2021年02月12日

ひとつひとつ

/名代 富士そば 代々木店にてカレーかつ丼(スープ付)/ひとつひとつ/

クリックすると拡大します

 仕事が忙しいので、朝はコンビニパン、お昼は社内弁当と考えていたら。
 お昼を食べる時間が取れなった。
 出掛ける用事があったので、時間をずらして食べるくらいなら、もう少しずらして夕飯と兼ねるか。

クリックすると拡大します

 ゆで太郎の今月(から)の限定メニューで、富士そばからパクったと公言している「カツカレー丼」。
 パクリ元を食べてみるかと、お昼を食べ損なって立ち寄った名代 富士そば 代々木店公式ホームページ)。
 お店は以前から知っていて、一度くらい立ち寄ったことがあるかも知れません(良く覚えていない)。
 24時間営業だけど、緊急事態宣言中は朝5時から夜8時までの営業時間となります。

クリックすると拡大します

 券売機は店先と店内の2台、店先の方は交通系ICカード対応。
 銀だことコラボした銀だこそばを期間限定で販売中、食べないけど。
 肉骨茶(パクテー)そばを店舗限定で販売中、食べてみたいけど。
 富士そばは蕎麦屋さんですが、1列目はかつ丼とカレー、売れるんだろな。

クリックすると拡大します

 席配置は立ち食いカウンター4席、柱を囲むU字カウンター8席、壁向きカウンターが3席、計15席。
 パーティションが設置され、調味料の醤油と七味唐辛子は各席(?)に用意されています。
 飲食店によっては、ホール担当がお客さんが替わる度に調味料まで清掃されていますが、何せワンオペなので。
 混んでいれば番号で呼ばれますが、一人来れば一人帰るくらいの混み具合、料理名で呼ばれます。

クリックすると拡大します

 少し待って、カレーかつ丼(スープ付)580円
 本家である富士そばのカレーかつ丼は、丸皿に盛り付けられ、スープが付いています。
 スープはワカメとネギの入ったダシスープ、かつ丼に付いているので踏襲しているようです。
 カレーとカツ煮を一緒に食べると、どちらも甘い味付けなので、親和性がとても高く、美味しくいただけます。

クリックすると拡大します

 こちらがゆで太郎のカレーかつ丼540円、現在ゆで太郎はかつ丼祭りで100円引きなので、本来は640円。
 オーバルプレートに盛り付けられ、刻み海苔があしらわれています。
 どちらが好きというか、生活圏にどちらの店舗があるか、で食べ分けるんだろうな。
 わざわざ途中下車したり、交通費を掛けて食べに行く人は少ないでしょう(いないとは思わないけど

クリックすると拡大します

 定年に向けて、ひとつひとつ
 一番大切なことは人によって様々だろうけど、私にとっては健康でいることだろうな。
 健康とは身体だけのことではなく、精神もですけど。
posted by ふらわ at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記