2020年09月09日

荒木屋の夜

/お弁当/元祖旨辛系タンメン荒木屋@蒲田にて台湾ラーメン、チャーシュー/

クリックすると拡大します

 昨日は寝たのが遅かったし、今日は仕事がびっちりだったので、美味しいラーメン食べて早く帰ろっと。
 夜は、元祖旨辛系タンメン荒木屋@蒲田(大田区西蒲田)(ホームページ)(公式ツイッター)へ。
 水曜日の夜に営業するのは、何年ぶりか分からないけど、今日は仕事が早く終わったので、シャッターしてみた。
 開店待ちしている時にスマホを弄くっているのは嫌いなので、ボケッと空を見上げていたら、「ふらわさん、どうぞ」と定刻より早めに店内に入れて下さいました。

クリックすると拡大します

 世情の影響から給茶機である「自動お茶いれ機 銘茶工房 イーセレクト」を設置し、カウンターテーブルにお冷やのポットなどを置かないようにしています。
 給茶機は冷水だけじゃ無くて煎茶も提供できるので、試しに飲んでみることにします。
 テプラが貼ってあるけど、お冷やはボタンを押している間は水が出て、煎茶はワンプッシュでコップ一杯分の煎茶が出ます。
 一番客なので店主さん立ち位置に一番近い席に案内されます。

クリックすると拡大します

 仕事終わりにビール500円、今夜は蒲田でひとりお疲れ様会。
 キュウリと水菜とワカメに特製スープが掛けられ、ご飯茶碗によそられています。
 ビール一本には似つかわしいほどのお通し、お通しなのか、
 以前はここで日本酒でしたが、今は昔、これまで出来たことはこれからも出来るとは限らないのだよ。

クリックすると拡大します

 ここでメニューの紹介。
 個人的には、このメニューを見ながらオーダーすることは無いのですが、まま、今はこんな感じですよと。
 サイドメニュー、トッピングを読み込んでいると、おおっと唸るメニューもありますね。
 さてさて、ラーメンが出来上がってきました。

クリックすると拡大します

 台湾ラーメン950円、チャーシュー100円
 限定メニューは公式ツイッターで当日に告知されますが、どんな限定メニューでも旨いので、楽しみでしかない。
 自家製辣油をたっぷり使って挽肉とニラ、玉ねぎと共にスープを仕上げ、茹でもやし、ネギをあしらってあります。
 辛味が中心だけれども肉の旨味、野菜の甘味も複雑に絡み合って、これ以上旨いスープは味わえないんじゃ無いかと思うほど旨い。

クリックすると拡大します

 もちろん、椅子から転げ落ちてよ。
 合わせる麺はどんなメニューでもサッポロ製麺の特注中太麺、どんなスープでもどんな具材でも受け止める懐の深さ。
 なんだけど、意地も気合いも歳には勝てず、麺は半分にしてもらっています。
 柔らかめでお願いしたことは無いけど、柔らかめに茹で上げてもらえていることの幸せ。

クリックすると拡大します

 チャーシューを撮ったんだけど、あんまり綺麗じゃ無いのでグレースケールにしてあります。
 どうしてもカラーで見たい人もいるかと思って、クリックした先の画像はカラーです。
 ※つまりブログで表示させる画像と、クリックした先の画像は別の画像を用意することもできます。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 22:43| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記