2020年07月27日

上町と経堂と

/タナカ ロボ@上町にて焼豚麺(醤油)/ウチデノコヅチ@経堂にてラーメン/

クリックすると拡大します

 月に一度の通院。
 毎月言っているので聞き飽きたかも知れないが、診察と言うより薬をもらうだけ。
 逆に考えれば、何も変化が無いことは、当たり前のことでは無くて、喜ぶべきことなのだろう。

クリックすると拡大します

 少し早めのお昼は、タナカ ロボ@上町(世田谷区桜)公式ツイッター)へ。
 いくいく詐欺になりかけていたところで、やっとのことで再訪。
 近場の人は歩いて伺うんだろうけど、私は成城学園前からバスで伺います。

クリックすると拡大します

 公式ツイッターで告知された限定メニュー、、と言ってもチャーシューメンですが。
 一般的なラーメン店だと、チャーシューメンはレギュラーメニューのチャーシュー増しを指します。
 こちらのチャーシューメンは、チャーシューからして違いそうです。

クリックすると拡大します

 程なくして、焼豚麺(醤油)1,000円
 11:30から数量限定で販売される焼豚麺、素人目には喜多方ラーメンのチャーシュー多めにしか見えないのですが。
 レギュラーメニューのチャーシューは、焼豚では無くソーキ(豚の骨付きあばら肉、スペアリブ)です。
 焼豚麺のチャーシューは丁寧に下処理した豚バラ肉、花びらのように綺麗に並べてあり、どこから手を付けようか箸が迷うほど美しい麺相。

クリックすると拡大します

 スープは豚骨清湯スープ、色づけ程度にあしらった醤油を身に纏い、ああ美味しいと声が出てしまうほどの味わい。
 ほら、田村製麺の細麺がこんなにも喜んでスープに泳いでいます。
 トッピングとしてメンマや板海苔は合わせず、おろしとネギだけで彩り。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 お客さんが少なければ、飲みながら九州出張の土産話でもしようかと思いましたが。
 店内待ちがあるほど繁盛していて、ワンオペでもありましたので、ラーメン食べてすごすごと退散することにしました。

クリックすると拡大します

 歩いて経堂駅まで戻り、そう言えばと未食店を思い出しまして。
 伺ってみると、コロナ禍を引きずったまま再開未定。

クリックすると拡大します

 少し遅めのお昼は、ウチデノコヅチ@経堂(世田谷区経堂)公式ツイッター)へ。
 古くはアイバンラーメンPlus、最後のラーメン店は一幸舎だったかな、な横長(縦長)の立地に2020/6/11オープン。
 らーめん陸という店主さんの修業店から、ソレ系との先入観があり、さらにソレっぽい(実際は全然違う)ラーメンとなれば、どうしてもソレと比べてしまい。
 入口には「満席なら外で待ってね」と貼られていますが、満席かどうかは入ってみないと分からないし、入ってみても真ん中でくびれているカウンター席の奥まで見渡すのは厳しそうです。

クリックすると拡大します

 と言うことで入ってみると、2人の男性店員さんは奥の厨房で調理に掛かりっきりで、特に挨拶無し。
 先ずは食券を買おうと券売機に向かうと、ラーメン850円、味噌ラーメン900円、つけ麺950円。
 開店当初から味噌とライスはカミングスーンのまま、飲み物が思いの外、揃っていますね。
 チャーシューはトッピングでは「豚乗せ」、別皿では「おつまみチャーシュー」と表記されているので、別の肉(部位、調理法)なのだろう。

クリックすると拡大します

 食券を買いましたが特に案内は無く、空いている席に座ります。
 今の時期、席間が広くても、先客の隣に座るには神経を使いますね。
 席配置は最初の頃から変わっていないL字カウンター、左端に2席、5席と4席の間に柱があって狭い。
 卓上にはニンニク、辣油、酢、醤油、白胡椒、七味唐辛子が用意されていません。

クリックすると拡大します

 食券をカウンター台に置いて待っていると、隣のお客さんに配膳されたときに来店に気付いて頂きました。
 「お好みは?」と訊かれたので「全て普通で」と答えると、店員さんが赤ペンで食券に○印を付けていました。
 お冷やを飲みながらカウンター台に貼られた説明書きを読むと、、、自分で○印を付けて待つんだ。
 知らなかったと言え、スミマセン。

クリックすると拡大します

 開店した6月は日曜定休だったようですが、今月から水曜日に変わったそうです。
 本日のビール紹介されていて、左から小瓶、中瓶、大瓶と書かれていますが、券売機では中瓶、大瓶、小瓶の順番。
 そんな細かいこと、気にすんなってことだよね。

クリックすると拡大します

 10分ほどでラーメン850円、お好みは全て普通。
 いわゆるラーメン二郎系と思われますが、自身初めての平皿に盛り付けられています。
 ヤサイとスープが冷めやすく、猫舌の私にとって食べやすい盛り付けです。
 ラーメン二郎系にしては珍しくスープから味わってみると、とろりとした純豚骨スープに醤油だれ、ちょっと好みと合いません。

クリックすると拡大します

 平打極太麺は(麺箱によると)三河屋製麺、スープとの絡みはイマイチに感じました。
 豚(?)は全くシットリしていなくて、スープに浸けてもシットリしないので、ちょっと食べにくい。
 ヤサイは茹でもやしと茹でキャベツ、刻んだ生玉ねぎが乗っています。

 紅つくねと呼ばれるつくね、このラーメンでの立ち位置がよく分かりません。
 これまでのと異なるラーメンを作りたかった気持ちは良く伝わってきますが、どんなラーメンを作りたかったのかが伝わってきません。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 早めに帰宅して、早めに就寝。
 毎日飲んでばかりもいられない。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記