2020年08月09日

相模原あたり

/名代 箱根そば 古淵店にて箱1GP/哲麺 縁 相模原店@相模原市中央区緑が丘にて冷やし中華(醤油)/

クリックすると拡大します

 急に気温が上がって、それでも昨日出掛けたので今日は疲れ気味。
 昨日は海沿いのお店に伺ったので、今日は山沿い、、とは言わないか、相模原方面のお店へ。
 朝の涼しい時間に出掛けられたので、先ず、朝食から。

クリックすると拡大します

 遅めの朝食は、名代 箱根そば 古淵店ホームページ)へ。
 箱根そばは駅構内の立ち食いイメージが強いですが、実際には改札外の立地が多いし、着席スタイルが多いです。
 とは言え、箱根そばの殆どお客さんは特定の店舗しか伺わないだろうから(個人的見解です)、全体がどうだなんて話はどうでもいい話ですけどね。

クリックすると拡大します

 店先の立て看板に箱1GPが告知されています。
 箱根そばの限定メニューは販売期間を明示しないことが多い(食材が終了したら販売終了だと推測)。
 このメニューは専用の食材を使っていないので、販売期間が8/5〜8/16と明示されています。

クリックすると拡大します

 じゃ、販売終了する前に食べてみるかと、券売機に向かいます。
 細かい話ですが、券売機自体は全店で共通ですから、ボタンの大きさや並びは同じ、なのに配置が違うメニューもある。
 とは言え、目的のメニューのボタンを探して押すので、「他の店舗ではここだった」のボタンは押しません。

クリックすると拡大します

 食券を渡して空いている席に座ります。
 店内に柱が出っ張っているので1人席があって、そこに座ります。
 テーブル席は他に2人掛けが2卓、4人掛けが1卓、立ち食いスペースは3人分が4テーブル、合計21席。

クリックすると拡大します

 程なくして箱1GP550円、冷やしのみの提供ですが、そばとうどんが選べるので、そばで。
 種物としてかき揚げ(フルサイズ)、カレーコロッケ、温玉、大根おろし、薬味ねぎ。
 単品で揃えると冷しかき揚げ450円、温泉たまご80円、コロッケ(カレー味)120円ですので650円、100円お得。

クリックすると拡大します

 冷たい陣はお蕎麦にお汁、おろし、温かい陣はかき揚げ、カレーコロッケ。
 暑い日には冷たいお汁に冷たいお蕎麦がとても美味しく、時々合わせる山葵が良い感じ。
 かき揚げとコロッケは半分に割り、お汁に少し浸けながら食べます。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、哲麺 縁 相模原店@相模原市中央区緑が丘公式ホームページ)へ。
 2019/4/15オープン、全国チェーン店ですので、訪問を後回しにしていたらオープン後1年過ぎていたいという。
 改めて公式ホームページを見てみると、哲麺としての直営店は「哲麺○代目」であり、FC店が「哲麺縁○○店」の様です。

クリックすると拡大します

 店内に入ると二組のお客さんがいらっしゃって、カウンター席に案内されます。
 席配置の公式情報では28席ですが、世情の影響を受け、現在はカウンター7席、4人掛けテーブルが6卓に絞り込まれています。

クリックすると拡大します

 卓上にはあらびきコショー、辣油、しょうゆ、酢。
 どうでもいい細かいことですが、せっかく写真を撮るなら、たとえ調味料であっても綺麗に並べて撮りたい。
 お冷やが水か麦茶かも個人的には気になるし、コップがガラスかプラスチックかも気になる。

クリックすると拡大します

 口頭注文後会計、メニューは二つ折りですので、広げて撮ると左が裏表紙、右が表表紙になります。
 んで、表表紙はラーメンではなく飲み物とつまみを紹介していて、ビール中ジョッキはお代わりが100円安いとか、レモンサワーは濃いめ100円増しなんてのもある。
 裏表紙はチャーハンと炒め物、おこさまメニュー。

クリックすると拡大します

 メニューを開くと左側がラーメン、右側はサイドメニューとセットメニュー。
 ラーメンは哲麺ラーメン600円と安めの値段設定、下の方には徳島ラーメン750円、八王子ラーメン600円、中華そば500円。
 サイドメニューは焼き餃子、揚げ餃子、唐揚げ、ライスなど。

クリックすると拡大します

 現在の限定メニューは四種類。
 夏まつりと称して、哲二郎ラーメン800円、トムヤムクンラーメン800円。
 涼と称して、冷やしゴマ担々麺750円、冷やし中華(醤油・ごま)650円。
 この中から一杯だけ選んで哲麺縁を紹介するのは難しそうですね。

クリックすると拡大します

 いつから始まったのか分かりませんが、平日15:00-18:00はキリン淡麗生(メニューでは中ジョッキと表記)が半額の150円。
 毎週月曜日は替玉が1玉12円。
 学割として平日14:00-18:00は替玉食べ放題が100円。

クリックすると拡大します

 色々な割引サービスに驚いていると、冷やし中華(醤油)650円(税込715円)が運ばれてきました。
 丼に書かれた店名と配膳された向きが合っていないことも多いのですが、盛り付け含めて合っていて、さすが哲麺といったところ。
 冷やし中華はトッピングが多いメニューですけど、味玉、チャーシュー、高菜、メンマ、ネギ、キクラゲ、紅生姜が麺が見えないほど盛り付けてあります。

クリックすると拡大します

 箸を差し入れて麺を手繰ると、とんこつラーメン用の細麺ではなく専用の平打中太麺、醤油スープに合っていて、とても美味しい。
 それぞれのトッピングは冷やされてはいませんが、麺とスープもそんなに冷たいわけじゃ無いので、ちょうど良い感じです。
 全体にゴマが振られていて、するすると食べ進められます。

クリックすると拡大します

 スルッとご馳走様でした。
 伝票を持ってレジでお会計、電子マネーの類いは一切使えず、現金で。

 お店を出て次のラーメン店に向かっている途中、どうも熱さにやられたようで、全身がだるい。
 この時期に倦怠感があると、色々と都面倒なことになるので、そのままどこにも寄らずに、まっすぐに帰宅。
 何も無ければいいのですが。
posted by ふらわ at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記