2021年10月28日

和牛炭火焼き

/ONIQUE TOKYOにて和牛炭火焼き/

クリックすると拡大します

 お誘い頂き、今夜はONIQUE TOKYOへ。
 前回会ったのはコロナ禍前だったので、一年、いや、二年ぶりになります。
 私の友達の中で一番の喋らない人、それでもたまに誘ってくれて、ありがたいことです。
 お店はビルの8階で、さぞや夜景が綺麗だとエレベーターで登ります。

クリックすると拡大します

 お店は入ったとき半分くらいだったお客さん、次々と入ってきて、あっという間に満席。
 店の立地から考えると、「おっ、良い店があるじゃん」ってドアを開けるお客さんは皆無。
 思い思いの友達と、焼肉食べにいこうよと三々五々、予約してから来店されています。
 ちなみに夜景はあんまり、いや殆ど見えません。
 そもそも気の置けない友人と食事を楽しんでいるので、夜景を見ている余裕はありません。

クリックすると拡大します

 まずはスパークリングワインで乾杯。
 シャンパーニュでも良かったんだけど、しっかり飲みたい夜はワインから。
 ペルルは抑えめですが、しっかりとした葡萄感。

クリックすると拡大します

 アミューズに、タンバーガー。
 タンバーガーとは焼いたパンを茹でたタンで挟んだ料理、付け合わせは紫芋。
 タンの柔らかさとパンの歯応えが織りなすふかふかのカーペット、どこにも紹介されてなかったけど。
 フレンチは滅多に食べないので、どこかで出している料理かと訊くと、オリジナルとのこと。

クリックすると拡大します

 T Entree(アントレ:前菜)
 牛ハツのテリーゼ(?)、牛のハツを湯引きしてニンニクやトマト、タマネギを合わせ、柚子で香り付け。
 ミニメンチカツは、トリュフで香り付けしたマッシュポテトに乗せられています。
 横に長いお皿は写真を撮りにくいけど、、、そんなことはどうでもいいこと。

クリックすると拡大します

 U ONIQUEサラダ
 グリーンアスパラ、安納芋、グリルレタス、ルッコラを和牛で包んで生春巻き仕立てとしたサラダ。
 ソースは赤いのがビーツと和牛だし、(写真では見えないけど)黄色いのが黄色ニンジンベースのと2種類。
 縁に添えてあるのが青森県産野辺地かぶ、全体に掛けてあるのが削った自家製の生ハム。
 この料理をサラダと言うんだ、、かつて「焼野菜」と称されていた餃子と狙いは同じだな。

クリックすると拡大します

 ここで、赤ワイン。
 Seguin-Manuel Bourgogne Pinot Noir(セガン・マニュエル ブルゴーニュ ピノ・ノワール)赤 フランス ブルゴーニュ 2019。
 「軽めの赤を」とお願いして選んでもらったブルゴーニュの赤、サラダによく合いますね。
 料理に合わせられるかどうかはソムリエかどうかとは関係ないのかな。
 それともソムリエ資格を持っていて言わないだけかな(私が気が付かなかっただけかな)。

クリックすると拡大します

 V 生肉の三点盛り
 和牛ハラミの醤油漬け、焼肉にせずに生肉に醤油なんだ。
 サーロインのユッケ、中に野沢菜漬け、上から花穂、トリュフで香り付けした卵黄ソースを掛けてあります。
 内モモの握り寿司、赤紫蘇をベースに作った西洋山葵を乗せ、九州醤油を塗ってあります。
 一口目で無口、二口目でも無口、お寿司を食べるときは笑ってしまう2人。

クリックすると拡大します

 W 和牛椀
 和牛を合わせた百合根と銀杏の茶碗蒸し、芽ネギや花穂のほんのり苦味が甘さや旨味よく合います。
 って、ここに来て、このコースは全品が和牛で、魚とか茸は出てこないんだなと気が付く。

クリックすると拡大します

 コースメニューを見ると、次が焼肉なので、「しっかりめの赤を」とお願いして。
 Silenus Merlot(サイレーナス メルロー)赤 アメリカ ナパ 2016。
 ここのところアメリカのワインをよく飲みますが、そのどれもが素晴らしく。
 今日のメルローも素晴らしい味わい、近所の酒屋に売っていないかなぁ。

クリックすると拡大します

 これから炭火焼きする肉を、焼く前に見せて下さいます。
 シャトーブリアン、今日の牛は茨城牛とのこと。
 こんなにカットが綺麗なんだ、これで二人前ね。

クリックすると拡大します

 炭火の焼き台はちょっと遠いので、かなり上手く撮れなかったけど、雰囲気だけ。
 焼き鳥や魚のように、鉄串を刺して炭火焼きする牛肉を見るのは初めて。
 なんか今日は初めてばかりですけど、フレンチ自体が相当久し振りだからな。

クリックすると拡大します

 X シャトーブリアンの炭焼き
 焼き加減は特に訊かれませんでしたが、今夜はミディアムレアで焼き上げてあります。
 添えられた調味料は、北海道産の山わさび(西洋山葵)、山形の赤ワイン塩、山口の龍神乃鹽(りゅうじんのしお)。
 ナイフとフォークで切り分け、どの調味料を付けてもお肉の旨味を最大限に引き立てます。

クリックすると拡大します

 Y réparation(修復:口直し)
 アルコール分を飛ばしたシャンパンゼリー、柚子のシャーベット。
 この並びにシャーベットとは、とても面白い。
 全メニューが牛肉仕立てだとどうしても味に飽きるけど、シャーベットを挟むと気持ちが切り替わります。

クリックすると拡大します

 Z 和牛テール出汁のしゃぶしゃぶとしゃぶスキ
 しゃぶしゃぶする牛肉の部位は日によって変わるそうで、今夜はイチボとカメノコ。
 テーブルコンロも気持ちオシャレ、和牛テール出汁のスープが煮立ったら、お肉を数秒くぐらせて。
 そのスープに自家製胡椒を合わせても良し、出汁と卵黄で頂いても良し。
 時々、葱で味を切って食べると、いくらでも食べられます。

クリックすると拡大します

 この左と真ん中がイチボ、右がカメノコ。
 薄くスライスしているとは言え、こんなに大きいのを一口で食べてしまうんですな。
 さらにこんな希少部位をしゃぶしゃぶ出来るなんて、持つべき物は友、こんなお店に誘ってくれる友達。

クリックすると拡大します

 まるでピントがあっていませんので、(いつも通りに)雰囲気だけ。
 しゃぶしゃぶだから一口で食べるのよね、どんなに勿体なくても。

クリックすると拡大します

 まるでピントがあっていませんので、(いつも通りに)雰囲気だけ。
 しゃぶしゃぶだから一口で食べるのよね、卵黄との相性は世界最強ですな。

クリックすると拡大します

 続けてロゼではなく白を頂きます。
 Domaine Michel Ripoche Muscadet Sevre et Maine sur Lie Les Sensannieres(ドメーヌ・ミシェル・リポッシュ ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・シュール・リー レ・サンソニエール)白 フランス ロワール 2019。
 食後にマールを、と思っていたけど、白が最後になりました。

クリックすると拡大します

 [ 和牛テール出汁の土鍋ご飯。
 当たり前だけど、土鍋も和牛なのですよ。
 パクチーが入りますが、と訊かれ、問題ないと応えたので、たっぷり。

クリックすると拡大します

 今日は店員さんがよそってくれます。
 そのまま食べてもいいけど、山椒を合わせてもいいし、しゃぶしゃぶで残った卵黄を合わせても良い。
 我々世代にぴったりなご飯量、ありがたいことです。

クリックすると拡大します

 \ dernier(最後:デザート)
 流石にデザートには和牛は使われていませんでした。
 それにしても初めての料理ばかりで驚きました。
 最近のフレンチは、こんな料理ばかりなんだ、一品目から感動しっぱなし。
 美味しくいただきご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 新宿駅に着いたらロマンスカーが待っていたので、気が付いたら乗っていた私。
 お金が無くてお昼はコンビニ弁当でも、ロマンスカー代は払ってしまう私。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年10月27日

初めての海鮮こぼれ寿司

/鮮魚と釜飯のお店 魚義にて海鮮こぼれ寿司/

クリックすると拡大します

 夜は鮮魚と釜飯のお店 魚義へ。
 人出が多く、すっかり日常が戻ってきたと言われている夜の町。
 夜に飲み歩かないので、これが日常なんだと言われて、初めて知りました。
 戸を開けると1階のカウンター席は満席で、奥の階段を登って2階へ。

クリックすると拡大します

 2階は個室のみ、大の大人が四人では狭いけど、二人なら十分の広さ。
 とはいえ、「初めまして」の人とは厳しそうですね。
 今夜は三田で2人お疲れ様会、ふー、生ビールが今夜もうまい。
 付き出しはヒジキ煮、エンガワユッケ、松前漬け、どれもがビールに合う合う。

クリックすると拡大します

 ビールが飲み終わったら日本酒。
 レギュラーとして16種類揃っていて、厳選として5種類用意されています。
 ということで、今夜は而今(半合700円)からスタート。
 特別純米の美味しさ、口切りの相応しい一杯。

クリックすると拡大します

 刺し盛りが出来上がってくる前に、ホタルイカの沖漬け490円
 而今の特純に合わせたつもりでしたが、これがよく合ってとても美味しい。
 ホントはお店の人に合わせてもらうのが一番ですが、こうやって自分で合わせてみるのも楽しい。

クリックすると拡大します

 二杯目はシュッとあっさり系の紀土(1合1,090円)。
 友人も飲むとのことで一合でお願いしたら、竹を模した徳利とお猪口。
 本物の竹ですと香り(匂い)が移ってしまうけど、だからといって竹以外で作ると風情に欠ける。
 ま、そんなことより、お酒を飲みながらのお喋りが楽しい。

クリックすると拡大します

 お待ちかねの、お刺身 五種盛り合わせ1,890円
 お刺身はサーモン、本マグロ、メダイ、ブリ、カンパチ、2人だけど各切り身が五切れずつ。
 奪い合えば足らず、譲り合えば余る、だっけな。
 付け合わせのワカメやダイコン、ニンジンのツマも美味しい。

クリックすると拡大します

 三杯目は、醸し人九平次(半合750円)。
 元々は熟成酒蔵だったのに、ここ数年ですっかり新酒蔵(って言うのかな)になってしまい。
 いや、熟成酒もあるんだけど、新酒の方に接することが多いだけか。
 刺身によく合って、お刺身が美味しければ日本酒も美味しい。

クリックすると拡大します

 本日の一本煮魚1,090円、本日の魚はキンキ。
 注文が入ってから煮付けるので時間が掛かり、着席と同時に注文してあります。
 値段相応と言ってしまったらそれまでだけど、2人で食べるんだったらこのくらいの量がちょうどいい。
 味が良く染みていてとても美味しい煮魚、どの日本酒を合わせるかな。

クリックすると拡大します

 合わせたのは手取川(1合1,090円)、今夜は本流。
 少し甘めが強めですが、煮魚によく合う美味しさ、って、手取川なら大抵の料理に合うと思うけどね。
 しかしどの日本酒も安く提供していて、ありがたみにちょっとだけ欠ける。
 いやいや、美味しい日本酒を安く飲めるのでありがたいです、はい。

クリックすると拡大します

 たまにはフォトジェニックな料理をと、海鮮こぼれ寿司(小)990円。
 マグロやサーモン、雲丹やイクラ、蟹などを山盛りにしたお寿司、、ってお寿司ですよね。
 色々な味が1度に楽しめる超お得なお寿司、しかも安い。
 この盛り付けで「小」なんだよね、「大」の盛り付けを見てみたいなぁ。

クリックすると拡大します

 ここでちょっと一息入れるとか、写楽(1合1,090円)。
 ずっとR3BYが続いていたけれど、写楽はR2BY、ですよねぇ。
 すっきりした飲み口が何度飲んでも素晴らしい。

クリックすると拡大します

 そろそろ時間なので、蟹といくらの釜飯(小)1,190円、雲丹追加600円
 釜飯の定義は分からないけど、こちらでは炊いたご飯を釜によそったような感じ。
 イクラとカニが敷き詰められていて、とても美味しそう。
 んで、せっかくなので雲丹と追加したりして。

クリックすると拡大します

 昭和の男は、口にはしないけど、よそってもらえるととても嬉しい。
 さっと混ぜてもらった釜飯、ピリッと山椒も利いて、とても美味しい。
 お椀系は頼まなかったけど、最後に美味しいご飯が食べられて楽しい。

クリックすると拡大します

 〆に、不動(1合990円)。
 ラベルが乾ききっているのが気になるけど、まま、R1BYなのでそれも良し。
 美味しい料理と美味しいお酒をご馳走様でした。
 面白いお喋り、とっても楽しかった。

クリックすると拡大します

 新宿駅に着いたらロマンスカーが待っていたので、ササッと乗ってしまった。
 お金が無くて朝ご飯が食べられなくても、ロマンスカー代は払ってしまう私。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年10月26日

続々とオープン予定

/カレーハウスCoCo壱番屋 新宿駅西口店にてカキフライカレー、らっきょう/タンメン亭 新百合ヶ丘店@新百合ヶ丘にて秋味タンメン/

クリックすると拡大します

 朝は、カレーハウスCoCo壱番屋 新宿駅西口店公式ホームページ)へ。
 新宿思い出横丁におかれましては、かめや同様の24時間営業店。

クリックすると拡大します

 店内はカウンターのみで、これまでだったら空いている席に座って口頭注文していました。
 今は当たり前のようにタッチパネル式オーダーシステム。

クリックすると拡大します

 タブレットをみてみると、カキフライカレーがあって。
 食べてみようかと思ったけど900円オーバー、高いよねぇ。
 朝からそんな高いカレーは食べられないよね。

クリックすると拡大します

 注文を進めるとトッピングの選択画面になるので、ラッキョウを忘れずに。
 31円もするんだ、高ッ、昔だったら無料で食べ放題だったのになぁ。
 注文すると、目の前の厨房から「ご注文、ありがとうございます」と声が掛かって、一安心。
 何も声が掛からないと、ちゃんと注文出来たかどうか、心配になる臆病者です、はい。

クリックすると拡大します

 2分ほどでカキフライカレー912円、らっきょう31円
 レシートをみると「カキフライカレー」では無く、ポークカレー、カキフライと別々に書かれています。
 ポークカレーが514円、カキフライが398円なので、1円も安くありません。
 大好きならっきょうは別皿なんですね。

クリックすると拡大します

 無料サービスの福神漬けも乗せてワンプレートに盛り付け、頂きます。
 カレーソースはたっぷり掛かっていて、ややアンバランスに食べましたが、足りないことはありません。
 カキフライは揚げたてで、衣はサクサク、身は海のミルクと称される美味しさ。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 仕事が遅くて残業になってしまい、急いで駆けつけるも、既に営業が終わっていました。
 今更ながら、券売機の写真くらい撮ってくれば良かったかなと思ったけど、後の祭り。
 鶯屋(公式ツイッター)、10/25プレオープン、10/27グランドオープン。
 お店の詳細はこちらのブログで。

クリックすると拡大します

 夜は、タンメン亭 新百合ヶ丘店@新百合ヶ丘(川崎市麻生区上麻生)公式インスタグラム)へ。
 今年の2月以来、半年以上振りの訪問になります。
 定年退職して小田急線沿いを離れる予定が、予定は未定。
 時短営業の時期もありましたが、現在は11:00-23:00 無休の営業とのこと。

クリックすると拡大します

 移動中の電車の中で、これまでの訪問履歴を確認し、何を食べるか決めてきました。
 ゆらりと券売機の上部を見ると、期間限定メニューがあるじゃないですか。
 んじゃ、それで。

クリックすると拡大します

 券売機をみると、今までのメニューはそのままで、期間限定メニューを追加しています。
 2つ以上のボタンに跨がってメニューを貼っている箇所が、幾つかあるんですね。
 増えたの通年販売のトマトタンメン880円、タンメン塩焼きそば780円。
 期間限定メニューの秋味タンメン900円、秋味チーズトマトタンメン980円、肉盛り月見タンメン1,000円。
 どのメニューも美味しそうです。

クリックすると拡大します

 少し待って、秋味タンメン900円
 シメジやヒラタケ、シイタケなど沢山のキノコが野菜と共に煮立てられたスープ、茸好きにはたまらない美味しさ。
 しかもマイブームにぴったりな薄味スープ、美味しいですなぁ。
 野菜の量も手加減されておらず、こんなに具沢山でこの値段はとってもお得です。

クリックすると拡大します

 麻生製麺の中細麺は柔らかめ指定、麺量が増えたような印象です。
 もうさ、野菜を食べているのか、茸を食べているのか、麺を食べているのか分からなくなるほど美味しい。
 豚バラ肉やコーンも程良く混ざり、白胡麻が香しい。

クリックすると拡大します

 そのまま食べ切ってしまうのは、あまりにも勿体ないので、お楽しみの味変タイム。
 今夜は擦り下ろし生姜と練り唐辛子を乗せて、さっと全体に馴染ませて。
 この2種類の辛さがとてもスープに合います。

クリックすると拡大します

 入店時は数人の入りでしたが、時々ウーバーも入っていて、厨房の料理人は絶えず中華鍋を振っています。
 あっという間に食べ終わってから、ビールやチャーハンを頼まなかったことを思い出したりして。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 そう言えば、新百合ヶ丘マプレに新しくラーメン店がオープンするって聞いたよな。
 どの辺かなぁと見渡すと、先の店のちょうど真上がそうらしい
 店舗案内板にも目隠しが貼られているし。

クリックすると拡大します

 2021/10/29オープン予定の、煮干しらーめん・からあげ どうげん。
 住所は、川崎市麻生区上麻生1-6-3 新百合ヶ丘マプレ2F。
 ネット情報では、経営母体は株式会社道建、煮干ラーメン凪プロデュースとのこと。
posted by ふらわ at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記