2020年11月13日

大和の新店舗

/通院/らぁ麺はやし田横浜店にて8種のきのこと淡路島産玉ねぎポタージュの中華蕎麦/元祖辛麺屋 桝元 大和店にてトマト辛麺(10辛、こんにゃく麺)、うどん麺/晩酌/

クリックすると拡大します

 今日は通院、仕事が休めるほどのスケジュールなので、お休み。
 病院は予防接種の関係で、ここのところずっと混み合っています。
 ああ、私も打たないとなぁ。

クリックすると拡大します

 お昼は、らぁ麺はやし田横浜店@横浜(横浜市神奈川区鶴屋町)公式ツイッター)へ。
 平日のランチタイムとは言え、限定メニューの販売初日なのでずらっと並んでいると思って、横浜駅から足早に伺いました。
 限定メニューは本日(11/13)と明日の2日間、30食ずつの限定販売。

クリックすると拡大します

 スープ:ポルチーニ茸・しめじ・えのきだけ・舞茸・マッシュルーム・ヤマブシタケ・椎茸・タモギダケ、淡路島産玉ねぎをたっぷり使用。
 かえし:七福有機白醤油に秋刀魚ダシ・岩塩等を加えたもの。
 ベーコン:大麦仕上げの三元豚バラ肉の自家製ベーコンをカリッと焼いて。
 ソース:イチジクとパルサミコスのソース・トマトとアップルビネガーのソース。
 麺:特注低加水細麺 24番110グラム
 油:ポルチーニ茸からじっくり抽出したポルチーニオイル。

クリックすると拡大します

 はやし田に何度も伺っていると、見知った店員さんも多くなります。
 今日はシフトの関係なのか、それとも他部署に異動になってしまったのか、見知らぬ店員さんばかり。
 の方がずっと気が楽ですけどね。

クリックすると拡大します

 程なくして、8種のきのこと淡路島産玉ねぎポタージュの中華蕎麦900円
 サンプル写真を見たときから心配していたけど、この盛り付け、とても気になる。
 なぜクレソンの上から粉チーズを掛けているのだろうか、、、私の感覚がズレているんだろうな。
 多くの茸から旨味を抽出していることもあってか、丼を渡されるとクラクラするほど美味しそうな香り。

クリックすると拡大します

 スープを飲んでみると、大量の玉ねぎが茸の美味しさを持ち上げていて、鶏白湯スープかと思うほどの旨味の洪水が押し寄せてきます。
 濃厚ということでもはなく、さりとて濃密ということでもなく、色々な旨味を一気に味わえて、とても美味しい。
 はやし田(イングス系)の限定メニューは、スープだけ作って麺はレギュラーメニューのを転用することが多いのですが、こちらは専用の細麺を合わせてあり、好相性でするすると食べられます。
 (例外があるとは言え)ラーメンは麺料理、麺を美味しく食べられてこそラーメン。

クリックすると拡大します

 トッピングはチャーシューでは無くベーコン、専用のソースを掛けることでベーコンの美味しさが引き立っています。
 クレソンはちょっと分かりにくかったけど、粉チーズは良く分からなかったけど。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、元祖辛麺屋 桝元 大和店@高座渋谷(大和市下和田836-1)公式ホームページ)へ。
 2020/11/1オープン、宮崎県延岡市に本店がある全国チェーン店の神奈川初出店。
 私は2013/9に、鹿児島県霧島市で食べています。
 立地は高座渋谷駅から徒歩10分、町田街道沿いになります。

クリックすると拡大します

 店内は手前に3席ずつの相対カウンターが4列、奥が2人掛けテーブルが7卓、6人は座れる小上がり。
 カウンター席は人数に合わせて、仕切り板を立てています。

クリックすると拡大します

 メニューはラーメンが5種類、元祖辛麺、トマト辛麺、白い辛麺、カレー辛麺、みそ辛麺。
 麺量の違いでレギュラー(150g)とレディース(100g)が用意されていて、辛さは0辛から30辛まで調整できます。
 元祖辛麺のレギュラー、0辛で880円、他のラーメンは0辛で1,050円。

 サイドメニューは桝元特製なんこつ660円、桝元特製餃子380円、唐揚げ4ヶ500円など。
 お子様ランチもあるし、ドリンクも揃っています。

クリックすると拡大します

 食べるラーメンとトッピング、サイドメニューを決めたら全席に配備されているタッチパネル式券売機で注文します。
 座って初めての画面は「画面をタッチして下さい」となっていますが、その後は無操作でスクリーンセーバーになります。

クリックすると拡大します

 タッチパネルの画面は、上部にメニュー選択のアイコンが並び、下に詳細が表示されます。
 先ず、ラーメンを選ぶと(実際には人数を入力するのが先)、麺量を選択する画面に切り替わります。
 続けて辛さを選び(左右にスクロール)、麺を選びます。

 麺はコンニャク麺、中華麺、うどん麺から選べます。
 こんにゃく麺は糸こんにゃくではなく、材料にこんにゃくが含まれている訳でもなく、そば粉と小麦粉が主原料のこんにゃくによく似た食感の独特の麺です(つまり「蒟蒻」ではない)。
 さらに、にんにく、ニラ、卵、ミンチの有無と辛子を別皿にするかを選びます。

クリックすると拡大します

 卓上に置かれた箸置きの上には辣油、醤油が用意されています。
 辛いスープのラーメンは、全国各地に点在していて、溶き卵を入れる辛いスープのラーメンも同様。
 川崎、横浜で生まれ育った人ならば、それら全ての辛い溶き卵ラーメンは「ニュータンタンメン
」インスパイア。
 確かに創業時期ではニュータンタンメンが先ですが、ニュータンタンメンを真似した訳ではなく、人間の考える事はおよそ似たり寄ったりという事でしょう。

クリックすると拡大します

 程なくして、トマト辛麺(10辛、こんにゃく麺)1,210円
 (私は神奈川の人なので)ニュータンタンメンにそっくりの麺相、デフォでニラが入るのと、ニンニク片が細かいところ以外は同じとしか言いようが無い。
 鶏ガラ出汁と思われるスープにニンニク、挽肉、ニラ、溶き卵を合わせて煮立てたスープ、美味しいなぁ。
 ニュータンタンメン好きの私には、たまらない美味しさです。

クリックすると拡大します

 こんにゃく麺と名付けられた蕎麦粉と小麦粉で打たれた、蒟蒻未使用の中太麺。
 これ以上考えられないほどスープに合っていて、とても美味しい。
 辛さはまだまだいけるけど、もう昔のように無理は出来ません。

クリックすると拡大します

 美味しい美味しいと麺を食べていたら、麺だけ食べ終わってしまいました。
 このままご馳走様でもいいんだけど、中々来られない大和の立地、替え玉してみますか。
 替え玉もこんにゃく麺、中華麺、ちぢれ麺、うどん麺から選べるので、うどん麺をポチッとな。

クリックすると拡大します

 すぐにうどん麺160円
 何か特別な食材でも使っているのかと思うほど透明感があり、つるんとした麺肌。

クリックすると拡大します

 つけ麺スタイルで食べることも考えましたが、全部入れます。
 このうどん麺がこんにゃく麺よりスープに合って、次回があれば初めっからうどん麺でもいいんじゃ無いかと。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 駅まで戻ると酒屋が目に入り。
 名も無い街角の酒屋で四合瓶を買うことがどれだけ日本酒界に影響するのか分からないけど。

クリックすると拡大します

 晩酌
 海老名の蔵元である泉橋酒造が醸す「いずみ橋 とんぼラベル4号」槽場直詰 純米生原酒 生酛 山田錦 19BY。
 自宅で一年熟成、せっかくだから10年くらい熟成させるかと思いつつも、開けてしまいました。
 グッと重みを感じる味わい、僅かに酸味を感じる後味。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記