2021年10月26日

続々とオープン予定

/カレーハウスCoCo壱番屋 新宿駅西口店にてカキフライカレー、らっきょう/タンメン亭 新百合ヶ丘店@新百合ヶ丘にて秋味タンメン/

クリックすると拡大します

 朝は、カレーハウスCoCo壱番屋 新宿駅西口店公式ホームページ)へ。
 新宿思い出横丁におかれましては、かめや同様の24時間営業店。

クリックすると拡大します

 店内はカウンターのみで、これまでだったら空いている席に座って口頭注文していました。
 今は当たり前のようにタッチパネル式オーダーシステム。

クリックすると拡大します

 タブレットをみてみると、カキフライカレーがあって。
 食べてみようかと思ったけど900円オーバー、高いよねぇ。
 朝からそんな高いカレーは食べられないよね。

クリックすると拡大します

 注文を進めるとトッピングの選択画面になるので、ラッキョウを忘れずに。
 31円もするんだ、高ッ、昔だったら無料で食べ放題だったのになぁ。
 注文すると、目の前の厨房から「ご注文、ありがとうございます」と声が掛かって、一安心。
 何も声が掛からないと、ちゃんと注文出来たかどうか、心配になる臆病者です、はい。

クリックすると拡大します

 2分ほどでカキフライカレー912円、らっきょう31円
 レシートをみると「カキフライカレー」では無く、ポークカレー、カキフライと別々に書かれています。
 ポークカレーが514円、カキフライが398円なので、1円も安くありません。
 大好きならっきょうは別皿なんですね。

クリックすると拡大します

 無料サービスの福神漬けも乗せてワンプレートに盛り付け、頂きます。
 カレーソースはたっぷり掛かっていて、ややアンバランスに食べましたが、足りないことはありません。
 カキフライは揚げたてで、衣はサクサク、身は海のミルクと称される美味しさ。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 仕事が遅くて残業になってしまい、急いで駆けつけるも、既に営業が終わっていました。
 今更ながら、券売機の写真くらい撮ってくれば良かったかなと思ったけど、後の祭り。
 鶯屋(公式ツイッター)、10/25プレオープン、10/27グランドオープン。
 お店の詳細はこちらのブログで。

クリックすると拡大します

 夜は、タンメン亭 新百合ヶ丘店@新百合ヶ丘(川崎市麻生区上麻生)公式インスタグラム)へ。
 今年の2月以来、半年以上振りの訪問になります。
 定年退職して小田急線沿いを離れる予定が、予定は未定。
 時短営業の時期もありましたが、現在は11:00-23:00 無休の営業とのこと。

クリックすると拡大します

 移動中の電車の中で、これまでの訪問履歴を確認し、何を食べるか決めてきました。
 ゆらりと券売機の上部を見ると、期間限定メニューがあるじゃないですか。
 んじゃ、それで。

クリックすると拡大します

 券売機をみると、今までのメニューはそのままで、期間限定メニューを追加しています。
 2つ以上のボタンに跨がってメニューを貼っている箇所が、幾つかあるんですね。
 増えたの通年販売のトマトタンメン880円、タンメン塩焼きそば780円。
 期間限定メニューの秋味タンメン900円、秋味チーズトマトタンメン980円、肉盛り月見タンメン1,000円。
 どのメニューも美味しそうです。

クリックすると拡大します

 少し待って、秋味タンメン900円
 シメジやヒラタケ、シイタケなど沢山のキノコが野菜と共に煮立てられたスープ、茸好きにはたまらない美味しさ。
 しかもマイブームにぴったりな薄味スープ、美味しいですなぁ。
 野菜の量も手加減されておらず、こんなに具沢山でこの値段はとってもお得です。

クリックすると拡大します

 麻生製麺の中細麺は柔らかめ指定、麺量が増えたような印象です。
 もうさ、野菜を食べているのか、茸を食べているのか、麺を食べているのか分からなくなるほど美味しい。
 豚バラ肉やコーンも程良く混ざり、白胡麻が香しい。

クリックすると拡大します

 そのまま食べ切ってしまうのは、あまりにも勿体ないので、お楽しみの味変タイム。
 今夜は擦り下ろし生姜と練り唐辛子を乗せて、さっと全体に馴染ませて。
 この2種類の辛さがとてもスープに合います。

クリックすると拡大します

 入店時は数人の入りでしたが、時々ウーバーも入っていて、厨房の料理人は絶えず中華鍋を振っています。
 あっという間に食べ終わってから、ビールやチャーハンを頼まなかったことを思い出したりして。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 そう言えば、新百合ヶ丘マプレに新しくラーメン店がオープンするって聞いたよな。
 どの辺かなぁと見渡すと、先の店のちょうど真上がそうらしい
 店舗案内板にも目隠しが貼られているし。

クリックすると拡大します

 2021/10/29オープン予定の、煮干しらーめん・からあげ どうげん。
 住所は、川崎市麻生区上麻生1-6-3 新百合ヶ丘マプレ2F。
 ネット情報では、経営母体は株式会社道建、煮干ラーメン凪プロデュースとのこと。
posted by ふらわ at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記