2020年10月04日

三度目の和歌山

/太陽の塔/ラーメン丸花@和歌山県和歌山市にて塩豚骨ラーメン/麺屋 丈六 キーノ和歌山@和歌山県和歌山市にて早寿司、中華そば(並)/

クリックすると拡大します

 楽しみにしていたバイキング形式のモーニングが無くなっていることは、既に知ってはいましたが。
 ネットや情報誌をもっと探して、1円でも安いホテルに泊まるべきなのだろうけど。
 それでも東横インに泊まり続けてしまう、しがないサラリーマン。

クリックすると拡大します

 午前中は仕事、まあ、仕事が無ければ大阪には来ないわけで。
 とはいえ、私が仕事をしようが、仕事をせずにフリだろうが、多くの人にとってはどうでもいいとは思います。
 そこはかとなく太陽の塔、随分と久し振り。

クリックすると拡大します

 無事に仕事が終わったので、余裕で帰宅できますが、万一のために大阪で待機。
 新大阪駅まで戻ってきて、くろしおに乗り換えます。
 くろしおで駆けつけても、ラーメン店は駅から徒歩20分以上掛かるので、さらにワープを重ねて、と。

クリックすると拡大します

 遅いお昼は、ラーメン丸花@和歌山県和歌山市出島公式ツイッター)へ。
 2009/11オープン、世情の影響を受けて11:00-17:00の短縮時間で営業されています。
 16:30の訪問ですので、きっとお客さんはまばら、きっと店長さんのワンオペ。
 しかるに町田家出身情報の真偽や、製麺所等々を伺える気満々で向かいましたが。

クリックすると拡大します

 店内満席、後客大勢と、閉店時間までお客さんが途切れません。
 メニューは塩豚骨ラーメン650円、醤油豚骨ラーメン650円の2種類のみ。
 トッピングは肉増し200円、麺増し100円、ほうれん草増し100円、のり増し90円、うずら増し90円、もやキャベ100円、もやし50円、ネギチャー100円、卓上半熟ゆで玉子50円、味玉60円。
 町田家ってたかさご家系列のハズだけど、うずらやもやキャベもあるんだ。

クリックすると拡大します

 口頭注文後会計、太麺と細麺が選べるので太麺、家系お好みはやわらかめ。
 席配置は、壁向きカウンターが5席、4人掛けテーブルが2卓、計13席。

 パーティションで仕切られたテーブルにはブラックペッパーグラウンド、白胡椒、おろしニンニク、豆板醤、生姜。
 半熟ゆで玉子用の塩、ご飯用の漬物もあります。
 厨房は壁の向こうなので調理は伺えず、壁を見つめるも透視できず。

クリックすると拡大します

 少し待って塩豚骨ラーメン650円、麺は太麺、お好みはやわらかめ。
 九州とんこつラーメン以外のスープで、これほどまでに白く乳化したスープは初めてです。
 スープはとんこつや鶏ガラよりも先に化調を感じ、全体的に甘く仕上げられていて、温度もやや低めです。
 美味しいか美味しくないかと訊かれれば美味しいスープですが、何とも言葉がありません。

クリックすると拡大します

 太麺はなんとも既視感ならぬ既食感のある味わいで、四之宮商店でよろしかったでしょうか。
 しかしながら四之宮商店は2013年創業、つまり途中から製麺所を変えたのでしょうか。
 豚肩ロースチャーシューは食べにくいほど大きく、微笑むほど美味しい。
 がっかりの板海苔2枚、茹でほうれん草は平均的な量、ウズラが1個。

クリックすると拡大します

 麺を半分ほど食べたところで、お楽しみの味変タイム。
 ザク切りの生姜を中心に、おろしニンニクと豆板醤を添えて。
 全体を混ぜて食べてみると殆ど味が変わらず、ひょっとしたら麺と一緒にスープも仕入れているのだろうか。

クリックすると拡大します

 消費税が2014年に8%、2019年に10%に上がり、それでも650円に据え置く企業努力は素晴らしい。
 お店側は家系ラーメンとは一言も謳っていないし、お店の営業方針に何かを言うつもりは毛頭ありません。
 勝手に期待して勝手にがっかりしただけですな。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 和歌山駅から和歌山市駅へ、すぐ近くなんだけど、電車の便は一時間に1本か2本。
 和歌山市駅に着いて、改札を出て一分ほど歩くと、キーノ和歌山が見えてきます。
 早めの夕飯は、麺屋 丈六 キーノ和歌山@和歌山市(和歌山県和歌山市東蔵前丁)へ。
 キーノ和歌山に2020/6/5オープン、本店は裏難波。

クリックすると拡大します

 開店10分前で外待ち7人、慌てて8人目に並びました。
 通路側のガラス壁に、おびただしい数のお祝いが張り出されています。
 大阪ラーメン界に詳しい人なら、贈るべき人から贈られていて、そうで無い人からは贈られていないと、気が付きます。

 事前に聞いていたとは言え、個人的に悲しかったのは、麺や而今からの贈り主が「大東本店」だったこと。
 因果応報とは言うけれど。

クリックすると拡大します

 定刻に開店、厨房を囲むL字カウンターは3席と6席の9席。
 奥から詰めて座るように案内されるので、私の席はちょうど店主さんの目の前。
 これば食べ終わったら挨拶しろと言うラーメンの神様からの差配と受け取りました。
 厨房は店主さんの他に2人。指図なしに動いていたので、見ていて気持ちが良い。

クリックすると拡大します

 口頭注文後会計。
 メニューは東大阪高井田風の中華そば750円、塩ラーメン800円、秋刀魚醤油800円。
 トッピングは肉増し150円、味付半熟煮玉子100円。
 サイドメニューはどんぶり(チャーシュー丼)300円、生玉子ご飯300円、本店同様の早寿司150円。

クリックすると拡大します

 まずは早寿司150円、早寿司は「ラーメンが出来上がるまでの間にどうぞ」と食べるお寿司。
 和歌山のラーメン店で何度か見かけた一品であり、なんで高井田系なのに和歌山ラーメンなのかは不明です。
 ここは和歌山、誰しも早寿司しながらラーメンの出来上がりを待つものとばかりに思っていましたが。
 オレしか食べてないじゃん。

クリックすると拡大します

 程なくして中華そば(並)750円、他のお客さんには助手さんが配膳していましたが、私にだけ店主さんからカウンター越しに手渡し。
 真っ黒で甘くて旨いスープは、肉ダシと鶏清湯のブレンドスープに甘い醤油をたれとして使っています。
 このスープが唯一無二として美味しい、味わう度に「次は塩」と誓うのに、今日も醤油にしてしまいました。

クリックすると拡大します

 自家製麺でしたっけ、角切りの美味しい中細麺。
 スープによく合っていて、するすると食べられてしまいます。
 大きめのチャーシューも、多めのメンマも、斜め切りの青ネギも、いちいち美味しい。

クリックすると拡大します

 食べ終わったところで、「昨日、くみちょうさんらと、ミナミで飲んだんです」とお声掛けして。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 和歌山からならば、1回の乗り換えで戻ってこられます。
 さてさて、今夜は飲まずに寝よう。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記