2021年02月02日

節分

/らぁ麺鳳仙花 横浜店@横浜にて金目鯛らぁ麺、金目鯛つけ麺/朝日ぎょうざ、タンメン@反町にてサンマーメンセット/恵方巻/

クリックすると拡大します

 季節は真冬、梅が咲き出しました。
 使い古された言葉ですけど、どんなに寒くても春に向かって準備しているってことだ。
 私も頑張ります。

クリックすると拡大します

 お昼は、らぁ麺鳳仙花 横浜店@横浜(横浜市西区南幸2-7-9)公式ツイッター)へ。
 歌舞伎町本店、綱島店に続く三号店として、本日2021/2/2オープン。
 立地は横浜大勝軒の目の前、たまがったの斜め前、こんな場所に良く出店されましたね。
 いずれも全く異なるラーメンなので、お客さんを奪い合うこと無く、繁盛されるでしょう。

クリックすると拡大します

 今日と明日は1日300杯限定で、ラーメンとつけ麺を一杯500円で提供されます。
 このオープニングセールは、経営母体のイングスの飲食店では恒例となっています。

クリックすると拡大します

 店内に入り、左手の券売機で食券を買います。
 メニューはフルメニューで、金目鯛らぁ麺800円、濃厚金目鯛白湯らぁ麺850円、金目鯛つけ麺850円。
 今日と明日は、300杯限定で一杯500円。
 麺はメニュー毎に変えているので、麺の増量はらぁ麺が替え玉、つけ麺は大盛りで対応されています。

クリックすると拡大します

 席配置はコの字カウンターのみ、6席、4席、6席の16席。
 全席にパーティションが設置されています。

クリックすると拡大します

 一番奥の席に案内され、店員さんに食券を渡します。
 卓上に調味料は用意されておらず、アルコール消毒液が置かれています。
 カウンター台を低くした関係か、料理の説明書きはパーティションに貼られています。
 紙エプロンもパーティションに用意されているので、そっと取り出して装着します。

クリックすると拡大します

 程なくして、金目鯛らぁ麺800円(オープン特価で500円)
 金目鯛のアラだけを炊き出したと思われる清湯スープ、魚の臭みを残しつつ旨さも引き出しています。
 魚の臭みを完全に取り除いてしまうと、魚のアラの旨味も一緒に取り除かれてしまうのでしょう。
 これを好き嫌いが分かれるスープと称する人もいるだろうけど、どんなスープでも好き嫌いは分かれますよね。

クリックすると拡大します

 三河屋製麺の全粒粉入り細麺はやや柔らか仕上げ、スープとの相性がとても良い。
 スルスルと喉を滑っていく、個人的に最高に美味しい麺。
 トッピングはスライス豚肩ロースレアチャーシュー、紫タマネギ、九条ネギ、穂先メンマ。
 盛り付けが少し乱れていますが、まま、今後に期待ですな。

クリックすると拡大します

 構えている以上に美味しい1杯、アレンジの必要が無い完成された味。
 そもそも卓上に調味料は用意されていないし。
 いやぁ、旨かった。

クリックすると拡大します

 続けて、金目鯛つけ麺850円(オープン特価で500円)
 金目鯛のアラ炊きつけ汁と、三河屋製麺の全粒粉入り平打中細麺の組み合わせ、他に類を見ない。
 チェーン店や資本力なる企業がやらないと、1杯850円では提供できないでしょ。
 スライスチャーシューが麺の上に絞ってありますが、角切りのチャーシューが幾つかつけ汁に沈めてあります。

クリックすると拡大します

 つけ汁はラーメンのスープとは別に炊き出した清湯スープ、紫タマネギとネギが散らされています。
 平打中細麺をくぐらせて食べてみると、スープの旨味と麺の美味しさがまっすぐに伝わってきます。
 麺量は一玉半と思われますが、余るどころか足りないほど美味しい。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わったら、残ったつけ汁のスープ割り。
 店員さんにつけ汁を残したまま器を渡すと、保温ポットから割スープを割り入れて、戻して下さいます。
 割スープは貝出汁と説明があり、金目鯛スープと相性が良いですね。

クリックすると拡大します

 店内では金目鯛茶漬けを食べているお客さんが何人かいて、ああ、未だ食べたことが無かったな、と。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は、朝日ぎょうざ、タンメン@反町(横浜市神奈川区反町1-6-6)へ。
 スペインバル キッチンばるきどの、ランチ間借り営業(9:00-17:00)として、2021/1/6オープン。
 店主のユさんは中華料理人としての経歴が、30年以上とのこと。
 来日され、新横浜で中華料理の調理人として15年ほど研鑽を積まれました。

クリックすると拡大します

 吉野家HDが展開する、間借りマッチングプラットフォーム「シェアレストラン」を利用して、出店されました。
 立地は反町駅から国道1号線に向かって徒歩数分、田ぶし、星印が面した通り、中島家の正面。
 スタンダードメニュー以外に、今日はみそラーメンが限定メニューとのこと。

クリックすると拡大します

 店内はバルとは思えないほど明るくて、清潔感に溢れています。
 席はカウンター6席と2席、テーブルは4席、4席、2席、奥にもテーブルがありそう。
 卓上には辣油、酢、醤油。
 塩とオリーブオイルも置かれていますが、バル用の調味料のようです。

クリックすると拡大します

 口頭注文後会計。
 メニューは麺類がチャーシュー麺750円、タンメン700円、サンマーメン690円、坦々麺780円、チャーメン750円、ラーメン600円、麻婆麺730円。
 ご飯ものは麻婆豆腐あんかけご飯730円、麻婆豆腐定食750円、特製チャーハン780円。
 それぞれの餃子セットは200円増し。自家製手作り餃子定食10個780円。

クリックすると拡大します

 飲み物に日本酒があるんだ、銘柄、造りが気になるなぁ。
 鶏の唐揚げをつまみに、一杯やりたいけど、しばらくは無理だな。
 厨房からは、中華鍋を振る勢いのある音が聞こえてきます。
 アレが無い、コレが足りないと出来ない理由を探さずに、出来る範囲で出来るだけのことを、が調理人の腕。

クリックすると拡大します

 程なくしてサンマーメンセット890円のサンマーメン690円
 見るからにタンメンの麺相、モヤシが多いのがサンマーメン、少ないのがタンメンなのかな。
 スープは味覇(ウェイパー)の味が隅々まで行き届いていて、平たく言えばウェイパーを使って野菜を煮込んだ味わい。
 私としては中華料理ではなく中国料理の味わい、毎日でも食べられる中毒性のある美味しさ。

クリックすると拡大します

 中細麺はやや固め仕上げ、正直、中華料理の麺には何も期待していないので、美味しくいただけます。
 スープと共に煮込まれているのはモヤシとニラ、玉ねぎ、ニンジン、豚バラ肉とオーソドックス。
 身近で手に入る食材を料理人の腕で美味しく仕上げる、こういうラーメンは大好きです。

クリックすると拡大します

 もちろん麺類だけでもオーダーできますが、せっかくだから餃子200円をセットにしました。
 餃子は半チャーハンに変更できますが、本格的な餃子を食べてみたくて、変更せず。
 マイブームに沿って酢胡椒をと卓上を探すも、胡椒が見当たらない。
 今日のところは辣油と酢で、豆皿で調合せず、直接掛けて頂きます。

クリックすると拡大します

 4個で200円は多くのラーメン店の冷凍餃子より高め、味も高め。
 皮から伸ばすところから店内で作るとのことで、餡と皮の一体感がその辺の餃子と違う美味しさ。
 あっさりした味わいは色々な調味料に合うし、点心とはそもそもそういう料理では無いでしょうか。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は恵方巻
 方角を確認するまでも無く、無言で一本食べられるとは到底思えず。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。
posted by ふらわ at 22:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記