2021年02月28日

第八回波づき貸切会

/北海道らーめん熊源 たまプラーザ店@たまプラーザにて札幌味噌、半チャーハン/第八回波づき貸切会/

クリックすると拡大します

 こんな世の中になっていなければ、
 今日辺りはお鮨やで大好きなお酒を飲みながら歓談できていたのに。
 まま、たらればの話をしていても1ミリも楽しくないですね。

クリックすると拡大します

 お昼は、北海道らーめん熊源 たまプラーザ店@たまプラーザ(横浜市青葉区美しが丘2-16-6)へ。
 市ヶ谷店(2020/5/7-)、下北沢店(2020/11/18-)、北本店(2020/11/23-)に続く4店舗として2021/2/2オープン。
 とはいえ、その4店舗がチェーン店と言うわけでは無く、それぞれが株式会社グラストのライセンス契約店。
 下北沢店は桜月、北本店はワイズ食品の経営とのこと(市ヶ谷店は不明)。

クリックすると拡大します

 立地は、函館ラーメン汐のや(2001-2009/11/31)、らーめん汐そば屋(2009/12/1-2021/1/8)の跡地。
 店先にメニューを網羅したパンフレットが置かれているので、お自由にお持ち帰り下さい。
 店内に入ると一席しか空いていない、、、そんなに流行っているんだ(失礼しました。
 右手壁側の券売機で、食券を買います。

クリックすると拡大します

 券売機の上部に店先に用意されていたパンフレットが、広げて貼り出されています。
 メニューは札幌味噌760円、函館塩710円、旭川醤油710円、辛味噌860円、激辛味噌860円、味噌つけ麺960円。
 サイドメニューは餃子(5個)340円、から揚げ(3個)280円、チャーハン490円。
 飲物も一通り揃っています。

クリックすると拡大します

 見る限りグラフトが展開する味源やひむろなどの味噌ラーメン店の、メニュー構成そのものですね。
 ライセンス契約だから、当たり前と言えば当たり前なんだろうな。
 値段まで合わせているかどうかは分かりませんが、世情に照らし合わせると、安めに設定している印象です。
 
 食券を渡すと「大盛りにしますか」と訊かれますので、「並でお願いします」と応えます。

クリックすると拡大します

 席配置は厨房を囲むL字カウンター9席、1席は壁側に棚があって狭く、実質8席だけ使われています。
 卓上には七味、マヨネーズ、ゆずコショー、おろしニンニク、おろし生姜、海老すりごま、マー油、揚げニンニク、揚げたまねぎ、拉麵胡椒、ホワイトペッパーパウダー。
 調味料以外に点心用と思われる辣油、酢、醤油。
 厨房では大きな中華鍋を振って調理されており、三人の店員さんは厨房とホールを行ったり来たりしています。

クリックすると拡大します

 程なくして札幌味噌760円、カウンター越しではなく回り込んで運んできて下さいました。
 今にも溢れそうなほどのスープはあっさりした飲み口、説明通りに鶏ガラ豚ガラ出汁の味わい。
 日本一を目指すとか、ガツンと強力なパンチを放つとか、売りに来ている方向性とは全く異なり。
 毎日でも飲める味噌汁のような味噌スープ、私は大好きだなぁ。

クリックすると拡大します

 縮れ中太麺は麻生製麺、スープによく合っていますねぇ。
 麺が黄色いのはかん水が多く使われていると思っている人もいるみたいですが。
 かん水を使えば黄色くなるけどここまで黄色くならなくて、着色はクチナシです。
 トッピングは豚チャーシュー、メンマ、ワカメ、長ねぎ。

クリックすると拡大します

 ラーメンを食べていると運ばれてきた、半チャーハン330円
 チャーハンの具は店舗毎に特徴がありますが、こちらではチャーシューの切れ端、溶き卵、ネギなど。
 たまーにドラム状の調理器具で調理する店もありますが、こちらでは中華鍋を振って炒めています。
 なぜ穴あきレンゲが付いてきたのか分からないので、ラーメンのレンゲで頂きます。

クリックすると拡大します

 ご飯の炒め具合は、しっとりでもなくサラサラでもなく、その中間かとも思えない、独特の炒め加減。
 甘めのチャーハンに紅生姜の酸味が良い感じですね。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜の会まで時間があるので、ぶらぶらと過ごす。
 なにもしないのはもったいないと考えていたこともあったけど、今は昔。。

クリックすると拡大します

 やっと予約が取れて、待ちに待った、第八回波づき貸切会
 夜の貸切会は半年ぶり、自身で予約を取らないと誰も誘ってくれないので次も予約しないと。
 いつかはそうなると思っていたので驚かないけど、頑張ります(何を

クリックすると拡大します

 今夜の持ち込み酒。
 神奈川の蔵元である川西屋酒造店が醸す「丹沢山(たんざわさん)」純米吟醸 生酒 雄町 12BY。
 三重の蔵元である福持酒造場が醸す「天下錦(てんかにしき)」特別純米酒 おりがらみ R2BY。
 石川の蔵元である宗玄酒造が醸す「宗玄(そうげん)」純米雄町 無濾過生原酒 30BY、純米吟醸 SILK NOTO 百万石乃白 R2BY。

クリックすると拡大します

 本日のネタ箱。
 夜の会は二部制なので、その一部の会の始まりだけ紹介されるんだけど。
 今は時短営業で二部の会は開催されていません。

クリックすると拡大します

 お通しというか先付けは、レンコンとごまの牛乳豆腐。
 少しでも多くの人にお店を知ってもらいたいので、初参加の人を一人でも二人でも呼ぶようにしています。
 今日の初参加は二人、楽しんでもらえると良いんだけど。

クリックすると拡大します

 赤身と中トロ。
 波づきの鮨は鮪から始まる。
 他にも鮪から始める店がありますが、波づきでは赤身と中トロの食べ合わせから。
 美味しい、今日も美味しい。

クリックすると拡大します

 真鯛塩ポン酢。
 自家製の酢ポン酢で頂く真鯛、日本酒が進みますなぁ。

クリックすると拡大します

 子持ちヤリイカ粒マスタード。
 珍しく大ぶりのつまみ、食べ応えがあるなぁ。

クリックすると拡大します

 高知産本ミル貝。
 鮨じゃなくて刺身、潮の香りというか、潮そのものを感じる一品。

クリックすると拡大します

 料理名が分からないんだけど、小海老と椎茸を擦って卵白でまとめてあります。
 お出汁を柔らかく合わせて、ほんわか頂く料理。

クリックすると拡大します

 若たけ炙り焼き西京みそ。
 焼物の位置付け、焼いていないで炙ってあるけど。
 筍の皮の香りを移した焼き立ての筍の美味しさよ。

クリックすると拡大します

 鮪の油と菜の花のサラダ。
 スッと箸を休ませる野菜サラダ、コースの内容は変わりつつ、変わらない一品。

クリックすると拡大します

 真鱈白子ご飯。
 これまでは奥の調理場で焼いてから持ってきていましたが、今日はまな板の隣で焼いています。
 御飯の量が多い白子、まさに焼き立て、たまらない美味しさ。

クリックすると拡大します

 大トロ。
 江戸前寿司を頑なに守る店主さんは、お寿司は屋台から、にこだわる。
 屋台では刺身皿は使われていなかったんですよね。

クリックすると拡大します

 新潟産のどぐろ。
 最近、のどぐろはのどぐろ煮干しのラーメンスープばかりだったので、刺身は久し振り。
 この濃密な味が堪らないよね、さらに日本酒を飲みます。

クリックすると拡大します

 大分産のほうぼう。
 ホウボウって滅多に食べないけど、結構旨味が強いのね。

クリックすると拡大します

 サワラのホイル焼き。
 諸般の事情からいつもより慌ただしく会が進んでいきますが、手間の掛かる料理が増えている気がする。
 茸やトマト、玉葱も一緒に蒸してあって、色々と鮨屋も考えるねぇ。

クリックすると拡大します

 トリガイ。
 捕れる季節があるから毎回食べられないけど、何度か食べたことがあります。

クリックすると拡大します

 小肌の三つ編み握り。
 久し振りの三つ編み握り、分かる人には分かる久兵衛の編み方、美味しさの三つ編み。

クリックすると拡大します

 赤出汁。
 冷たい料理が続くので、身体を温めるべく出される椀物。
 なんだけど、今日はホイル焼きがあったよね。

クリックすると拡大します

 海老。
 紅色の縞模様がホント鮮やか、いつも通り尻尾まで味わう。

クリックすると拡大します

 サヨリ。
 さっとポン酢を塗り、ちょこっと一味唐辛子。
 旬のサヨリの何と美味しいことよ。

クリックすると拡大します

 烏賊。
 切り方が四角じゃ無くて台形なんだな、酢飯より烏賊をたっぷり楽しめます。
 この辺りから酒が回ってきて、良い感じになってきました。

クリックすると拡大します

 焼きひしおサバ茶づけ。
 「まだまだ出ますので、お持ち帰りを承ります」と声が掛かり、半分位は手を上げていました。
 私は今食べたいし、この流れで食べたいので、美味しくいただきました。

クリックすると拡大します

 雲丹。
 あんまり量が多くてもなぁと思っていましたが。
 食べてみると、多くても美味しいので良いと思ってしまう。

クリックすると拡大します

 焼き穴子。
 もうかなりお腹いっぱいだけど、江戸前鮨には外せない穴子は外せない。

クリックすると拡大します

 トロタク太巻き。
 トロタクを太巻きにして、さらに上にトロタクを乗せてあります。
 ちょこんと醤油を垂らしてあって、もうお腹いっぱい。

クリックすると拡大します

 甘味にコーヒープリン。
 さて、プリンを食べたらお終い、と思ったら、もう一品あるって。
 何かの手違いだったのか、それとも何かのサービスか、不明。

クリックすると拡大します

 卵焼き。
 焼き立てのほっかほかの卵焼き、ここまでの焼き立てを食べたのは初めてかな。
 最後の料理まで美味しくいただき、ご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記