2021年10月20日

大好きな酸辣湯麺

/CHINESE DINING 揚子江@新宿区戸山にて酸辣湯麺/麺宿 志いな@新宿区四谷にて潮そば/

クリックすると拡大します

 遠距離通勤の私は、朝食を自宅で食べると、お昼までお腹が持たない(個人差があります
 ので、都内に出たところでお蕎麦かカレーかラーメンを食べるようにしているのですが。
 毎日では飽きるので、合間々々にコンビニの調理パンを挟むようにしています。
 今日はローソンで、、、なんか随分小さくなってませんか?

クリックすると拡大します

 お昼は、CHINESE DINING 揚子江@新宿区戸山へ。
 午前中の仕事が延びて、いきたかったお店に行かれず、ぶらぶら歩いていたら見つけた中華料理店。
 あれこれ選べる立場では無いので、どれどれと入ってみることにします。

クリックすると拡大します

 店内は4人掛けテーブルが3卓、2人掛けテーブルが1卓。
 こんな席数で大都会東京でやっていけるのかと思ったら、2階が30席あるんですね。
 店内は先客5人、決して広くないけど、4人掛けテーブルを形ばかりセパレートしての着席。
 すぐにお冷やとおしぼり、お箸が運ばれてきます。

クリックすると拡大します

 初訪なのでじっくりメニューを見たかったのですが、そうも言っていられず。
 よほど込み入った料理以外は対応出来るのでしょうけど、ランチはメニューを絞って提供されています。
 麺料理は酸辣湯麺1,000円、うまにそば950円、四川坦々麺1,000円、タンメン950円、五目そば950円、
 ラーメン750円、ワンタン麺850円、カタ焼きそば950円。
 半チャーハンと餃子3ヶ付きのAセット、ご飯物と餃子3ヶ付きのBセットなどもあります。

クリックすると拡大します

 先ずはメニュー先頭の、酸辣湯麺1,000円
 大好きな酸辣湯麺ですが、月に一度も食べられないので、メニューにあったら出来るだけ食べます。
 お店によって色々とアレンジされていて、こちらのはキクラゲ、もやし、玉葱を玉子と共に煮込んだスープ。
 さっと辣油を掛けてあり、辛さは程々、旨みは十分、酸味は微少の味わい。

クリックすると拡大します

 中細麺は製麺所不明ながらスープによく合っていてとても美味しい。
 いつも通り熱いので、ハフハフして食べ、途中でお冷やをごくごく飲み。
 手隙の店員さんが「お冷や、どうぞ」と注いで下さいます。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、麺宿 志いな@新宿区四谷公式ツイッター)(公式インスタグラム)へ。
 2018/7/24オープン、店主さんは鶏そば かぐら屋水道橋店出身。
 小さな野はらの木の下で@藤が丘の店主さんが修行されていた店で、今頃になって初訪問。

クリックすると拡大します

 オープンして既に3年。
 レギュラーメニューは定着し、季節や食材の仕入れに応じた限定メニューも頻繁に販売されています。
 ここから積極的に支店や出身店を展開するか、あくまでも自身は厨房に立ち続けるか、お店の考え方次第。

クリックすると拡大します

 メニューは潮そば850円、醤油そば850円、鶏白湯そば900円、つけそば950円。
 ご飯物はごはん(小)100円、鶏節卵かけごはん250円、ローストチキン丼250円、ローストポーク丼300円など。
 飲み物はハートランド500円、コーラ200円、ウーロン茶200円。

クリックすると拡大します

 店内は先客10人とカウンターに2席しか空いていないほど、繁盛されています。
 席配置は、カウンターが厨房に面して5席、壁向きに3席、奥に4人掛けテーブル、計12席。
 厨房に面したカウンター席は半減されているようです。
 卓上にはミックスペッパー、フライドガーリック、一味。

クリックすると拡大します

 程なくして潮そば850円
 いわゆるスナフキンハット型の丼、鶏清湯スープに浅利出汁を差し入れたとても美味しい味わい。
 料理人として純鶏スープを極めるのではなく、お客さんにとって美味しいスープに仕上げてあり、とても好感が持てます。
 食べたくてどうしようもなくなると言った中毒性はありませんが、気が付いたらまた立ち寄っていた、みたいな味わい。

クリックすると拡大します

 細麺は大成食品、ちょっと茹で加減が足りない印象です。
 トッピングは特徴的な皮付きの鶏チャーシュー、スープに合っていてとても美味しい。
 味付けされた穂先メンマ、ワカメ、青葱、柚子かけ。
 美味しいスープなので柚子で味変は勿体ない気がしましたが、なんの、最後でいい仕事をしています。

クリックすると拡大します

 せっかくなので、お楽しみの味変タイム。
 卓上に用意されたフライドガーリックを掛けてみます。
 あんまり合わない、、、券売機トップのメニューなのに合わないなんて、私の味覚が心配になります。

クリックすると拡大します

 とはいえスープは美味しいので、全部飲みたいのですが。
 このスナフキンハット型の丼は、スープを飲み干すのが不器用な私には難しく。
 全部飲もうとしたらこぼしそうになったので、諦めました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 新宿駅まで電車に乗るのはバカらしいので、ぶらぶらと歩きます。
 途中、知り合いの店がどんなになっているか立ち寄ったら、どうやら昼営業しかしていないみたい。
 店先の張り紙に「焼き鳥 ふじ」と書かれていたのが、気になります。
posted by ふらわ at 23:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記