2021年09月20日

イソゲンで焼肉

/元祖ニュータンタンメン本舗(イソゲン)相模原店にて牛サービスセット、つけタン、ニラ/らーめん たきび@上溝がオープン準備中/

クリックすると拡大します

 今日も今日とて自宅待機、じゃなくて、今日は敬老の日でお休み。
 天気が好転したので、朝ご飯を食べ終わったら庭に除草剤を撒きます。
 猫の額ほどの庭だけど、定年退職ジジイが除草剤を撒くと30分は掛かる。

クリックすると拡大します

 庭の世話をし始めた頃は、高級除草剤であるラウンドアップを使っていました。
 もちろんもの凄く効くけど、値段が高いから、途中からホームセンターのPB製品に切り替えてみました。
 普通に効くじゃん、、じゃ、こっちにしよっと、で長く使っている。
 もっと安くて、もっと効くのがあるかも知れないけど、特にこだわっていません。

クリックすると拡大します

 一通り撒き終わって、一息入れて、ラーメンでも食べに行くかと。
 相模原への行き方は幾つかあるけど、今日は国道を出来るだけ通らないルートで。
 多めに信号に引っかかるけど、ま、慌てていないし。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、元祖ニュータンタンメン本舗(イソゲン)相模原店@相模原市中央区横山公式ホームページ)(公式ツイッター)へ。
 一昨年の2019/9/2オープン、の直後に伺って以来、二度目の訪問。
 「いつか焼き肉を食べたい」「焼き肉を食べるならビールも」と狙っていたら、二年経ってしまいました。
 店員さんに「1人ですが焼肉は食べられますか?」と訊ねると、「大丈夫です、お2階どうぞ」と。

クリックすると拡大します

 初めて2階に上がりましたが、テーブル席だけなんですね。
 手前から4人掛け、店内中央に4人掛けが2卓、窓側に6人掛けが2卓、奥に1卓。
 「今日が祝日で良かったです。平日は17時からなんです」と。
 全く知らなかった私。

クリックすると拡大します

 奥側で日陰の席を案内されます。
 直ぐに「こちらはたれです。メニューが決まったらお呼び下さい」と説明されます。
 たれは特製醤油たれ、レモン、おろしニンニク、味噌たれ。

クリックすると拡大します

 イソゲンで焼肉を提供しているのは、この店舗以外に京町本店と川越店しか知りません。
 レギュラーメニューは牛と豚、つくねやソーセージなども用意されています。
 牛は、仙台厚切り牛タン780円、中落ちカルビ680円、人気のハラミ680円、牛サービスセット1,980円。
 豚は、三元豚カルビ380円、熟成やわらかハラミ380円、とろ旨シロコロ380円、豚サービスセット980円。

クリックすると拡大します

 ホワイトボードには、トントロ380円、シマチョウ500円、上ミノ680円、せせり380円、国産牛生レバー680円。
 生レバーにはグッと胸ぐらを掴まれましたが、いったんはスルー。

クリックすると拡大します

 少しして牛サービスセット1,980円、奥からカルビ、牛タン、ハラミ。
 三人前との説明ですが、それは置いといて、このポーションでこの値段はかなりのお得感。
 いやいや、最近焼肉屋に行かないから、テンション上がっちゃって。

クリックすると拡大します

 最初は一枚ずつ焼いて、その後は食べるペースに合わせて一枚ずつ乗せていきます。
 金網が新品同様、ってのはいいとしても。
 ロースターまでも新品同様ってのは、清掃が行き届いているとは言え、余り使われていない印象。

クリックすると拡大します

 仙台厚切り牛タン、良く焼き。
 食べにくいほど厚切りですが、隠し包丁が入っているのでとても食べやすいです。
 大抵は日本酒と共に流し込んでいる焼肉、ノーアルコールでもとても美味しい。

クリックすると拡大します

 人気のハラミ、良く焼き。
 少し焦げ目が付くほど焼いて、おろしニンニクを溶かした特製醤油たれたっぷりと食べて食べる。
 旨い、ハラミってこんなに旨かったのか。

クリックすると拡大します

 焼肉を食べ終わって、追加注文をグッと我慢してラーメンを。
 公式ホームページでは全店舗で販売している体ですが、実際には数店でしか販売されていないつけタン。
 1玉と1.5玉が900円、半玉増える毎に100円増し。

クリックすると拡大します

 辛さは2種類あって、全店共通の王道のメチャ辛と、相模原店限定の裏メチャ辛。
 何が違うのか訊ねると、「王道の、は辛さ増しにするとザラザラするだけなので。裏は王道とは異なる唐辛子です」とのこと。
 鬼辛で使われている唐辛子はまた別の唐辛子。

クリックすると拡大します

 2周年記念で、ライスかトッピングがサービスされます。
 ライスの場合は、普通か半。
 トッピングの場合は200円以下。

クリックすると拡大します

 トッピングの殆どは200円以下です。
 200円を超えるのは具ダブル350円、チャーシュー300円だけ。
 【メモ】卓上の調味料は、一味、辣油、酢、醤油、塩、胡椒。

クリックすると拡大します

 少し待って、つけタン(1玉)900円、ニラ150円(サービス)、裏2メチャ辛50円
 ラーメン丼につけ汁が注がれていて、麺は何かのご飯丼。
 ニラは後乗せですね。
 一般的なつけ麺はつけ汁の味が濃いめに調整されていますが、こちらではそうでもなく。

クリックすると拡大します

 つるんとした平打中太麺を浸けて食べてみると、うんまい。
 久し振りに食べるイソゲンのスープは、旨いなぁ。
 裏2メチャ辛はサラッとした辛さで、かなり辛い。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 先の店から壱発ラーメン相模原店を過ぎたところに、オープン準備中のお店があります。
 らーめん たきび@上溝公式ツイッター)(公式インスタグラム)。
 相模原市中央区横山4-24-12 ※熱血らーめん 遊びじゃネェんだよ!の跡地
 10/1オープンですが、その日は予定が入っていて伺えないんだよな。

ドングリが実っていた
 ドングリが実っていた
 CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 55mm / Auto(F5、1/125秒、±0EV) / ISO 100
 花は見ていないけど、実がなっていた

ドングリが落ちていた
 ドングリが落ちていた
 CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 24mm / Auto(F4.5、1/60秒、±0EV) / ISO 2000
 ふと足元から音がしたので、そのままカメラを下に向けて撮る。
 構図も光線も何にも無い。
posted by ふらわ at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記