2021年02月04日

高井田系とは

/ゆで太郎西五反田本店にて肉モヤシあんかけ中華、焼きのり、海老天/喜多方ラーメン 坂内 品川シーズンテラス店@品川にて喜多方ラーメン(半ライス付き)/魚と豚と黒三兵 御徒町店@御徒町にて魚中華そば/

クリックすると拡大します

 お昼は、ゆで太郎西五反田本店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は、信越食品が立ち上げたチェーン展開する路麺店です。
 2004年から、ゆで太郎システムと共同ブランドとして運営され、どちらも大繁盛。
 今月初めての本店、通い慣れた本店はやっぱり落ち着く(早く工事終われ。

クリックすると拡大します

 伺う度に変わっているテーブルの上の様々。
 今日はお持ち帰りメニューが紹介されていました。
 お持ち帰り、つまりテイクアウトはしない主義の私、こういうパックでお持ち帰りするんだ。

クリックすると拡大します

 さて、初心(?)に戻って、肉モヤシあんかけ中華580円、焼きのり100円、無料クーポンで海老天
 今朝も酢をたっぷり回し掛け、無料サービスの揚げ玉と紅生姜、鷹の爪、赤鬼もたっぷり乗せます。
 最後に板海苔を差して、海老天を乗せて、パチリと撮ってから頂きます。
 何をどこから食べても美味しいなぁ。

クリックすると拡大します

 盛り付けに時間を掛けていると、麺がスープに絡みすぎてしまうのですが、それが狙いだったりする。
 中華餡も豚バラ肉もニラも、とても良い感じで、箸が止まらない感じです。
 途中、板海苔をスープに付けつつ美味しく食べて。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。。

クリックすると拡大します

 お昼は、喜多方ラーメン 坂内 品川シーズンテラス店@品川(港区港南)公式ホームページ)へ。
 品川駅から歩くのはちょっと遠い品川シーズンテラス、フードテラスは2階にあります。
 駅から遠いので飲食店からも遠く、ラーメン店だけでなく、カフェやうどん屋、蕎麦屋なども揃っています。
 現在の営業時間は11:00-17:00です。

クリックすると拡大します

 券売機に向かうと二台、イートイン用とテイクアウト用に分かれています。
 万一の故障などに備えた2台体制だったと思われますが、今は役割分担を分けた感じですね。

クリックすると拡大します

 メニューは喜多方ラーメン680円、そのトッピングバラエティ。
 味噌味変更、塩味変更は60円。
 平日のランチタイム(11:00-15:00)は、半ライス無料サービスです。
 ご飯もの、アルコール飲用、一品料理も数多く揃っています。

クリックすると拡大します

 買った食券を受付に出そうと歩を進めると、「既に受付に送られているから、座って待っててね」と立て看板。
 140席座れるフードテラスであっても、番号の呼び出しは口頭です。

クリックすると拡大します

 ま、無料サービスのウーロン茶を汲んで、どこかの席に荷物と共に置き、近くで待つ感じですか。
 調味料は喜多方ラーメン謹製のブラックペッパー、点心用の辣油、酢、醤油。

クリックすると拡大します

 フードテラス席はテーブルと窓向きカウンターがありますが、ソーシャルディスタンス的なものは特になし。
 オフィスビルだからか、テーブル掃除専任の店員さんは見当たりません。
 リモートワークとかなんとかと言われているけど、結構な人がいたなぁ(オレもか

クリックすると拡大します

 少し待って、喜多方ラーメン(半ライス付き)680円
 半ライスサービスには小鉢も付いてくるのか、半ライスが無くても付いているのかな。
 特別に美味しいわけでは無いけど、毎日でも楽しめる美味しいスープ、豚骨清湯だったっけな。
 もう、喜多方には何年も行っていないなぁ、今年は行きたいなぁ。

クリックすると拡大します

 平打太麺はやや柔らか仕上げで、スープの温度と共に少し低め。
 フードテラスを運んでいって、実際に食べるときの時間差は考慮されていないようです。
 喜多方ラーメンのチャーシューの量は、喜多方から離れるにつれて多くなると言う噂は、あながち間違っていない。
 平たいメンマが数本、白ネギがひとつかみ。

クリックすると拡大します

 半ライスはそのまま食べても全く問題ありませんが、ラーメンとセットなのでスープを掛け、チャーシューを乗せて。
 小鉢(小皿ですが)には大根などの漬物、ほんのちょこっとですが、この気持ちが嬉しいですね。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、魚と豚と黒三兵 御徒町店@御徒町(台東区上野)へ。
 去年12月のプレオープンにお誘い頂いて以来、2回目の訪問になります。
 仕事が押してしまって、時計を睨め付けながら閉店30分前頃に伺いました。
 15分前ラストオーダーだと勝手に思って入店すると、目の前で券売機が消灯されてしまい。
 あー、15分前じゃなくて30分前なんだ、、、何とか懇願して、なんとかラーメンだけ作っていただきました。

クリックすると拡大します

 オープンして2ヶ月、特にメニューに変更はありません。
 改めて紹介しておくと、西新宿店と共通である魚豚骨ラーメン900円、魚出汁ラーメン850円、魚つけ麺950円。
 御徒町店限定の魚中華そば850円、魚カレーラーメン900円、汁なし担々麺900円。
 魚カレーラーメンと汁なし担々麺は食べたので、今夜は残りの魚中華そばを。

クリックすると拡大します

 先客2人、後客の5人は断られていました。
 30分前じゃなくて、せめて15分前でもいいんじゃないかと思うけど、お店にはお店の考えがあります。
 今回はカウンター席ですが、カウンター台が高くて調理は伺えず。
 卓上には魚粉、一味。
 お店のこだわりを読みながら、ラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくして魚中華そば850円
 スープは醤油の旨味だけを味わっているような、かつて何度も味わった美味しさ。
 美味しい醤油を水で伸ばして、醤油辛い部分を魚介出汁で中和したような。
 麺屋7.5Hzが東京から撤退して久しいが、朝7時に食べる高井戸系醤油ラーメン、そのものの美味しさ。
 ※高井戸系は鶏ガラスープなので、本質的には違うんですけどね。

クリックすると拡大します

 自家製麺は太麺を合せ、固め仕上げがスープに良く合っています。
 スライスされた豚肩ロースレアチャーシューが二枚、スープに馴染ませながら美味しくいただきます。
 他には板海苔二枚、青ねぎひとつかみ(ここが高井戸系ね)、メンマ数本。
 大阪出身の店舗だけに、潜在意識の中に高井田系が染み込んでいるのだろうか。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 イルミネーションが綺麗なんだけど、写真を撮ると飲食店と人がどうしても映り込んでしまう。
 ま、寒い冬だから仕方ないか。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記