2021年02月05日

朝ラー考

/京都ラーメン 森井 新丸子店@新丸子にて担々麺/

クリックすると拡大します

 遅めの朝は、京都ラーメン 森井 新丸子店@新丸子(川崎市中原区新丸子町)公式ツイッター)へ。
 オープン直後の伺って以来、二回目の訪問になります。
 個人的に、京都ラーメンは朝ラーのイメージが強くて、朝ラーが始まったと知りつつ、やっと伺えました。

クリックすると拡大します

 緊急事態宣言発令に伴い、営業時間が 2021/1/8 から 9:00-20:00
となりました。
 2/7まででしたが、3/7までに延長。緊急事態宣言は短縮される可能性もあるけど、さて。
 他店は稲田堤本店が06:00-20:00、久地店と愛甲石田店が07:00-20:00、向ヶ丘遊園店が09:00-20:00、飯田橋店が11:00-20:00。

クリックすると拡大します

 朝ラーが出勤前の朝食とすると、以前であれば「9時の出勤前」であり、遅くとも8時には食べないと、でした。
 今時は出勤時刻の自由度が高くなり、10時出勤であれば9時スタートでも間に合います。
 メニューに朝限定とかはなく、通常メニューのフルラインナップ。
 各店で販売が開始された担々麺、新丸子店では2021/1/17から販売開始しています。

クリックすると拡大します

 店内に入ってすぐ右手の、タッチパネル式券売機で食券を買います。
 もちろん今日は、限定メニューの担々麺を食べるわけです。
 麺の種類が細麺か太麺から選べるので、太麺。
 麺の硬さがやわらか、ふつう、かためから選べるのでやわらかめ。
 ねぎの量がなし、少なめ、ふつう、多めから選べるのでふつう。

クリックすると拡大します

 朝営業は店長さんのワンオペ、席数は多くないけど厨房と客間をいったりきたりと忙しそう。
 1人帰れば1人来るな客の入りなので、ワンオペでいいけど、多くなったら増員するだろうな。

クリックすると拡大します

 少し待って担々麺900円、好みは太麺、やわらめ、ねぎ量ふつう。
 久地店で頂いた時と麺相が違う気がするけど、気のせいだな。
 スープを飲んでみると、自家製辣油の強い辛味と、挽肉の旨味が支配的な味わい。
 芝麻醤も香ってきますが、かなり押され気味。

クリックすると拡大します

 私は美味しく感じたけど、担々麺を食べ慣れていないと厳しそう(朝だからか。
 非公開の製麺所は細麺が不得意なので(?)、太麺の方がスープに合う気がします。
 トッピングは挽肉と九条ネギ、青梗菜、糸唐辛子、どれもスープによく合います。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夕方からの打ち合わせが延びて、夕飯は食べられず。
 せっかく普段来られない場所に来たので、あんな店とかこんな店とかピックアップしておいたのだけど。
 そう言う日に限って、だな。
posted by ふらわ at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記