2021年07月31日

冷やし担々麺とは

/らーめん勇志郎製麺研究所@小田急相模原にて冷し担担麺/鶏笑 小田急相模原店にて骨なしミックス(ムネとモモ)L/

クリックすると拡大します

 今日も朝から青天。
 猫の額ほどの庭に除草剤を撒いて、庭の管理の真似事をしたりして。
 それが終わると何かやることがあるわけでは無いので、ラーメンでも食べにいくかと。

クリックすると拡大します

 お昼は、らーめん勇志郎製麺研究所@小田急相模原(相模原市南区東林間)公式ツイッター)へ。
 ボトルキープしていあるので、昼夜構わず飲みに来たいのですが。
 諸般の事情、ではなく、世情の影響から種類の提供を自粛されています。
 てか、「本格焼酎あります」の幟をみて、ひょっとしてと勝手に期待しちゃったよ。

クリックすると拡大します

 店先に色々と貼り出されているので、各自、確認して下さい。
 ラーメン的には、夏季限定でつけ麺、冷し担々麺があるよ、と。

クリックすると拡大します

 券売機にはまだまだ空きがあります。
 目当ての冷し担担麺は最下段、200gが1,000円、100gが700円。
 電子マネー関連に対応されたので、食券を買わずに口頭注文後会計も可能です。
 ま、そこはかとはく私は食券を買うけどね。

クリックすると拡大します

 L字カウンターは3席と3席の6席へ減席されています。
 1人分の区画に箸とか調味料とかティッシュとか詰め込んでいるので、テーブルが狭くなっています。
 まま、この辺りは他のラーメン店でもよく見られますし、仕方の無いところです。
 先客1、後客3。

クリックすると拡大します

 程なくして、冷し担担麺1,000円
 独自解釈のラーメンを提供されていて、ブラインドでは「肉味噌ラーメン?」な麺相。
 鶏ガラベースのスープに芝麻醤を溶かし込み、たっぷりの挽肉の旨味が広がる、冷たく美味しいスープ。
 普段遣いしたい馴染みやすい味わいですが、駅から遠いし、駅も遠いし。

クリックすると拡大します

 自家製麺の細麺、一般的なラーメンが150gから170gですのでやや多め、スープの温度に合っていてとても美味しい。
 トッピングはたっぷりの挽肉、たっぷりの茹でモヤシ、多めの細切りキュウリ、ひとつかみの斜め切り白ネギ。
 各食材の温度を丁寧に合わせてあり、スルスルと食べ進められます。
 冷たいスープなので味変は必要ありませんでしたが、せっかっくなので辣油で辛味付けを。

クリックすると拡大します

 そういえば最近、チャーシューのテイクアウト専門店をオープンされました。
 何度か店先を通るも一度も営業されていないので、「いつやっているの?」と訊いても、良く分からないとのこと。
 新しいお店のオープンも大事だけど、こちらの店のクーラー強化も必要では無いでしょうか。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 帰り際、そう言えばと店先まで行ってみた、鶏笑 小田急相模原店公式ホームページ)。
 座間市相模が丘5丁目1-25に、2021/7/26オープン。
 立地は小田急相模原駅から徒歩二分、場所は上手く説明できません。
 かつて「相模原南区松が枝町17-9」にもありましたが閉店されていて、こちらとの関係は不明です。

クリックすると拡大します

 あちこちでオープンしている唐揚げ専門店。
 持ち帰り専門なので店内飲食スペースは不要ですが、唐揚げを調理する調理器具は必要。
 100万、200万で簡単にオープンできないし、高度な接客は不要とは言え、何人かは野党必要があります。

クリックすると拡大します

 9月まで提供されないメニューもありますが、単品とお弁当の二種類。
 お弁当のからあげ弁当が500円台からのですので、コンビニやお弁当専門店よりやや割高。
 まあ、割高と言っても100円前後ですので、鶏笑の味を気に入っていれば無視できる差額に感じます。
 店内で注文すると、注文が入ってから揚げ始めるので10分は掛かるなと思ったら、2分で提供。
 ちょっと心配。

クリックすると拡大します

 購入したのは骨なしミックス(ムネとモモ)L900円
 帰宅して食べてみると、これが旨い。
 そんなに多くのから揚げ専門店で食べ比べしたわけでは無いけど、一番美味しい。
 美味しいのは鶏肉の肉質なのか、たれなのか、調理方法なのか分からないけど、美味しければいいので。
 ムネも美味しいけど、モモの方が好みだな。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年07月30日

横浜で面接

/ハローワーク/ラーメン豚山 白楽店@白楽にて小ラーメン/

クリックすると拡大します

 今日も今日とてハローワーク。
 求職活動がこんなにも大変だとは思わなかった。
 こんなに大変だと、「いい仕事が無いですねぇ」とずるずる雇用保険を受給しているのも手だな。
 65歳になれば年金がもらえるし、どうしてもなら早めにもらってもいいし。

クリックすると拡大します

 お昼は、ラーメン豚山 白楽店@白楽(横浜市神奈川区白楽)公式ホームページ)(公式ツイッター)へ。
 ラーメン豚山の13店舗目(閉店した東長崎店を入れると14店舗目)として、2020/5/29にオープン。
 残るは荻窪店(2020/8/17)、南船場店(2020/9/14)、神保町店(2021/3/29)、五反田店(2021/6/17)。
 公言されていませんが、直営店とFC店が存在するようです。
 こちらは「10時営業開始」、「メニューに味噌山がない」ことから、FC店のようです。

クリックすると拡大します

 店内に入って左手の券売機、ラーメン豚山で見慣れた券売機、なんだけど、ちょっと違和感。
 他店ではラーメン、ぶた、ぶたダブルの順番で並んでいるのに、ぶた、ラーメン、ぶたダブルの順番。
 調べた限りでは白楽店だけ順番が異なります、、なぜ変える必要がある?
 また、味噌山が無い、豚こまキムチがある、などの特徴があります。

クリックすると拡大します

 店内は厨房を囲むL字カウンター8席と4席の12席。
 各席はパーティションで仕切られていますが、ラーメン豚山はチェーン店なのに全店で統一していないパーティション。
 チェーン店と言っても、色々な考え方がありますね。
 席に着いたら店員さんに「麺柔らかめで」と添えて食券を渡します。

クリックすると拡大します

 お冷やはセルフサービス、給水器は店内奥に1カ所しかありません。
 先客2人、後客4人。
 卓上に調味料は、ブラックペッパーグラウンド、ホワイトペッパーパウダー、ラーメンのタレ、一味、酢。

クリックすると拡大します

 麺が茹で上がると「ニンニク入れますか?」と訊かれるので、「ニンニク、ヤサイ、アレ」と淀みなく答えます。
 少し待って、小ラーメン780円
 「アレ」は各店舗で異なる無料トッピングであり、白楽店の本日の無料トッピングは刻みタマネギ。

クリックすると拡大します

 刻みタマネギは添えるのでは無く、ゆで野菜の上に乗せられています。
 ラーメン二郎及びラーメン二郎インスパイア系ではゆで野菜から食べることになります。
 麺が見えないほど茹で野菜がトッピングされてはいますが、裾野のスープに使っている部分から食べます。
 スープは乳化が低めで、醤油たれを強く感じ、豚山らしい美味しい味わいです。

クリックすると拡大します

 四之宮商店の平打太麺は柔らかめでも芯を感じ、麺固め好きが多い横浜のラーメンフリーク向け。
 茹で野菜はモヤシ7にキャベツ3の割合で、茹で加減は短め、
 咀嚼力の落ちた私のような高齢者は少々苦戦、まま、ゆっくり食べれば麺が伸びて食べやすくなる。
 ブタは僅かにパサパサした食感で、そのまま食べるよりスープを染み込ませると美味しい。

クリックすると拡大します

 味変の必要性は特に感じませんが、やってみなければ分からないこともある。
 ブラックペッパーと一味をパパッと振り掛けて食べてみると、まま、そういう味になるよね的な。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 他店がどうだったかハッキリ覚えていないけど。
 出口近くに爪楊枝とヘアゴムが用意されているのは、こちらだけのような。
 店内や卓上の広さに応じて、どこに用意するか変えているのだろう。

クリックすると拡大します

 せっかく白楽に来たからもう一杯、とか出来ないお年頃。
 若い頃は、なんであんなに食べられたんだろうか。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2021年07月29日

定年退職

/鰻丼/定年退職/立川たんぎょう菜花@立川にてたんぎょうセット/晩酌/

クリックすると拡大します

 朝は自宅で鰻丼
 土用丑の日の昨日に食べられなかったので、今朝食べました。
 どこで食べる鰻より、女房がスーパーで買ってきた鰻が一番美味しい。

クリックすると拡大します

 定年退職
 会社(企業)によって異なるだろうけど、当社(ってもう退職しているけど)では60歳の誕生日が定年退職日。
 引き留めもあるし、引き抜きもあるし、継続雇用もあるけど。
 人生に疲れたので、少し休ませてくれませんか。

クリックすると拡大します

 お昼は、立川たんぎょう菜花@立川(立川市錦町)公式ツイッター)へ。
 立川らーめんたま館(やかた)に、2021/4/29オープン。
 鏡花プロデュース(新ブランド)なので、菜「花」なのだろうか。
 世に蔓延る「地名+タンメン」ではなく、「地名+たんぎょう」の命名が「単なるタンメンでは無いのだよ」の意志を感じます。

クリックすると拡大します

 たま館には四店舗が入っていて、他は煮干鰮らーめん圓、立川マシマシ、麺処井の庄。
 立川たんぎょう菜花は入って左側、世情の影響を受けて衝立が立ててありますが、オープンカウンター。

クリックすると拡大します

 メニューはたんめん850円、ちゃんぽん950円、チャーシュー入りたんめん950円、塩野菜つけたんめん1,000円。
 サイドメニューに餃子(3個)450円、5個600円。
 ですが、強力にたんぎょうセット950円、ちゃんぎょうセット1,400円を推しています。

クリックすると拡大します

 席構成は厨房に面したL字カウンター1席と9席の10席。
 「こちらへどうぞ」とお冷やを置かれた席に座ります。

クリックすると拡大します

 入口にもアルコール消毒が用意されていましたが、テーブルにもあります。
 調味料の胡椒と酢はお店側で保管され、必要に応じて声を掛けるスタイル。
 目の前の調理場から聞こえてくる中華鍋を振る音、この音もタンメンの味のうちだと思っています。

クリックすると拡大します

 程なくして先にたんぎょうセット950円、ちゃんと二つが乗るサイズのお盆。
 持論ですが、ラーメンは麺料理ですので麺が主役でスープは脇役、タンメンは野菜が主役、麺が脇役。
 タンメンは野菜の種類、炒めるか煮込むか、塩味が醤油味か、辛味の加減などと個性豊かな。
 こちらは、野菜は軽く煮込む、たれは塩、辛味は少し、の組み合わせ。
 野菜の殆どがキャベツで残りがモヤシ、シャキシャキ感を残しつつ、スープの旨味を染みていて、とても美味しい。
 とはいえ、なんだかんだ言ってスープの味がタンメンの味を決めてしまいます。
 豚清湯スープの美味しさこそが、このたんめんの美味しさ。

クリックすると拡大します

 合わせる麺は、固め仕上げの細麺は三河屋製麺。
 食べ始めはボソボソ感が残っていますが、スープに馴染むにつれて、どんどん美味しくなっていきます。
 途中から辛味を合わせるのも面白いとは思いますが、辛味は程々で食べ切るのも悪くありません。
 まー、この辺りは好みなのでしょう。

クリックすると拡大します

 たんぎょうの餃子は三つ。
 聞くところによると、三河屋製麺初の餃子の皮とのことですが、以前に他店で食べたことがあります。
 厚めの皮はたれ不要とありましたが、せっかく用意されているので付けると美味しい。

クリックすると拡大します

 これでたんめんはクリア、ちゃんぽんとつけ麺も食べないと未食扱い?
 いやいや立川は遠いよ、交通費も掛かるし。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 その後、病院に行って、主治医から話を聞く。
 人生、長く生きていれば色々あるさ。

クリックすると拡大します

 晩酌
 石川の蔵元である宗玄酒造が醸す「宗玄 純米雄町(そうげん じゅんまいおまち)」純米酒 無濾過生原酒 30BY。
 能登半島最古の蔵元である宗玄酒造、十数年ぶりに復活した雄町米を使った純米酒の初年度版。
 初年度に発売されて直ぐに購入、自宅冷蔵庫で「今日」まで寝かせていました。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記