2021年09月27日

上野で飲む

/世田谷中華そば祖師谷七丁目食堂@祖師ヶ谷大蔵にて鴨雲呑中華そば黒/鳥道酒場にて白レバー刺し、明太子入り厚焼き玉子などなど/

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、世田谷中華そば祖師谷七丁目食堂@祖師ヶ谷大蔵(世田谷区祖師谷)公式ツイッター)へ。
 限定メニューばかりだとアレなので、限定告知が無い日(店主がいない日)狙いで、伺いました。
 平日の13時過ぎに到着すると6人待ち、限定メニューが無くても外待ちがあるんだ。
 しばらく店先で並んでいると、暖簾の隙間から「あれっ、ふらわさんじゃないの?」と聞き慣れた声が。

クリックすると拡大します

 店内に入り、券売機で食券を買います。
 メニューは醤油味の「世田谷中華そば600円」、塩味の「祖師谷塩そば700円」、限定らーめん。
 ご飯物は魯肉飯300円、柴崎亭の焼豚丼350円。
 飲み物はビール500円。

クリックすると拡大します

 お客さんの帰る順番を見て、ああ、あそこの席かなと構えていると、「ふらわさん、こちらへ」と案内されます。
 席に着くと、直ぐにお冷やが運ばれてきます。
 卓上には味変絡みの調味料は用意されておらず、潔いかと思えば、本店にはブラックペッパーが置かれているし。
 夜営業のとんかつ屋の話をしていたら、ラーメンが出来上がってきました。

クリックすると拡大します

 程なくして、鴨雲呑中華そば黒900円
 特製とは名乗っていませんが、麺が見えないほどのトッピング、チャーシューが大きいし、ワンタンは多いし。
 スープは(柴崎亭がカツオだしに対して)いりこだし、出汁加減、スープ温度、すっきり感、どれも大好き。
 美味しいスープは沢山あるけど、好きなスープはとても少ない。

クリックすると拡大します

 ラーメンは麺から食べることにしていますが、ここまで雲呑が多いとそうもいかない。
 皮で食べさせる雲呑では無く、餡で食べさせる雲呑は鴨肉100%。
 鴨肉を雲呑として食べるのは初めてですが、とても美味しい雲呑。
 しかも2個、3個じゃなくて5個、黒胡椒が振り掛けられ、ラーメンの最後まで楽しめます。

クリックすると拡大します

 細麺は安心安定の田村製麺、スープによく合っていますねぇ。
 トッピングを奢らなければ、たったの600円でこの麺とスープが味わえます。
 チャーシューは提供直前に炭火で炙ってあって二枚も、太めのメンマ、茹でほうれん草。
 茹でほうれん草も結構美味しくて、可能ならば増やしたいほど。

クリックすると拡大します

 食べ終わっても外待ちがある状況で、つまりそれは、いつ来ても並ぶってことだな。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は鳥道酒場(とりみちさかば)、店先の看板には「上野六丁目店」とあります。
 まだまだ夜の帳ですが、店先のテラス席にもお客さんがはみ出ていて、正面から店構えを撮るのは自粛しました。
 楽しく飲んでいるときに見ず知らずの人にカメラ向けられて、気分がいい人はいないでしょう。

クリックすると拡大します

 店員さんに予約の旨を告げると、二階席を案内されます。
 二階に上がると、空いている席が見つけられないほど混み合っています。
 店員さんを見つけて、改めて予約の旨を告げ、空いている席に案内されました。
 先ずはビール、生ビール中390円でガチンとジョッキをぶつけて乾杯。

クリックすると拡大します

 ビールを頼んでおいてから、メニューを確認します。
 二つ折りのメニューなので、二つ折りにして紹介するべきところ、最初と最後を一緒に紹介してしまうことをご了承ください。
 トップはレモンサワーフェア、続けて梅サワーフェア、サワー。
 レモンサワー300円、続いて生レモンサワー400円。
 日本酒は豪快、一ノ蔵、八海山と有名どころが並んでいます。

クリックすると拡大します

 ハイボールは角ハイボール390円から、お疲れ様ハイボール350円、濃い目ハイボール590円、山崎ハイボール680円など。
 ホッピー、バイスサワーも抜かりなく、ワイン、カクテル、マッコリ、焼酎、ジャパニーズジンまで揃っています。
 焼酎はグラス売りだけでは無く、ボトル売りも用意されています。

クリックすると拡大します

 料理は焼き鳥から紹介されていますが、「焼き鳥」ではなく「串焼き」と表記されています。
 全品100円なんですね、盛り合わせにするとお得になります。
 餃子は鶏餃子、豚餃子と2種類、チーズタッカルビ。
 ご飯物のお茶漬けはよく見かけますが、焼きそば、キムチ炒飯もあります。
 デザートは抹茶アイスとバニラアイスのみ。

クリックすると拡大します

 サラダ、刺身、揚げ物、一品物、魚介、玉子焼き。
 玉子焼きは5種類(出汁、岩のり、オクラ入り、明太子入り、チーズ入り)も揃っています。
 全品1,000円以下で、平均価格帯は500円以下の印象です。
 書き込みや貼り付けがなくて、とても綺麗なメニュー。

クリックすると拡大します

 おすすめメニューは一枚、店内の短冊はチェックし切れていません。
 私は大抵、食べたいメニューよりおすすめメニューから何品か選ぶことが多く、今日もそのノリで。
 大衆居酒屋と思われる居酒屋で飲むのは久し振りなので、コスパは良く分かりません。

クリックすると拡大します

 ということで、一品目はカツオのたたきぽん酢528円。
 厚めに切られたカツオにさっぱりしたぽん酢掛けられ、白ねぎ、青ねぎ、赤唐辛子があしらわれています。
 とても美味しいお刺身で、生ビールにピッタリ、いいですなぁ。

クリックすると拡大します

 友人が頼んだ、もつ煮込み390円。
 もつ煮って濃い味付けの印象でしたが、塩味ベースにすればあっさりしていてとても食べやすい。
 もつは煮込みすぎておらず、歯応えがしっかり残っていて、とても美味しい。

クリックすると拡大します

 串焼きは「お店おすすめ」の串焼き盛り合わせ490円、塩とたれが選べるので、たれで。
 バラ、鶏レバー、ネギマ、鶏もも、砂肝、一串100円ですので、10円もお得です。
 焼き鳥の味付けで塩とたれが選べる場合、私は「お店の味」を知りたくてたれを選ぶことが多い。
 こちらのたれは(これまでの料理から推測できる)あっさり味で、食べ疲れしない美味しさ。

クリックすると拡大します

 メニューで赤推しされていた、白レバー刺し490円
 「安心安定の低温調理」とあり、生食ではありません。
 ネギ油とにんにくで迷いましたが、迷ったら両方。
 ねっとりとした食感に奥深い美味しさ、そろそろ日本酒を飲まなければならない心持ち。

クリックすると拡大します

 日本酒は大衆居酒屋向けの銘柄が揃っています。
 一ノ蔵、八海山、美少年、真澄、久保田 千寿、獺祭50,花の舞 日本刀、久保田 萬寿。
 片っ端から飲みたいけれど、今夜は久保田 萬寿1,500円を口切りに、一ノ蔵690円、真澄790円。
 値段は一合、料理の値段から考えると少し割高に思えるけど、日本酒の応援は欠かせない。

クリックすると拡大します

 メニューにあるなら頼むでしょ、の、刺身の三点盛り990円。
 タコ、マグロ、サーモンの厚みのある刺身、葉っぱの型押しされた山葵を溶かして、山葵醤油で。
 盛り付けが雑多な店内の雰囲気とは全く想像できず、しばらく見入ってしまいます。
 この店の料理で最高価格の一品、レモンの使い方が謎ですが、日本酒に合う味わい。

クリックすると拡大します

 馬刺しユッケ690円。
 細めに刻んだ馬刺しを多めに盛り付け、あっさりめのたれ、万ネギ、卵黄、糸唐辛子を乗せています。
 馬刺しの解凍がちょっとアレですけど、そこはそれ、醤油を掛けて味変、良い感じです。
 ずっと日本酒を飲み続けているけど、飲み飽きない銘柄、ちゃんとセレクトしているんですね。

クリックすると拡大します

 とはいえ、美味しい美味しいと飲んでいると後が大変なので、お冷やを頂きます。
 店内は入店したときからずっと満席で、まあ、お店は地下から3階まであるので、どこかには座れるんだろうけど。
 見渡した感じ、圧倒的に30歳前後、やや前気味の客層で、「若い人は飲まない」って本当なんだろうか。
 細かく観察はしていないけど、一杯二杯だけ飲んで、声を荒げているだけなのだろうか。

クリックすると拡大します

 続けて、お新香盛り合わせ390円、長芋のわさび漬け390円。
 お新香はまあ一般的に感じましたが、長芋のわさび漬けはメチャうま。
 サクサクとした食感にピリッとした山葵の辛さが走り、改めてお酒を飲んでしまいそう。
 他で食べたこと無いなぁ、このお店オリジナルなのだろうか。

クリックすると拡大します

 〆に明太子入り厚焼き玉子590円
 ご飯物を食べられるのは若いウチだけで、コースに入っていればともかく、選べるならご飯物以外で。
 ニラ入りの厚焼き玉子で明太子を包んであって、これがまた美味しい。
 美味しい料理、美味しいお酒をご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記