2020年10月02日

燗酒を教える

/九州 熱中屋 品川 LIVEにて唐揚げ定食/モダン割烹銀平にて燗酒と出汁巻き玉子の唐揚げ/

クリックすると拡大します

 10月に入ってすっかり涼しくなり、上着を着ないと風邪を引きそうです。
 さすれば、朝食を家で食べる機会も増えそうです。

クリックすると拡大します

 お昼は、九州 熱中屋 品川 LIVEホームページ)へ。
 店舗は三階にあって、店に向かう階段の前の通路に、大きな立て看板が置かれています。
 そのポップのトップに「高菜明太子食べ放題付!」とあって、その1行に釣られて階段を上ります。

クリックすると拡大します

 前回同様、店内はガランとしていますが、先客が数名いらっしゃいます。
 直ぐに店員さんが注文を取りに来たので、直ぐに答え、料理の出来上がりを待ちます。
 卓上には醤油と七味唐辛子が用意されています。

クリックすると拡大します

 程なくして、唐揚げ定食900円(税込)
 ご飯、味噌汁、鶏の唐揚げ4個、マヨネーズ、そして食べ放題の高菜明太子が付いての値段。
 下味がしっかりと付けられが鶏肉を高温で揚げての唐揚げ、そのままでも美味しいく、マヨネーズを付けても美味しい。
 ご飯は僅かに固めに炊かれて、濃いめの味付けの鶏の唐揚げとよく合います。
 味噌汁はワカメと油揚げが沈められていて、ご飯の味も、鶏の唐揚げの味も邪魔しません。

クリックすると拡大します

 高菜明太子はどちらも辛い料理ですので、合わせると辛い印象ですが、どちらも辛さ抑えめの味付けで、とても美味しい。
 せっかくなので高菜明太子をお代わりしつつ、ご飯と味噌汁もお代わりしました。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 今夜はモダン割烹銀平にて旧交を温める。
 大好きな平山さんが藤沢に戻ってきて開いたお店、開店直後に2回ほど行きましたが、その後、とんとご無沙汰。
 世情の影響もあって思いきった手が打てずなのか、それでも実直に営業されています。

クリックすると拡大します

 友達がいない私は、以前の飲み友達をなんとか拝み倒して、の訪問。
 メニューは仕入れによって、つまりほぼ毎日変わるそうです。
 先ずは生ビールを頼んだら、「おばんざいを二品で1,000円ですよ」と水を向けられ。

クリックすると拡大します

 何は無くてもビールで乾杯、今夜は藤沢で2人お疲れ様会。
 旧友だけれども、SNSで繋がっているので近況はお互い知り合っているけど。
 実際に会って話をすると、またこれ格別です。

クリックすると拡大します

 ポテサラ。
 冷え切っておらずの人肌の柔らかさ、季節の野菜をふんだんに練り込んだポテサラ。
 僅かな塩加減が箸を止めさせません。

クリックすると拡大します

 レンコンキンピラ。
 キンピラってゴボウとニンジンのしか知らないけど、レンコンでも出来るんですね。
 飲みながらの奥皿にしようと思いましたが、なんのなんの、箸が進みます。

クリックすると拡大します

 鶏から。
 自分史上最高に美味しい鶏の唐揚げ、その美味しさに星付き和食職人の料理だと知れる。
 熱いんだけど火傷はしないし、搾るレモンの爽快さが美味しい。

クリックすると拡大します

 エビしんじょ。
 ふんわりとした食感にスッと抜けていく海老の美味しさ、あくまでも前菜。
 それなりの器に盛り付けたら1,000円でもおかしくありません。

クリックすると拡大します

 さて、飲みますかと。
 壱杯目は、高知の蔵元である酔鯨酒造が醸す「酔鯨(すいげい)」純米吟醸酒 吟麗秋あがり 白露(はくろ) R2BY。
 香り立つように僅かに泡立てて注がれた秋あがり、一杯目、いや、二杯目までは香りも楽しもう。

クリックすると拡大します

 盛り合せ1,680円。
 話に夢中になってしまって斜めの写真でスミマセン。
 2人で伺っているので、1人前でも2人で分けられるように配慮されているようです。
 山葵も生姜も茗荷もいちいち美味しい。

クリックすると拡大します

 弐杯目は、大阪の蔵元である秋鹿酒造が醸す「秋鹿(あきしか)」純米吟醸酒 ひやおろし 山田錦 R2BY。
 熟成酒の印象がある秋鹿にひやおろしがあるとは思っていませんでした。
 もちろん秋鹿らしいフルボディの味わい、ひやおろしでもうっすらと山吹色。

クリックすると拡大します

 イクラ醤油漬け850円(写真は半分)。
 ついこの前、今の時期のイクラは皮が柔らかいことを知ったばかりですが、こちらも柔らかい。
 イクラの味を下支えする調味料、同じイクラを使っても同じ味にはならないんだろうな。

クリックすると拡大します

 参杯目は、宮城の蔵元である千田酒造が醸す「栗駒山(くりこまやま)」特別純米酒 無加圧中取り ひやおろし ササニシキ R2BY。
 このお酒は初めて飲みました、、まず銘柄が読めない(笑
 飯米で仕込んでいるんだ、飲んだいるときは分からなかったな。

クリックすると拡大します

 地魚天ぷら850円。
 魚は太刀魚、あじ、たこ、しらすの4種類で、しらすの天ぷらが絶品。
 塩でも頂けますが、天つゆも用意して下さいました。

クリックすると拡大します

 四杯目は、鳥取の蔵元である山根酒造場が醸す「日置桜(ひおきざくら)」純米吟醸 伝承強力 R2BY。
 何かのイベントで使おうと用意したGINPEIと書かれた徳利と平杯、、こんな世の中にならなければと。
 「熱燗は苦手なんだよね」と言っていた友達に「試しに飲んでみて」と勧めたら、「美味しい」って言ってくれた。
 嬉しい。

クリックすると拡大します

 今日から始まったおでん。
 大根、こんにゃく、はも天、アジ天、いずれも130円。
 おでんと言ってもうっすらと色が付く程度の煮込み具合、酔いが覚めるほどの辛子も大切。

クリックすると拡大します

 「こちらどうぞ」と出して下さった、一品。
 食べてもよく分からず、訊けば出汁巻き玉子の唐揚げとのこと。
 そう言われれば中は玉子だな、それはそれとして、こんなに美味しい出汁巻き玉子は初めて頂きました。

クリックすると拡大します

 五杯目は、鳥取の蔵元である板倉酒造が醸す「天穏(てんおん)」純米酒 生詰原酒 秋ひやおろし 五百万石 R2BY。
 一から十まで美味しくいただき、ご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(22) | TrackBack(0) | 日記