2021年01月05日

溝の口の新店

/名代富士そば品川店にて昔ながらの醤油ラーメン/鴨だしらぁ麺 轟@武蔵溝ノ口にて特製湯麺/

クリックすると拡大します

 朝は、名代富士そば品川店@品川(港区港南)公式ホームページ)へ。
 ダイタンホールディングス株式会社の経営ですが、公式問い合わせ窓口のメールアドレスのドメインがfujisoba.co.jpではなく、gmail.comなのが気になる。

クリックすると拡大します

 店内に設置された二台の券売機でも交通系ICカードは使えます。
 さらに店頭の券売機であれば、PayPayやLINEPay(って同じ会社か)などのQRコード決済もできます。
 店先のディスプレイと、券売機のパネルを眺め、ついに私も富士そばでラーメンを食べることになるのか、と逡巡。

クリックすると拡大します

 店内は着席、立ち席共にパーティションが設置されています。
 お客さんはいつも通りに賑わっていて、密と言えば密、誰も喋っていないので飛沫が飛んでいないと言えば飛んでいません。
 富士そばはあくまでもお蕎麦やさんなので、ラーメン用の調味料である胡椒は各席に用意されておらず、受付から持って席に着きます。

クリックすると拡大します

 程なくして、昔ながらの醤油ラーメン430円
 富士そばでは、煮干しラーメンをほぼ全店、昔ながらのラーメンを店舗限定で販売されています(両方とも醤油味)。
 時期は不明ですが、去年辺りから味噌ラーメンを店舗を絞って販売開始、一部では塩ラーメンもあるらしい。
 それはそうと、保温ポットからジャーっと注がれるスープの評価、私にはレベルが高くて荷が重い。

クリックすると拡大します

 中細麺はスープによく合っていて、するすると美味しくいただけます。
 トッピングは大きめの豚バラ肉チャーシュー、平たいメンマ数枚、ワカメ、半身の固茹で玉子、なると。
 途中でホワイトペッパーパウダーを振って味変、醤油ラーメンには白胡椒が合いますね。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、鴨だしらぁ麺 轟(とどろき)@武蔵溝ノ口(川崎市高津区久本1-2-2)へ。
 2020/12/27オープン、立地は武蔵溝ノ口駅から徒歩数分のらーめん和蔵本店の下、地下2階。
 オーブン3日間の500円セールでは、1時間以上の待ち行列だったらしい。
 私も格安にラーメンを食べたかったのですが、交通費を考えるとアレだし、情報を知ったのがセール最終日で間に合わず。

クリックすると拡大します

 京都ラーメン森井と似通っている点が幾つもあって、同一経営か、森井のセカンドブランドか、と噂されているようです。
 私が調べた限りでは、轟の店主さんと京都ラーメン森井の店主さんには親交があるそうです。
 轟のオープンに際して、京都ラーメン森井の店主さんにアドバイスを受けたり、良いと思われる点は取り入れているようです(決してパクりでは無い)。
 去年のウチに訪問できていれば、祝い花で何かが分かったかも知れないし、何も分からなかったかも知れない。

クリックすると拡大します

 店舗は地下二階、階段を降りきってドアを開けて店内へ。
 メニューはラーメンとして醤油らぁ麺850円、塩らぁ麺850円、限定メニュー。
 ご飯ものはライス小100円、特製轟丼(日替)380円、特製レアチャーシュー丼350円、特製味玉丼250円。
 飲み物は生ビール500円、瓶ビール600円、黒烏龍茶ハイ380円、黒烏龍茶200円、角ハイボール・レモンハイ380円、コーラ・オレンジジュース200円。

クリックすると拡大します

 新年初日の夜営業、先客1人、後客5人。
 席配置は緩やかなカーブのカウンター7席、店内にテーブルが置けるスペースはありますが未設置。
 二階(実質地下一階)もあるようですが、開放されていません。
 卓上にはゆず入り七味とうからし、黒煎り七味、コショー、柚子胡椒。

クリックすると拡大します

 買った食券を店員さんに渡すと、京都ラーメン森井同様、太麺か細麺、ネギの量を訊かれます。
 ラーメンが出来上がる間、卓上の説明書きに目を通します。
 国産京鴨のガラを使ったスープは初めて頂きますし、京鴨のコンフィも食べたことがありません。
 細麺しか説明されていませんが、太麺は形状だけが違うのかな。

クリックすると拡大します

 程なくして特製湯麺1,200円、デフォは多くの情報がアップされるだろうから、敢えて好きなタンメンに。
 一般的なタンメンは、中華鍋を使って野菜などをスープで煮込みますが、こちらでは雪平鍋で野菜とスープを煮込んでいます。
 ニンジン、キャベツ、タマネギ、ニラ、モヤシなどこれでもかの野菜、シイタケや豚バラ肉、キクラゲも混ぜ、細切り生姜を添えての1,200円は安いとさえ感じます。
 野菜から食べだすと、ふんわりと鴨出汁の香りが新鮮な美味しさ、オープン一週間でここまで美味しいと、これからの進化が楽しみで仕方ない。

クリックすると拡大します

 合わせる細麺は荒武者を使っていて、京都ラーメン森井の細麺と同じ印象、細かいところでは異なるのだろうけど、私にはその違いは分からず。
 食べていると店員さんが近寄ってきて「味変は如何ですか?」と、おろしで擦った柚子を掛けてくれます。
 タンメンに柚子での味変が積極的に必要かと問われると、初めてなので答えられません。
 でもさ、実際に味がどうのも大切だけど、お客さんに美味しく食べて欲しい、という気持ちが嬉しいです。

クリックすると拡大します

 麺を半分以上食べたところで、ラーメンに添えて下さったおろし生姜を。
 おろし生姜の小皿の使い込み具合が、とても素敵ですね。
 せっかくなので卓上のゆず入り七味とうからしも振り掛け、味変を楽しみました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記