2020年08月31日

久し振りにそうめん

/ゆで太郎高輪店にて得セット、焼きのり、生たまご/阿波そうめん 阿波や壱兆にて阿波三昧/

クリックすると拡大します

 少し遅めのお昼は、ゆで太郎高輪店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げたチェーン展開する路麺店、途中からゆで太郎システムと共同ブランドとしてどちらも大繁盛。
 コロナ禍の中、都心の飲食店はかなり大変なことになっていて、食べて応援ゆで太郎。

クリックすると拡大します

 日替わり得セット、月曜日はミニ唐揚カレーセット。
 セットというのはお蕎麦が付くと言うことで、お蕎麦は温かいお蕎麦と冷たいお蕎麦が選べます。
 店内は前回同様、やや空いていて、好きな場所で食べられる感じです。

クリックすると拡大します

 程なくして、得セット(ミニ唐揚カレーセット)600円、焼きのり100円、クーポン生たまご
 そば皿の高台には切れ目が入っていて、お盆の縁にピタッと嵌まります。
 カレーには揚げたての鳥の唐揚げが三つ、ちょこっと福神漬け、ポトリと生卵。
 ゆで太郎のカレーはホント美味しい、唐辛子を振って辛くしても美味しいし、生卵を合わせて甘めにしても美味しい。

クリックすると拡大します

 お蕎麦はいつも通り美味しいので、説明は割愛。
 残ったもり汁はそのまま飲んでしまうことが多いけど、たまにはそば湯で割るかとポットを探すも遠い。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 仕事を終わって、新宿駅に向かう電車の中、そうだ久し振りにそうめんを食べに行こうと、東中野へ。
 阿波そうめん 阿波や壱兆公式ブログ)、不義理に不義理を重ねて2年ぶりの訪問です。
 昨日、そうめんのイベントがあったんだけど、参加が叶わず。

クリックすると拡大します

 店内のカウンター席は、1席ずつ仕切られています。
 メニューが一新されていたので、ご紹介しておきます。
 とは言え、このメニューがいつまで有効なのかは、神のみぞ知る。

クリックすると拡大します

 そうめんだけ食べるつもりで伺いましたが、ノーゲスならばタイミングさえ合えば話が出来るかなと、飲むことにしました。
 すだちスライスサワー650円。
 サワーはレモンサワーしか飲まない私でも、この店ではすだちサワーを飲みます。
 だって、美味しいから。

クリックすると拡大します

 すだちサワーを飲んだところで店主さんに気付いてもらえて、しばし出会いの頃の話。
 一度でも実際に会っていると、それ以降はフェイスブックで近況をやりとりするだけで、その後も会っているように錯覚します。
 「こちら、よろしかったらどうぞ」とご厚意、ありがとうございます。

クリックすると拡大します

 飲むならつまむでしょ、と頼んでおいたフィッシュカツ550円。
 フィッシュカツは徳島のローカルフードで、分かる人には分かるし、分からない人はググって下さい。
 さっとすだちを搾り、ほんのりと魚の味にマヨネーズを乗せて食べると、サクッとした歯応えがサワーにベタピン。
 美味しいですよねぇ、次回、徳島に行く機会があったら必ず食べたい。

クリックすると拡大します

 お店が混み合ってきたので、そうめんを食べて帰ろうと、「今日の日替わりはなんですか?」と店員さんに訊きます。
 レギュラー5種類はメニューに書かれていますが、日替わりは書かれていません。
 と言うことで、今日の日替わりである阿波三昧850円
 半田そうめんに和田島のちりめんじゃこ、鳴門わかめ、徳島のスダチを乗せて、徳島の美味しさを丸ごと味わえる、さっぱりしたそうめん。

クリックすると拡大します

 中細に当たるそうめんがこんなにも美味しいなんて、素朴なお汁にもよく合います。
 スルッと食べてご馳走様でした。
 食べ終わって店主さんにご挨拶させて頂き、お店を後にしました。
posted by ふらわ at 23:45| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

2020年08月30日

東の空に月

/そうめん/ラーメンUMAMI@小田原市小八幡にて味噌冷麺(小)/開店準備中/

クリックすると拡大します

 朝は自治会のお仕事、、って報酬はないので仕事ではないか。
 9/1に向けて大々的に実施されるのが通例ですが、今年は組長がとりまとめて報告するだけ。
 何のことを言っているのか分からないかも知れないけど、自身のメモなので、気にされないで下さい。

クリックすると拡大します

 朝食兼昼食はそうめん
 買ってきたお出汁を薄めて、万ネギとチュープ生姜で頂く一杯、美味しい。
 自宅で食べると「キリが悪い」と多めに食べてしまうのが困りもの。

クリックすると拡大します

 昼間は日差しが強いので自宅で涼んでいて、日が傾いてから出掛けます。
 用事を済ませて時計を見ると、夜営業まで30分ほどあります。
 神社のそばの日陰で待機して、と。

クリックすると拡大します

 夜は、ラーメンUMAMI@小田原市小八幡へ。
 2017/9/1オープンですので、明後日で開店三周年です。
 開店直後に伺ったときは訊きたいことの一つも訊けませんでしたが、今日も訊けず。
 ラーメンなんて黙って食べて、美味しい美味しいって言っていればいいんですよ。←ここ、ツッコむところですから〜

クリックすると拡大します

 店内に入り、右隅に設置されている券売機で食券を買います。
 メニューは味噌ラーメン(並)750円、味噌ミルクバター(並)850円、しょうゆラーメン(並)700円、味噌冷麺(並)850円。
 サイドメニューは餃子、ごはん。
 未食の味噌冷麺にしようと財布を開けると万札しかない、、小銭をかき集めると800円、、やむを得ません。

クリックすると拡大します

 ネット情報だと、お店のオシはしょうゆラーメンとのこと。
 それならば、しょうゆラーメンから並べてもらわないと(券売機も)、私には分かりません。

クリックすると拡大します

 席配置は厨房に面したカウンター6席、4人掛けテーブルが2卓。
 奥に壁向きカウンターが2席ありましたが、そのスペースに製麺機が置かれています。
 店員さんに「自家製麺にされたんですか」と訊くと「ええ、まあ」と、、、言い方が悪かったのか、反省。

クリックすると拡大します

 程なくして味噌冷麺(小)800円
 豆乳ベースの冷たいスープに麺を横たわらせ、挽肉餡、細切りキュウリ、トマト、半身の味玉、薬味ネギ。
 奥にはマヨネーズが添えられています。

クリックすると拡大します

 麺をサッとスープに絡めてから食べてみると、冷水できゅっと締められた中細麺がとても美味しい。
 スープは冷しすぎておらず、麺だけでなく他の具材とも良い感じで合います。
 マヨネーズはトマトに乗せて頂き、味玉はそのまま頂きます。

クリックすると拡大します

 そこはかとなく辛味が欲しくなり、キュウリに自家製辣油を掛けてみました。
 あんまり辛くならないなぁ、量が足りなかったのかも知れません。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 帰り道、国道255号線沿いに、開店準備中のラーメン店がありました。
 つけ麺つるべぇ、住所は小田原市下大井445-4、開店日は未定です。
 店舗の遷移は、とんかつ中華料理の店丸十、横浜家系六角ラーメン源壱家 下大井店(2012/12/3-)、麺屋ゑびす IEK 下大井店(2015/4/10-2016/11/30)、麺処誠(2017/4/11-2018/1/31)。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 21:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2020年08月29日

平塚で城門ラーメン

/おにぎり/キッチンみどり蒸し@平塚市紅谷町にて城門ラーメン/夕陽/晩酌/

クリックすると拡大します

 ゆっくり起きた土曜日は、朝食兼昼食に、市内に新しくオープンしたスーパーで女房が買ってきたおにぎり
 個数限定とのことで、早く行かないと売り切れてしまうとのこと。
 一個250円もするだけあって、その大きさ、その美味しさ、いずれも大満足。

 ちなみに、こうしてパソコンが置かれているテーブルで写真を撮るだけで、「家族とは別に食べているんですか」とコメントをいただくことがある。
 ブログ用の撮影はテーブルだけど、食べるのは家族と一緒の食卓だろう、が想像できない人(想像できたとしても確認したい人)がいるということが、とても興味深い。

クリックすると拡大します

 夕方になって出掛けることにしました。
 バイク(原チャリ)で走っていたら、月が雲に隠れたので、オッとバイクを停めてカメラを構えたら、もう月から離れていた。
 思っていた以上に、風が吹いている。

クリックすると拡大します

 早めの夕飯は、キッチンみどり蒸し@平塚市紅谷町4-5へ。
 閉店されたグリーンサウナ(未訪問)内の飲食店が、路面店として2020/8/7オープン。
 立地は平塚駅至近の紅谷パールロード沿い、やきとり本舗ハマケイの二階です。
 老婆心ながら「みどり蒸し」は「ミドリムシ」ではなく、グリーン⇒みどり、サウナ⇒蒸し、ですね。

クリックすると拡大します

 二階に上る階段の壁に、メニューが張り出されています。
 店内にも同じメニューが用意されているので、この時点で何を食べるか決めなくても良いのですが。
 料理の方向性とか値頃感が分かって安心ですね。
 この店の開店情報を知ったときに、食べるメニューも決めましたが、、冷やし中華もあるのか、、、

クリックすると拡大します

 メニューは城門ラーメン、ラーメン各種、チャーハンやカレーなどのご飯物、ピザやナポリタン。
 お店が生活圏ならば、おつまみや一品料理で呑むのも十分ありですが。
 この店で呑んだら、バスかタクシーで帰らないとならないのは、自分的には辛い。

クリックすると拡大します

 階段を上ると、右手にロウリュサウナと書かれたドアがあります。
 グリーンサウナを利用されたことがある方なら、このドアに懐かしさを感じることでしょう。

クリックすると拡大します

 店内は奥に長く(入口から見ると横に長く)、席配置は厨房に面したカウンター7席、4人掛けテーブルが2卓、3人掛けの円テーブル、壁向きカウンター2席。
 席に着こうと鞄を置くと、直ぐに店員さんがお冷やと濡れ紙ナプキンをおいて下さいます。
 口頭注文後会計、のんびりと呑まれている方もいて、何とも羨ましい。

クリックすると拡大します

 店内には至る所にグリーンサウナの調度品(?)が飾られています。
 グリーンサウナを利用されたことがある方なら、この調度品に「そうそう、そうだったよ」と懐かしさを感じることでしょう。

クリックすると拡大します

 卓上には、辣油、酢、醤油、白胡椒、黒胡椒、練り辛子。
 テーブルはアクリル板のパーティションで仕切られています。

クリックすると拡大します

 少し待って、城門ラーメン880円
 城門ラーメンは平塚、茅ヶ崎から横須賀、三浦の一帯に、かつて流行ったらラーメンとしか私は分かっていません。
 ですので、個人的に城門ラーメンって酸辣湯麺のアレンジ版だと考えています。
 程よくとろみを付けた鶏ガラスープに酢を利かせ、溶き卵、辣油、焦がしネギ、さっと黒胡椒が振られています。

クリックすると拡大します

 細麺を持ち上げると湯気がかなり立ちますが、それほど熱くなく、複雑な味が絡み合ったスープと麺はとても美味しい。
 辛味はピリ辛程度、酸味は軽めですので、もっと辛味(酸味)が欲しければ卓上の辣油(酢)で調整すればいいのですが。
 あんまり辛すぎるのもなぁと、最後までそのままで食べ切りました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 帰り道は富士山と夕陽。
 目で見ている分には気にならないけど、写真を撮るとなると建物とか鉄塔、電線が非常に気になる。

クリックすると拡大します

 晩酌
 兵庫の蔵元である剣菱酒造が醸す「瑞穂黒松剣菱(みずほくろまつけんびし)」純米酒
 山田錦を使用し、2年以上熟成させた酒のみをブレンド。

 日本酒を利くとき、その蔵のホームページがあれば出来る限り読むようにしています。
 こちら剣菱酒造のホームページを読むと、企業理念に「止まった時計でいる覚悟と信念」とあります。
 その意味と理由に興味がある方は、ぜひホームページを読まれて下さい。
posted by ふらわ at 23:02| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記