2020年10月12日

石川出張中日

/加賀 白山そば@石川県金沢市木ノ新保町にて夏季限定ざるラーメン/自家製麺のぼる@石川県金沢市玉鉾にて塩/晩酌/

クリックすると拡大します

 今日も今日とて東横イン泊。
 広い部屋に泊まると落ち着かず、さりとて狭すぎると出張の荷物を広げられません。
 私にとってのベストスペース東横イン、値段も手頃だし(会社経費だけど)。
 モーニングは店舗毎によって異なりますが、味噌汁は同じでしょうか。

クリックすると拡大します

 モーニングを食べたからと言って、朝そばは朝そばで頂きます。
 遅めの朝食はJR金沢駅構内の金沢百番街 Rintoにある、加賀 白山そば@金沢(石川県金沢市木ノ新保町)へ。
 朝からやってる立ち食い蕎麦や、椅子席もあります。

クリックすると拡大します

 私の中の優先順位としては中華そば、日本蕎麦、うどんの順番。
 中華そばは夏季限定のざるラーメン500円、月見ざるラーメン550円、とろろざるラーメン630円。
 立ち食い蕎麦屋のラーメンは、丼まで専用に用意するケースと、お蕎麦と中華麺を入れ替えただけのケースがあります。
 この店は後者のケース、中華麺であってもつけ麺(ざる)形態なら、美味しく頂けます。

クリックすると拡大します

 夏季限定が気になったので受付で確認すると、販売を継続されているようです。
 店内は広め、壁向きカウンターが6席と2席、立ち食いスペースは相対カウンター4席の島が2つ。
 卓上には一味のみが用意されています。

クリックすると拡大します

 程なくして、夏季限定ざるラーメン500円
 ざるラーメン、ということで麺には刻み海苔があしらわれています。
 お蕎麦の場合は、もり汁と山葵、薬味ネギは別々に味わいますが、ざるラーメンの場合はもり汁に山葵を溶かし込み、薬味ネギを沈めてしまいます。
 まま、その食べ方が正しいとか正しくないとかは分かりませんが、私はそうして食べています。

クリックすると拡大します

 冷水で締められた中華麺を手繰って、程よく冷えたもり汁に、全部浸けてチュルッと。
 そうそう、お蕎麦は半分ほど漬けるのがお江戸の作法ですが、今の時代、そうしたい人はそうして、そうしたくない人は好きに食べたら良いと思います。
 キュッと山葵が利いていて、中華麺が進みますね。

クリックすると拡大します

 ラーメンってことでレンゲを用意しましたが、そば猪口だからそのまま飲んでしまいました。
 そば湯は未確認です。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 早めのお昼は、自家製麺のぼる@石川県金沢市玉鉾
 2010/12/12オープン、立地は金沢駅でも西金沢駅でも徒歩30分強。
 私服なら余裕で歩くけど、スーツなので金沢駅からバス20分250円。
 店舗はスーパーの駐車場内なので、駐車場には困りません。

クリックすると拡大します

 開店10分前に着くと、軒下に3人ほど待っていて、4番目。
 在店中もお客さんが途切れず、地元に愛されたお店なんだ、と。
 ガラス窓に(注意書きではなく)感染症対策が説明されています。
 これまでの口頭注文後会計を改め、券売機を導入したとのこと。

クリックすると拡大します

 定刻より少し早めにドアが開き、順番に店内へ。
 メニューは醤油750円、塩800円、煮干し800円、納豆750円、担々850円。
 この5種類の組み合わせは、日本広しと言えども、この店だけだろう。
 麺の大盛りは250円増、小盛りは200円減とあり、自家製麺だから大盛り無料は首都圏だけの論理なのだと知れます。
 ご飯ものはチャーシュー丼、あとはビール。

クリックすると拡大します

 席配置は厨房を囲むL字カウンターが4席と4席、4人掛けテーブルが2卓。
 卓上には七味、胡椒。 
 座ったカウンター席からは調理がよく見え、丼を電子秤に乗せ、レードルでたれを注ぎつつ、重さでたれの量を調整されています。
 レードル一杯分ではなく少し残されていましたが、たれは一定量として注ぐスープの量を調整するのではダメなのかな。

クリックすると拡大します

 少し待って塩800円
 塩と言っても塩味は淡く、しっかりした旨味たれと、丁寧に炊き出した豚骨スープ。
 美味しいなぁ、気が付いたらスープが無くなっているタイプだな。

クリックすると拡大します

 しなやかな細麺は麺量多め、スープとの相性は紙が入る隙間も無いほど。
 見て分かるとおり、チャーシューは異なる部位の切り出しで二枚、それぞれに食感、味わいが異なるので、食べるだけで楽しめます。
 小えびとアオサのりまで乗っていて、食べ方によって色々な味を楽しめます。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 食べているときにずっと気になっていた店員さんの青空色のTシャツの左胸に書かれていた「LLN」、訊けば「Love Like Noodle」とのこと。

クリックすると拡大します

 22時近くになってお仕事終了。
 仕事の性格上、時間に終わらなければ終わるまでやる、なので、後泊はどうしても避けられない。
 ですが、10中8、9、いや99%は早めに終わるので、終わったら飲み会も悪くないが。
 今の世情を考えると、コンビニで何か買って、ホテルで飲むのが精一杯。

クリックすると拡大します

 晩酌
 銀盤酒造の剱岳(つるぎだけ) 特別本醸造。
 1人飲みなので1合とか瓶を買ってもいいのですが、ワンカップは限定でしか手に入らないので。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記