2021年10月22日

まるくなるなとりになれ

/オヤジの通院の付き添い/焼き鳥すず喜にて伊達鶏を堪能する/

クリックすると拡大します

 今日はオヤジの通院の付き添い
 お昼近くの予約なので、終わる頃にはお昼を過ぎてしまい、お昼を食べ損なうことになる。
 どこかに食べに行く気にもならず、オヤジの買い物を済ませるついでにスーパーでお弁当を買ってくる。
 食には特にこだわりが無いので、鶏めし弁当358円でお昼は十分。

クリックすると拡大します

 夜は、焼き鳥すず喜公式ホームページ)(公式インスタグラム)へ。
 2021/10/13オープン、昼はラーメン屋、夜は焼き鳥屋としてオープンされました。
 ラーメン屋には伺ったので、夜の焼き鳥も食べたいと雨の中を伺いました。
 ちなみに、食べログ予約サイトからの予約は二人以上なので、お一人様は電話で予約しましょう。

クリックすると拡大します

 電話したら「18:30からは予約で満席なので、その前でしたら」と、今夜は一時間強の一本勝負。
 店内に入るとラーメン店と全く同じで、店員さんも同じメンバーです。
 って、ラーメン営業の時にホールだった男性が、焼き鳥営業では焼き場に立っているとは。
 失礼をしなかっただろうか、、心配。

クリックすると拡大します

 先ずは生ビール580円。
 お通しとして茶碗蒸しが添えられ、お通し代として480円は安過ぎる。
 ビールグラスに書かれた「まるくなるなとりになれ」とは「まるくなるなほしになれ」のオマージュ。
 茶碗蒸しはプレーンというのでしょうか、特別に具を合わせず、とても美味しい。

クリックすると拡大します

 飲み物の日本酒は5種類、驚くべきはその安さ。
 都内だったら軽く倍はする値段ですので、頑張りすぎでしょう。
 ワインや焼酎も揃っています。

クリックすると拡大します

 焼き鳥はおすすめから始まって、逸品、串と並んでいます。
 食べ手が食べたい順番に好きなように食べたらいいと思います。
 鶏の銘柄は伊達鶏と黒さつま鶏、若鶏の3種類で、部位によって使い分けられています。
 大抵の焼き鳥屋がこうして鶏を使い分けていますが、ちゃんと表記している焼き鳥屋は初めてです。

クリックすると拡大します

 コース料理では無いので、焼き鳥が焼き上がるまでの料理は自身で注文します。
 おすすめの、名物にしたいポテトサラダ580円。
 冷製ポテトに和からしマスタードをたっぷりと乗せてあり、冷たいけれどもとても美味しい。
 お店の数だけポテトサラダがある、とは、言い得て妙。

クリックすると拡大します

 焼き鳥が焼き上がる前に、日本酒に移行します。
 福島の蔵元である廣木酒造酒造が醸す「飛露喜(ひろき)」特別純米 生詰 R2BY。
 5勺で550円とは正気の値付けでは無い、いくら橋本だからといって700円、いや、800円でもいいんじゃないだろうか。
 この日は全てワイングラスでの提供、うーん美味しい、早く焼き鳥が焼けないかな。

クリックすると拡大します

 初訪ですので、先ずはおすすめ5本コース1,300円をお願いしました。
 個々の値段を明記していますので、損得勘定が好きな方はご自身で計算されて下さい。
 提供はカウンター台の平皿へ、その後、自身で手元の丸皿に移します。
 その丸皿に移す時間を計算して火入れしているので、諸々、ご心配なく。

クリックすると拡大します

 一串目は、抱き身(黒さつま鶏+伊達鶏)300円。
 伊達鶏の胸肉に黒さつま鶏の皮を巻いてあり、やや焼きは浅めながら、唸るほど美味しい。
 このレベルの焼き鳥を橋本で食べられる様になり、とても嬉しい。
 まだまだオープンして日が浅いので、これからもっともっと美味しいくなるのだろう。

クリックすると拡大します

 二串目は、砂肝(伊達鶏)280円。
 しゃくしゃくとした食感が楽し砂肝、とても良い感じ。
 おすすめだから全て正肉だと勝手に思い込んでいたけど、もうそんな考えは古いってことだ。

クリックすると拡大します

 三串目は、ぼんじり(若鶏)280円。
 たれやきを多く経験していますが、ここまでたっぷりたれのぼんじりは初めて。
 鶏の脂をたれでしっかりと受け止め、日本酒を一気に飲ませます。

クリックすると拡大します

 続けての、日本酒。
 秋田の蔵元である秋田醸造が醸す「ゆきの美人」純米吟醸 生酒 R2BY。
 しぼりたて生酒を用意されていて、これがまた焼き鳥によく合う。

クリックすると拡大します

 四串目は、骨抜き手羽(伊達鶏)280円。
 見た目はソリレスだよね、、見た目だけだけど。
 身がたっぷりでとても食べ応えがあり、もう少し焼きが深ければ言うこと無し。

クリックすると拡大します

 五串目は、せせりパクチー(若鶏)300円。
 せせりってちょこんと山葵を乗せている串しか知らなかったけど、ねぎまのように交互に挟んで焼かれています。
 半分はそのままで、残りはレモンで。
 パクチーらしい独特の辛味は抑えられ、せせりの旨みがたっぷりと味わえます。

クリックすると拡大します

 追加で、レバー(伊達鶏)280円。
 塩焼きとたれ焼きで串を置く場所を変えています。
 ねっとりとした食感を残しつつ、しっかりと焼かれたレバー、旨い。
 気持ちたれが多い気がしましたが、まま、オープン1か月未満ですから。

クリックすると拡大します

 「こちらレバーに合うかと思いますので、お試しください」とワインのサービス、ありがとうございます。
 Glenelly Glass Collection Cabernet Franc(グレネリー グラスコレクション カベルネ フラン)南アフリカ 赤 2017。
 自身、南アフリカ産のワインを飲むのが初めてで、レバーに合うかどうかより先にそっちが気になります。
 土の香りがレバーに合って、とても美味しい。

クリックすると拡大します

 月見つくね(黒さつま+伊達鶏+若鶏)350円。
 鶏肉を捌き、串に刺したときに形や大きさを整えるために切った肉をまとめたのがつくね。
 こちらでは塩つくね、月見つくね、パクチーつくねと3種類用意されているので、先ずは月見にしました。
 軟骨は殆ど感じない全体的に柔らかい食感、とても美味しい。

クリックすると拡大します

 「白レバーに合うワインを」とお願いしたら、それでは特別に2種類をハーフで、と用意して下さいました。
 誰にでもそうしているのだろうけど、私にもして下さって嬉しい。
 Petit Monde Chardonnay(プティ・モンド シャルドネ)フランス 白 2020。
 Herrenberg Honigsäckel Holunder(ヘレンベルク・ホーニッヒゼッケル ホールンダー)ドイツ 白。

クリックすると拡大します

 冷製 白レバー580円。
 基本は塩で、途中から山葵醤油で案内され、そのまま食べるとまるでチーズ。
 チーズとワインの相性は抜群なので、白が見もよだつほど合います。
 山葵醤油も美味しいですね。

 短い時間の中でもとても濃い時間を過ごさせて頂き、ありがとうございます。
 お会計が6,000円弱とは、酔いが覚めるほどの安さ。
 美味しい焼き鳥、美味しい日本酒、美味しいワインをご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年10月21日

初めての食べ飲み放題

/手造り弁当とお惣菜 ママクック医療センター前店にてカキフライ弁当/博多野菜巻き串ともつ焼き すみび 大和本店にて食べ放題&飲み放題/

クリックすると拡大します

 朝は、道を歩いていて営業に気が付いた、思い出横丁入口近くのラーメン店へ。
 夜営業が時短なので、朝から営業されているとのこと。
 1度伺ったことがあるので店内の様子は分かっていて、入って右隅の券売機に向かいます。
 向かいながら目に入った壁には、撮影禁止と書かれていて、、、なんだよそれ。
 
 入る前に撮影禁止って分かっていたら入らなかったのに。
 写真撮影を許可するかどうかはお店の考え方であり自由ですが、私はそういう姿勢の店は嫌いです。
 お店に迷惑を掛けたくないので、入る前に撮影禁止が分かるようにして欲しいな。

クリックすると拡大します

 お昼は手造り弁当とお惣菜 ママクック医療センター前店公式ホームページ)へ。
 仕事で都内に出ていて、テイクアウトのお弁当を買うことは、記憶の中では初めて。
 テイクアウトが嫌いだったわけでは無いけど、テイクアウトするくらいならコンビニ弁当を買っていたような気がする。
 全ては遠い過去の話、ゆで太郎が徒歩圏内に無い悪夢。

クリックすると拡大します

 メニューはおすすめだけで12種類あり、おにぎりやお惣菜も数多く揃っています。
 500円以下はのり弁当350円、のりから明太子弁当480円、からあげ弁当480円、カレー470円など。
 お昼時は多くのお客さんが集まってきていて、周りの空気を読みながら受付に近づき、PayPayで決済。
 お店を取り巻くようにして出来上がり待ち、店員さんから声が掛かったら申し出て受け取ります。

クリックすると拡大します

 5分ほどで受け取った、カキフライ弁当600円
 事務所で食べるけど、事務所内での撮影は憚れるので、公園のベンチでパチリ。
 
 アラ高ジジイにはごはんの量が多いけど、カキフライが5個にポテトサラダ、お新香、ひじき煮はかなりお得。
 千切りキャベツってパサパサなんだよね、と食べたらあっさりめのドレッシングが掛かっていて軽く驚いた。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お誘い頂き、夜は博多野菜巻き串ともつ焼き すみび 大和本店
 詳しいことは分からないけど、黒毛和牛 和牛焼肉LABと同一営業されています。
 つまり、博多野菜巻き、串焼き、もつ焼き、和牛焼肉が一緒に楽しめる居酒屋ってこと。
 ビルの三階と言うこともあって、飲み始めは閑散としていたけど、帰る頃には満席御礼。

クリックすると拡大します

 入口で靴を脱いで鍵付き下駄箱へ靴を入れ、半個室に案内されます。
 アラカルトのメニューも用意されていますが、今夜は食べ飲み放題にしてみようかと。
 食べ飲み放題は120分が3,300円、150分が3,850円、180分が4,400円、時間無制限は4,950円(全て税込表記)。
 今夜は、名物もつ焼き・焼き鳥食べ放題!大山鶏!”【150種120分食べ放題&飲み放題3300円】。

クリックすると拡大します

 食べ放題メニュー、追加オーダーはお皿交換制。
 前菜が16種類、サラダが4種類、メインが9種類、揚げ物が9種類、ご飯物が4種類、デザートが6種類。
 とても全部は食べられないし、各メニューの量が分からないので、オーダーの種類と順番は慎重に。
 昭和の時代には「元を取る」という言葉がありましたが、令和の時代では死語だろうなぁ。

クリックすると拡大します

 飲み放題は、ビール、果実酒、ワイン、焼酎、健康茶ハイ、カクテル、サワー、ハイボール、マッコリ、ソフトドリンクなど。
 日本酒は見当たらないけれど、必ずしも日本酒を飲まなければならないと言うことは無いし。
 飲み食べ放題以外にも、アラカルトメニューでも2時間飲み放題1,820円が付けられそう。
 これだけ種類があれば、色々な料理に合わせて最後まで楽しめますね。

クリックすると拡大します

 ということで、今夜は大和で2人お疲れ様会。
 飲み放題と言うこともあってかジョッキが厚めで、ガチンと乾杯しても安心(あくまでもエアーで
 くぅぅ、生ジョッキでのビールは格別に美味しい。

クリックすると拡大します

 食べ放題コースは最初に3品と鍋が提供され、それらを食べたら料理を注文します。
 最後にお鍋を食べたいので、店員さんに最後に提供して下さるようにお願いしました。
 先ずは、ベビースターサラダ。
 何気ないサラダだけど、ベビースターを合わせると食感も楽しいし、味にも奥行きが出ます。

クリックすると拡大します

 一緒に枝豆。
 居酒屋の定番であり、ひとつずつ手で食べるので時間が稼げる逸品。
 量が少なければ食べ放題だから追加注文すればいいのですが、他の料理も食べたいですし。

クリックすると拡大します

 合わせてフライドポテト。
 一口サイズに揚げられていて、青海苔が振られ、ケチャップたっぷり。
 最近、居酒屋で飲んでいなかったので、こういったフライドポテトは久し振り。
 久し振りに食べると美味しいですね、ビールが進む進む。

クリックすると拡大します

 ここからオーダー、一品目は冷やしトマト。
 冷やしトマトは大好きな料理だけど、大抵は数百円で4分の1個くらい、だからといって二人前は頼まないし。
 こうして1個丸々提供されると、たっぷり食べられるとお喋りそっちのけで小躍りしてしまいます。
 しかも冷たすぎず食べやすい温度、塩をたっぷり掛けて1人で食べてしまいました。

クリックすると拡大します

 ビールを飲み終わったので赤ワイン、グラス交換式なので半分ほど。
 特別に美味しいワインが飲みたいわけじゃ無くて、居酒屋料理に合わせたワインが飲みたい。
 というお客さんの気持ちが、とっても良く分かっている味わい。
 美味しいですなぁ。

クリックすると拡大します

 もつ焼き5種盛り合せ。
 食べ放題コースでは単品注文は用意されていなくて、盛り合わせだけ。
 部位はハツ、特上タン、ハラミ、ガツミノ、クロガツとのことで、牛ホルモンなんですね。
 甘めのたれがたっぷり、切り身も大ぶりで、これは美味しい。

クリックすると拡大します

 もう一つの盛り合わせである、焼き鳥5種盛り合せ。
 部位はセセリ、ハツ、カワ、モモ、ボンジリとのことで、こちらも甘めのたれがたっぷり。
 お年頃ということもあり、最近はたれたっぷりは敬遠気味でしたが、若い頃はしゃにむに食べていました。
 飲みに付き合って下さった友達は同年代なので、昔話にも花が咲きます。

クリックすると拡大します

 ということでレモンサワー。
 ここからは最後までレモンサワーを私は飲みます(三杯くらい飲んだか)。
 友達は急に寒くなってきたのでと、泡盛のお湯割りを楽しんでいました。

クリックすると拡大します

 鶏皮ポン酢。
 私の知っている鶏皮ポン酢の鶏皮は、(揚げていない)皮のままですが、こちらの鶏皮は揚げてあります。
 鶏皮を揚げ、おろしを乗せてからのポン酢、葱も振られています。
 揚げていない皮の鶏皮ポン酢も美味しいけど、揚げてあるのも美味しいですね。

クリックすると拡大します

 唐揚げ。
 若い頃は「居酒屋の料理レベルは唐揚げで分かる」と息巻いていましたが、今は昔。
 大ぶりの鶏肉を揚げた唐揚げ、6個も乗って、マヨネーズとレモンで頂きます。
 若い頃から大好きな唐揚げ、歳を取っても大好きです。

クリックすると拡大します

 ラストオーダーとなったので、大山鶏のちゃんこ鍋をお願いしました。
 鍋は「大山鶏の水炊き鍋」「大山鶏のちゃんこ鍋」「大山鶏のキムチちゃんこ鍋」「白湯もつ鍋」「湯豆腐」から選べます。
 追加具材は白菜、ねぎ、ニラ、エノキ、豆腐、しいたけ、キャベツ、もやし、玉子、ラーメン、雑炊、うどん。
 初めての今夜は量が分からず、いったんは追加具材なしとしましたが正解。

クリックすると拡大します

 大山鶏、普段はラーメンのトッピングやスープの出汁として味わうだけですが、鍋で食べても美味しい。
 ベースの白湯スープと野菜もよく合っています。
 野菜は何気に大ぶりに切り分けられていて、鍋で煮込んでから縮んでも、しっかりとした食べ応え。
 そう、もう鍋の季節。

クリックすると拡大します

 鍋に合わせて頼んだ、ホルモン焼きそば。
 鍋にラーメンかうどんを追加しても良かったけど、今夜の気分は焼きそば。
 食べた感じではマルチョウと思われるホルモンがたくさん入り、葱と花鰹を乗せ、紅生姜添えてあります。
 いやはやとても美味しかったです。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2021年10月20日

大好きな酸辣湯麺

/CHINESE DINING 揚子江@新宿区戸山にて酸辣湯麺/麺宿 志いな@新宿区四谷にて潮そば/

クリックすると拡大します

 遠距離通勤の私は、朝食を自宅で食べると、お昼までお腹が持たない(個人差があります
 ので、都内に出たところでお蕎麦かカレーかラーメンを食べるようにしているのですが。
 毎日では飽きるので、合間々々にコンビニの調理パンを挟むようにしています。
 今日はローソンで、、、なんか随分小さくなってませんか?

クリックすると拡大します

 お昼は、CHINESE DINING 揚子江@新宿区戸山へ。
 午前中の仕事が延びて、いきたかったお店に行かれず、ぶらぶら歩いていたら見つけた中華料理店。
 あれこれ選べる立場では無いので、どれどれと入ってみることにします。

クリックすると拡大します

 店内は4人掛けテーブルが3卓、2人掛けテーブルが1卓。
 こんな席数で大都会東京でやっていけるのかと思ったら、2階が30席あるんですね。
 店内は先客5人、決して広くないけど、4人掛けテーブルを形ばかりセパレートしての着席。
 すぐにお冷やとおしぼり、お箸が運ばれてきます。

クリックすると拡大します

 初訪なのでじっくりメニューを見たかったのですが、そうも言っていられず。
 よほど込み入った料理以外は対応出来るのでしょうけど、ランチはメニューを絞って提供されています。
 麺料理は酸辣湯麺1,000円、うまにそば950円、四川坦々麺1,000円、タンメン950円、五目そば950円、
 ラーメン750円、ワンタン麺850円、カタ焼きそば950円。
 半チャーハンと餃子3ヶ付きのAセット、ご飯物と餃子3ヶ付きのBセットなどもあります。

クリックすると拡大します

 先ずはメニュー先頭の、酸辣湯麺1,000円
 大好きな酸辣湯麺ですが、月に一度も食べられないので、メニューにあったら出来るだけ食べます。
 お店によって色々とアレンジされていて、こちらのはキクラゲ、もやし、玉葱を玉子と共に煮込んだスープ。
 さっと辣油を掛けてあり、辛さは程々、旨みは十分、酸味は微少の味わい。

クリックすると拡大します

 中細麺は製麺所不明ながらスープによく合っていてとても美味しい。
 いつも通り熱いので、ハフハフして食べ、途中でお冷やをごくごく飲み。
 手隙の店員さんが「お冷や、どうぞ」と注いで下さいます。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、麺宿 志いな@新宿区四谷公式ツイッター)(公式インスタグラム)へ。
 2018/7/24オープン、店主さんは鶏そば かぐら屋水道橋店出身。
 小さな野はらの木の下で@藤が丘の店主さんが修行されていた店で、今頃になって初訪問。

クリックすると拡大します

 オープンして既に3年。
 レギュラーメニューは定着し、季節や食材の仕入れに応じた限定メニューも頻繁に販売されています。
 ここから積極的に支店や出身店を展開するか、あくまでも自身は厨房に立ち続けるか、お店の考え方次第。

クリックすると拡大します

 メニューは潮そば850円、醤油そば850円、鶏白湯そば900円、つけそば950円。
 ご飯物はごはん(小)100円、鶏節卵かけごはん250円、ローストチキン丼250円、ローストポーク丼300円など。
 飲み物はハートランド500円、コーラ200円、ウーロン茶200円。

クリックすると拡大します

 店内は先客10人とカウンターに2席しか空いていないほど、繁盛されています。
 席配置は、カウンターが厨房に面して5席、壁向きに3席、奥に4人掛けテーブル、計12席。
 厨房に面したカウンター席は半減されているようです。
 卓上にはミックスペッパー、フライドガーリック、一味。

クリックすると拡大します

 程なくして潮そば850円
 いわゆるスナフキンハット型の丼、鶏清湯スープに浅利出汁を差し入れたとても美味しい味わい。
 料理人として純鶏スープを極めるのではなく、お客さんにとって美味しいスープに仕上げてあり、とても好感が持てます。
 食べたくてどうしようもなくなると言った中毒性はありませんが、気が付いたらまた立ち寄っていた、みたいな味わい。

クリックすると拡大します

 細麺は大成食品、ちょっと茹で加減が足りない印象です。
 トッピングは特徴的な皮付きの鶏チャーシュー、スープに合っていてとても美味しい。
 味付けされた穂先メンマ、ワカメ、青葱、柚子かけ。
 美味しいスープなので柚子で味変は勿体ない気がしましたが、なんの、最後でいい仕事をしています。

クリックすると拡大します

 せっかくなので、お楽しみの味変タイム。
 卓上に用意されたフライドガーリックを掛けてみます。
 あんまり合わない、、、券売機トップのメニューなのに合わないなんて、私の味覚が心配になります。

クリックすると拡大します

 とはいえスープは美味しいので、全部飲みたいのですが。
 このスナフキンハット型の丼は、スープを飲み干すのが不器用な私には難しく。
 全部飲もうとしたらこぼしそうになったので、諦めました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 新宿駅まで電車に乗るのはバカらしいので、ぶらぶらと歩きます。
 途中、知り合いの店がどんなになっているか立ち寄ったら、どうやら昼営業しかしていないみたい。
 店先の張り紙に「焼き鳥 ふじ」と書かれていたのが、気になります。
posted by ふらわ at 23:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記