2021年09月10日

特製ジャージャー麺

/横浜家系ラーメン藤之家@秦野市にて特製ジャージャー麺、餃子3つ/

クリックすると拡大します

 今日も今日とて通院の付き添い。
 10時半の予約だったので、押しに押して診察が始まったのは12時半。
 本日オープン予定のラーメン店へ伺う予定が、ガラガラと音を立てて崩れていく。
 帰宅できたのは15時近く、さて、どうしたものか。

クリックすると拡大します

 早めの夕飯は、横浜家系ラーメン藤之家@秦野市公式インスタグラム)へ。

 お店の前を通り掛かっていたら入店するお客さんが多く、私のように目的来店する人は少ないと思いますが。
 現在の営業時間は、11:00-15:15 17:00-20:00、月曜定休。
 ということで、30分ほど近くの公園で時間を潰してからの訪問です。

クリックすると拡大します

 今日は、9/1から期間限定販売、1日10食の限定メニュー狙いで。
 って、1日10食は未チェックでしたが、無事に販売されていました。
 買った食券を店員さんに渡すと、「ライスは食べ放題ですので、ご自由に」と案内されます。
 逆に言えば、限定メニューは麺の茹で加減を調整できないようです。

クリックすると拡大します

 ライスは入口近くの保温ジャーから好きなだけよそります。
 「ライス食べ放題」は、その言葉通りに「何杯でもお代わりしていい」とも読めます。
 そういうお客さんが実際にいるようで、保温ジャーの上には「1人お茶碗1杯まで」と張り紙があります。
 前は無かったような気がしますが、自信の記憶が一番当てにならない。

クリックすると拡大します

 少し待って、特製ジャージャー麺750円、餃子3つ210円
 茹で上げた麺を冷水で締めてから醤油たれの上に乗せ、麺の上に肉味噌、斜め切りネギ、細切りキュウリ、味玉。
 全体に黒胡椒が振られていて、斜め切りネギはゴマ油で和えてあります。
 ジャージャー麺って全体を軽く和えて食べることが多いけど、ここはひとつ、全体をよく混ぜてから頂きます。

クリックすると拡大します

 麻生製麺の縮れ中細麺、少し混ぜると肉味噌が良く馴染み、とても美味しくいただけます。
 肉味噌には筍、椎茸が入っていると説明されていますが、生姜も感じられます。
 サンプル写真では白髪ねぎですが、提供されたネギは斜め切り。
 キュウリと共にとても美味しい。

クリックすると拡大します

 餃子は醤油と酢を上から掛けて、奥から頂きます。
 餡とか皮とか良く分からないけど、大抵の餃子は美味しくいただけます。
 ラーメンと一緒に提供された場合はラーメンから先に食べるので、少し冷めてしまっています。
 だからといって餃子から食べたら、ラーメンが冷めちゃうしな。

クリックすると拡大します

 ご飯は塩ゴマを振って用意しました。
 このまま食べるつもりで塩ゴマを振ったんだけど、ジャージャー麺を食べていると、肉味噌が余りそう。
 説明ポップには「ご飯にも相性抜群」とあったので、残った肉味噌を掛けて食べる作戦に変更。

クリックすると拡大します

 麺を食べきって残った肉味噌を、全体に乗せます。
 まあ、醤油たれと肉味噌をご飯に乗せて食べたら、美味しいに決まっているけど、美味しい。
 綺麗に食べ終わったのに、食べ終わった食器を撮るのを忘れてしまいました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 ずっと続いていた雨が急に上がって夏日。
 暑くなったり寒くなったりで、秋が深まっていく。

ヒメジョオン
 ヒメジョオン
 CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 94mm / Close-up(F5.6、1/250秒、±0EV) / ISO 200
 群生しているヒメジョオンを撮るとき、どのアングルから撮ったら一番綺麗かを悩むのが楽しい。
 結果、撮れた一枚が一番綺麗では無かったとしても。
 大切なのは、撮ろうとする気持ち(撮れないことの負け惜しみ)

ひとやすみする蜻蛉
 ひとやすみする蜻蛉
 CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 240mm / Fv(F10、1/250秒、±0EV) / ISO 800
 沢山の蜻蛉が飛んでいて、まだまだ飛行中の蜻蛉は撮れないので、停まるまで待つ。
 蜻蛉の種類も調べないとなぁ。

夕暮れ前
 夕暮れ前
 CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 24mm / Auto(F11、1/500秒、±0EV) / ISO 100
 ほぼ逆光の夕暮れ前でも、オーバーせずにキッチリ撮れる。
 写真は腕じゃ無くて機材、ってことだ(私の場合
posted by ふらわ at 21:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記