2021年02月16日

涙の醤油らーめん

/京都ラーメン森井 稲田堤本店@稲田堤にて汁なし担々麺/らーめん勇志郎製麺研究所@小田急相模原にて頑固おやじ涙の醤油らーめん/

クリックすると拡大します

 今日も今日とてテレワーク。
 なんだけど、健康診断もあったりして、忙しい。
 健康診断の前は何も食べるなと言われているので、健康診断が終わる夕方にはお腹ペコペコ。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、京都ラーメン森井 稲田堤本店@稲田堤(川崎市多摩区菅)公式ツイッター)へ。
 このご時勢、通し営業のラーメン店のありがたさよ。
 つい最近知った、限定メニュー狙いで伺いました。

クリックすると拡大します

 幾つか限定メニューが販売されています。
 緊急事態宣言中の期間限定メニューと思われる朝ラーの鯛出汁ラーメン、愛甲石田店と同じです。
 右端には担々麺、2021/1/14から始まった汁なし担々麺。
 久地店は2021/1/15より販売開始していますので、他店も追従するのでしょう。

クリックすると拡大します

 汁なし担々麺は券売機に個別のボタンが無く、担々麺のボタンで代用です。
 つまり、汁ありと汁なしは併売されていて、食券を渡すときに「汁なしで」と伝えることになります。
 他のメニューと同様に、麺の茹で加減やネギの量は調整してくれると思います。
 今日のところは訊かれませんでしたので、お願いしませんでした。

クリックすると拡大します

 卓上には、「美味しい汁なし担々麺の召し上がり方」が貼り出されています。
 食べる前に読んで、食べているときも適時確認したいのですが。
 全ての席に前に貼り出しては、いないんです。

クリックすると拡大します

 少し待って、汁なし担々麺900円
 トッピングはたっぷりの挽肉に卵黄、九条ネギ、細切りメンマ、紫タマネギ。
 台湾混ぜそばからニラと刻み海苔を外し、芝麻醤を合わせたかのような麺相に感じます。
 食べ方の説明書に従い、先ずは全体をよく混ぜて食べ始めます。

クリックすると拡大します

 ここまで担々麺の裾野が広がると、担々麺本来の味わいからかけ離れていますが。
 挽肉の旨味に卵黄とくれば間違いの無い美味しさ、美味しければ良いじゃん、の風潮が続く限り。
 麺は細麺でも太麺でも無い中太麺、担々麺専用かな(未確認)、たれや挽肉との相性はベスト。
 全体が甘めの味付けですが、挽肉の鷹の爪と、紫玉ねぎの辛味が良い感じです。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わったら、追い飯をお願いします。
 追い飯が美味しいと分かっていても、ご飯の量が気にはなります。
 小さめの茶碗に八割ほど、残しておいた餡に良く絡めて美味しくいただきます。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 今日は森脇店主さんが不在だったので、そのまま退店。

クリックすると拡大します

 夜は、らーめん勇志郎製麺研究所@小田急相模原(相模原市南区東林間2-15-7)公式ツイッター)へ。
 本日2021/2/16オープン、相模大野の勇志郎製麺が移転してラーメンも販売。
 立地はボーンチャイナ跡地、小田急相模原駅から徒歩10分。
 営業時間は11:30-15:00 17:00-21:00火休(時短営業要請中は20:00までの営業)。

クリックすると拡大します

 運営母体は清勝丸などを運営する株式会社成匠
 店名の「勇志郎」は、成匠の野村勇次社長の名前から1文字、志郎はゴロの良さで。
 店内に入るとすぐ右手に券売機があります。

クリックすると拡大します

 メニューは頑固おやじ涙の醤油らーめん、塩らーめん、いずれも880円。
 ご飯ものはご飯小100円、大150円。
 券売機にボタンがあるサイドメニューは、涙のでかギョーザ4個400円、8個700円。
 同様に飲物は、生ビール500円、角ハイボール470円、レモンサワー470円、ジンソーダ470円。

クリックすると拡大します

 店内は厨房を囲むL字カウンター8席。
 卓上には辣油、酢、醤油、ニンニク、胡椒、一味唐辛子。
 お好きなカウンター席へどうぞと案内され、カウンター台に「お願いします」と食券を置きます。

クリックすると拡大します

 ラーメンが出来上がるまで、卓上に用意されているメニューを眺めます。
 焼酎のボトルキープ可、ソフトドリンクはウーロン茶、緑茶、オレンジジュース。
 世が世ならば焼酎でも飲みたいが、今のご時勢、そんなわけにも行かないだろうし。

クリックすると拡大します

 夜は居酒屋使いを想定していて、夜のおつまみが揃っています。
 鶏の唐揚550円、厚焼玉子450円、でかギョーザ4個400円、アスパラと木の子のガーリックソテー600円、
 おつまみ穂先メンマ400円、白菜と山芋のおしんこ400円。
 餃子や唐揚げも食べてみたいが、オペが落ち着かない開店初日からチャレンジする勇気はありません。

クリックすると拡大します

 程なくして頑固おやじ涙の醤油らーめん880円、大きな丼にたっぷりのスープと麺。
 スープは豚白湯に煮干しなどの魚介スープをブレンド、魚粉のざらつきも感じられる美味しいスープ。
 店長さんはビナウォークの柳屋出身とのことで、オープン初日からきっちり合わせてきます。
 この手のスープはラーメン業界的にはオワコンですが、個人的にはこのあっさりさが好きですけど、ね。

クリックすると拡大します

 自家製麺の細麺は麺量200gと多め、知らずに食べたら食べ切れない人も多そう(麺少なめにも対応しています)。
 打ち立ての自家製麺がスープと好相性、最後の一本までダレることなく楽しめます。
 トッピングは分厚く大きいチャーシュー、板状のメンマが数本、笹切りの白ネギ、板海苔一枚。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年02月15日

雨上がりの虹

/雨上がりの虹/西日に桃/

クリックすると拡大します

 今日は今日とでテレワーク。
 お昼くらいは近所のラーメン屋に食べに行こうかと考えていたけど。
 朝から雨が降っていて、終日引きこもりになりそう。
 夕方近くなって雨が上がり、北東の空に虹。

クリックすると拡大します

 庭の桃の花に西日が当たっていたので、パチリ。
 その後、仕事を続けるも、中々終わらず、夕飯も自宅で。
 これからはこういうことがおおくなりそうな予感。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年02月14日

大磯の新店

/大磯海そば@中郡大磯町大磯にて潮そば、和え玉/

クリックすると拡大します

 娘が孫を連れて遊びに(いわゆる帰省)きていて、一気に家庭が騒がしい。
 こんな人生があるなんて考えたこともなかったけど、改めて考えてみると、世間一般では普通なのか。
 世間ズレしているので良く分からないけど、孫は可愛い。

クリックすると拡大します

 女房と娘と孫のドライバーを買って出て、一人お昼。
 2021/1/9にオープンした、大磯海そば@中郡大磯町大磯1713-90公式インスタグラム)へ。
 立地は大磯駅から徒歩10分、ロイヤルテラス大磯の1階になります。
 店主さんは、かつて一風堂で働いていたことがあるとか。

クリックすると拡大します

 営業時間は土日祝の11:00-14:00、いわゆるひとつの「ハードルの高い」店。
 専用の駐車場は用意されていないので、近くのコインパーキングを利用することになります。
 いずれのコインパーキングもちょっと距離があるので、雨にはちょっと辛いかな。

クリックすると拡大します

 土日祝のみの営業ですが、今日はたまたま営業していたようです。
 店内に入ると右手に製麺室がありますが、製麺機は使われた様子がありません。
 壁側の5席の待合席は満席、立ち待ちのお客さんが三人、先に食券を買うべきか、並ぶべきか迷います。
 立ち待ち客が食券を持っているのを見て、先に券売機へ。

クリックすると拡大します

 メニューは潮そば850円、醤油そば850円、和え玉200円。
 トッピングは味玉100円、メンマ150円、チャーシュー(1枚)180円。
 サイドメニューはシジミ飯200円。
 飲物は湘南ビール700円、檸檬サワー500円。

クリックすると拡大します

 席配置はカウンター5席と3人掛けテーブル、計8席。
 店先のパウチに書かれているとおり、店主さんワンオペなので非常に回転が悪いです。
 約30分待ってから、カウンター席へ案内されます。
 卓上には調味料は用意されていません。

クリックすると拡大します

 席に座って10分ほどで潮そば850円
 陶芸作家である宮崎雄太さん作の「器とデザイン」のラーメンどんぶり、料理への意気込みは食器から。
 浅利、蜆、蛤を煮込んだ熱々の貝出汁スープは、厚みのある旨味が素晴らしく、とても美味しい。
 後味があっさりしているので恐らく無化調、こんなに美味しいなら毎週食べに来るお客さんの気持ちも分かります。

クリックすると拡大します

 細麺は柔らか仕上げ、スープとの相性はあと一歩ですが、気にしなければ問題なし。
 いったんは麻生製麺、厨房に置かれている麺箱(「新宿製めん」と刻印)はダミー(笑)
 トッピングの豚肩ロースレアチャーシューは注文毎にスライス、とても美味しい。
 メンマは店内で戻して切り分けていて、シャキッとした食感が楽しい。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わったところで、和え玉200円
 麺量は一玉、プルドポークがトッピングされています。
 プルドポークとは、時間をかけて煮込んだ豚肉を細かく裂き、スパイスで味付けをしたアメリカの家庭料理。
 刻みタマネギを散らし、ブラックペッパーを掛けてあります。

クリックすると拡大します

 一般的な和え玉はたれに絡めて頂きますが、この和え玉は濃いめのスープに浸されています。
 軽く混ぜてから食べると、麺とスープの相性が良い感じで、プルドポークと合わせても美味しい。
 ただ、常にプルドポークがあるわけでは無く、無くなれば替わるかも知れません。

クリックすると拡大します

 半分ほど食べたところで、残したスープに浸して、つけ麺として楽しみます。
 麺がそれほど味付けされていないので、これはこれとして、美味しくいただきます。
 最後はプルドポークと絡めて。

クリックすると拡大します

 店主さんに「自家製麺はやらないんですか?」と訊くと、保健所の許可が下りずに製麺機は使えてないそうです。
 今の細麺は美味しいけれど、もっと美味しくなるのか、、楽しみ楽しみ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 その後、女房と娘と孫を迎えに行って、帰宅。
 しばらくは飲みに出掛けることもないかな。
posted by ふらわ at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記