2021年10月03日

藤が丘の新店

/鶏だしらーめん 小さな野はらの木の下で@藤が丘にて鶏塩ラーメン/

クリックすると拡大します

 せっかくの台風一過。
 平日に食べ歩くラーメンの激減に備え、お休みの日は思いっきり食べまくるぞ、と。
 1日3杯食べて、1日1杯ずつアップしてアクセス数を稼げば、一躍人気ブロガー(またはフリーブロガー)。
 飲食店のプレオープンやレセプションに呼ばれたい放題、、、だったらなぁ。

クリックすると拡大します

 お昼は、鶏だしらーめん 小さな野はらの木の下で@藤が丘(横浜市青葉区柿の木台3-3)公式インスタグラム)へ。
 本日2021/10/3オープン、店主さんは、麺宿志いな@新宿御苑前の出身
 店名の由来は、小野木店主さんと木女将さんの苗字から。
 立地は東急電鉄田園都市線から徒歩10分弱、上って下る(謎)。
 所用を済ませて11:10に到着すると70人待ち、、最後尾に並んで待ちます。

クリックすると拡大します

 列が進み、あと数人になったところで、店員さんに案内されて先に食券を購入します。
 メニューは鶏塩ラーメン800円、鶏正油ラーメン800円、鶏白湯ラーメン850円、鶏つけ麺900円。
 修業元と構成は同じですが、名称を変えています。
 本日は一杯500円、温麺のみ(つけ麺以外)150杯の提供。

クリックすると拡大します

 「お一人様、こちらへどうぞ」と案内されたのは、到着して2時間15分後。
 店内は厨房に面したカウンター6席、テーブルは2人掛けと4人掛け、計12席。
 椅子にクッションが用意されているんだけど、座高の高い非常識な私は、クッションを跳ね上げて着席。
 カウンター席の各席に何故か照明が当たっていなくて、ただでさえ下手な写真が、さらに下手な写真に。

クリックすると拡大します

 調味料はフライドオニオン、黒胡椒、一味唐辛子。
 卓上ではなくカウンター台に用意されていて、座った席と清潔感の度合いでは、ちょっと使いにくい。
 ちなみにティッショも2席で1つ、ピッチャーは各席に用意されています。
 厨房には志いな店主さんも入っていて、滞りなく調理を回しています。

クリックすると拡大します

 程なくして、鶏塩ラーメン800円(オープン特価で500円)
 志いなは未食ですので、志いなとの相違点は不明です。
 鶏油をラーメンとして成り立つ最低限だけ合わせ、すっきりと美味しい鶏清湯スープ。
 特別な何かがあるわけではありませんが、やり過ぎていない味わいが馴染みやすい。

クリックすると拡大します

 細麺は(志いなと同じ)大成食品、柔らかめ仕上げが鶏清湯スープによく合います。
 トッピングは、鶏もも肉チャーシュー1枚、茹で青梗菜、煮込み蓮根、柚子かけ。
 このトッピングはグランドオープンと同じなのか、オープン特価仕様なのかは不明。

クリックすると拡大します

 美味しいこと美味しいけど、一旦は志いな藤が丘店からのスタートなのかな。
 このままずっと藤が丘店としての味を維持するのか(それはそれで大変)。
 小野木下に進化していくのか(これはこれで大変)、これからが楽しみです。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 炎天下で2時間も立っていたら、アラコウの私はぐったり。
 既に中休みに入ろうかという時間帯、通し営業の店に振り替えてもいいんだけど。
 明日も仕事だから、早く帰って早く寝よっと。
posted by ふらわ at 21:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記