場の場所です。
 右上に「当店」があり、斜向かいの西村歯科医院裏手に、5台分(31、32、33、39、40)用意されています。
 雨が降っていれば傘が要る距離ですが、このくらいは歩こうよ。

クリックすると拡大します

 オープン三日間は無料トッピングサービスを配布したこともあってバタバタだろうと、敢えて日をずらして訪問。
 席配置は前店踏襲、カウンター6席、テーブル席は2人掛けが1卓、4人掛けが2卓、計16席。
 卓上には豆板醤、行者にんにく、ブラックペッパーグラウンド、酢、白胡麻。
 ニラみそとおろし生姜は通常、冷蔵庫に保管されていますが、伺ったときは出されていました。

クリックすると拡大します

 店員さんは厨房に2人、ホールに1人、口頭注文後会計。
 メニューはらーめん700円、ねぎらーめん850円、ちゃーしゅーめん900円、ねぎちゃーしゅーめん1,050円。
 あまり見かけないトッピングは生ニラ、スモークロースチャーシュー、煮込みバラ肉チャーシューなど。
 サイドメニューに納豆丼250円など、チャーハンや自家製餃子もあります。

クリックすると拡大します

 家系ラーメンですのでお好み表があります。
 麺の硬さ、味の濃さ、油の量が選べますが、「普通で」お願いすると、麺かためで出すと書かれています。

クリックすると拡大します

 オープン初日から限定メニューが紹介されていて。
 高座麺850円、小は800円のラーメン二郎インスパイア。
 家系ラーメン店であってもラーメン二郎系を提供する時代になりました、はい。

クリックすると拡大します

 少し待ってラーメン700円、お好みは柔らかめ。
 深い山吹色のスープはきっちり豚骨出汁、鶏油が香しく、醤油たれで食わせる正統派家系ラーメン。
 一口目は重く感じますが、二口、三口と食べ進めればすっかり美味しさに包まれてしまい、さらに蓮華が出る味わい。

クリックすると拡大します

 そのスープに合わせる麺は大橋製麺多摩の短尺平打中太麺、スープによく合っていてとても美味しい。
 チャーシューを食べてみると、驚きの燻製仕上げ、直系店で修業されたのでしょうか(していません)。
 茹でほうれん草、板海苔三枚、薬味ネギは先入れ。

クリックすると拡大します

 スープがあまりにも美味しかったのと、板海苔がスープに溶けないタイプでしたので、口頭で半ライス50円
 量的にはハーフじゃなくてフルを所望ですが、フルをお願いしてダブルフルと言うこともあるので、ハーフにしましたが。
 ハーフで良かったよ。

クリックすると拡大します

 ライスに豆板醤とおろしニンニクをほんの少し乗せ、スープを吸わせた海苔で巻いて、家系海苔巻き。
 まあ、美味しいですわ。
 二枚、三枚と三回楽しみました。

クリックすると拡大します

 麺を殆ど食べたところで、お楽しみの味変タイム。
 まま、こんなに食べてしまったら味変ではなく、味見ですが、ニラみそと餃子ニンニク、おろし生姜を。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 飲みが続いたので、今日は飲まずに就寝。
 明日は月一の通院、何も変わっていないことを確認してきますか。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記