2021年11月30日

神田の串料理や

/おそば酒房 かねこにてAセット(ミニ天丼、サラダ、小鉢、せいろ、デザート)/九州博多料理 いなせもん 神田店/

クリックすると拡大します

 お昼は、おそば酒房 かねこへ。
 職場近くは路麺店やらお蕎麦屋なりがありますが、この職場で働き出して初めての蕎麦屋かな。
 住宅街にひっそりと佇んでいますが、ランチタイムは満席で、集客に困っている様子はありません。

クリックすると拡大します

 とはいえ、お蕎麦の値頃感は入店前に知っておきたいところ。
 ランチメニューはお蕎麦が無いセットはなく、セットは殆どがせいろだとうこと。
 食べるメニューを決めたので、階段を上がって店内へ。

クリックすると拡大します

 店内に入ると4人掛けテーブル席が3卓で満席、カウンター3席。
 「カウンターでもよろしいですか」と確認され、カウンター席へ。
 席に座るなり、即決でオーダー、テレビを観ながらお蕎麦の茹で上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくして、Aセット(ミニ天丼、サラダ、小鉢、せいろ、デザート)1,100円
 細長いお盆に、綺麗に配置されたお蕎麦と小鉢、素晴らしいですな。
 習慣で小鉢とサラダを食べてから、お蕎麦を。

クリックすると拡大します

 お蕎麦は二八に感じましたが、最近始まった新そばの香りが素晴らしい。
 特に説明はありませんでしたが、蕎麦のエッジの立ち方から想像するに手打ち、手切りでしょう。
 蕎麦つゆの辛味は抑えめで、しょっ辛いのが好みの私にはちょっと物足りない。
 それでも蕎麦が美味しいので気になりません。

クリックすると拡大します

 天丼は「ミニ」とありますが、このくらいの量がちょうど良い感じです。
 種物は海老が二匹にかぼちゃ、なす。
 たれがちょっと濃いよね、ご飯と一緒に食べることを考えるとちょうどいいけど。

クリックすると拡大します

 お蕎麦を食べ終わる頃を見計らって、湯桶に入れたそば湯が運ばれてきます。
 正しいそば湯でもり汁を割って、そば湯を楽しみます。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、お誘い頂き、九州博多料理 いなせもん 神田店へ。
 お店には職場の関係から淡路町駅から向かいましたが、最寄り駅は神田駅、徒歩五分ほど。
 大通りから一本入った立地なので、「ちょっと寄っていくか」にはなりませんが、そもそも満席で入れません。
 友人が予約して下さっていて、ありがたいことです。

クリックすると拡大します

 カウンター席に案内され、温かいおしぼりを渡されます。
 と同時に、「こちら、当店の串焼きサンプルです」と紹介され、軽く驚く。
 まー、要するに写真を撮れってことですな、撮りますよ、撮ってSNSにアップしますよ。
 それはそれとして、これは素晴らしい営業ですな。

クリックすると拡大します

 飲物を訊かれたので、先ずは生ビールをお願いします。
 他にはスパークリングやレモンサワー、ハイボールが揃っていて、多くなく少なくなく。

クリックすると拡大します

 裏面は焼酎、日本酒、ワインがラインナップされています。
 焼酎は9種類、日本酒は6種類、ワインは2種類と、こちらも多くなく少なくなく。
 どれにしようか迷うことなく、この順番で飲もうと組み立ててしまいます。

クリックすると拡大します

 料理は博多屋台野菜巻き串が9種類、九州霧島鶏炭火串焼きが11種類。
 オススメメニューは朱色でマークされていて、初めての訪問でも何を頼んだらいいのか分かりやすい。
 鍋はもつ鍋(豚骨スープ)と霧島鶏の水炊き(鶏白湯スープ)、どちらかを食べようっと。

クリックすると拡大します

 一品料理。
 こちらは多めに揃えて、どれにしようかなと迷う楽しみがあります。
 まぜそばもあるのか、、食べ損なったよ。

クリックすると拡大します

 最後は逸品料理、胡麻サバ、押し寿司、などなど。
 胡麻サバは数量限定の人気料理で、後で食べる場合も先に注文しておくべきと、強く勧められます。
 数量限定と強い勧めに弱い私、それじゃ、シロで。

クリックすると拡大します

 ということで、生ビール580円。
 今夜は神田で二人お疲れ様会、くぅ、今夜もビールがうまいぜ。
 付け合わせは黒糖空豆の燻製、ぽりぽりとかじりながらの近況報告。
 既に店内は満席で、圧倒的に若い人が多く、年寄りは自宅か高級店に偏っているのではないだろうか。

クリックすると拡大します

 ホールは女性店員さん二人で回していましたが、小走りで縦横無尽に動き回っています。
 それもあってか、ビールを二口飲む間に運ばれてきた、ポテサラ580円。
 ポテサラはお店の数だけ種類がありますが、温かくて、塩味ほどほど、ジャガイモの味がとっても美味しい。
 柔らかいだけではなく、コリッとした食感の食材も掛けてあって、良い感じ。

クリックすると拡大します

 串はお任せ8本串を注文しようと思ったら、「完全にランダムになってしまいます」と説明され。
 んじゃと、野菜と鶏を三本ずつお願いします。
 先ずは、えのきバター280円。
 太めの串にエノキを巻き付け、周りを豚肉で包んで焼いてあります。

クリックすると拡大します

 ほぼ同時に、れたす280円。
 どちらの串も野菜より豚バラ肉の方が厚く巻かれていて、思っていた以上に強い焼き入れ。
 野菜を美味しく食べると言うより、豚肉をさらに美味しく食べるために野菜を添えている印象。
 特にれたすに乗せられているレモン、身と皮を丸ごとミキサーして調理されいて、秀逸。

クリックすると拡大します

 そして日本酒。
 栃木の蔵元である小林酒造が醸す鳳凰美田(ほうおうびでん)純米吟醸酒 無濾過本生 R3BY。
 火入れ酒は冷やさずに常温保管、日本酒を大切に管理されていることが良く分かります。
 1合1,400円は決して安くないけど、それなりのお酒はそれなりの値段です。

クリックすると拡大します

 少し遅れて、かいわれ280円。
 豚肉の味わいに変化を付けるべく柚子胡椒が乗せてあります。
 大ぶりなので食べにくく見えましたが、全て半分に切り分けられているので、二口で美味しくいただけます。

クリックすると拡大します

 2杯目は、和歌山の蔵元である平和酒造が醸す紀土(きっど) 純米吟醸酒 R3BY。
 日本酒はグラスと1合で注文出来るので、今日は全て1合でお願いしました。
 紀土はどの料理ともよく合って、とても美味しいですね。

クリックすると拡大します

 野菜の次は鶏、つまりは焼き鳥。
 それぞれの値段は野菜が一串280円から380円に対して、焼き鳥は190円から280円。
 一串目は胡麻レバー190円、おろしニンニクでいただきます。
 芯まで火が入った良く焼きのレバー、ゴマの風味も漂っていて、とっても美味しい。

クリックすると拡大します

 ねぎ間220円。
 長ネギは半切りされて挟まれ、弱めに火入れされて葱の食感を残してあります。
 串の食材によって火入れを調整をするのは当たり前といえば当たり前、とても良い感じ。
 ついうっかり強く焼いたりしないのかな、しないよね。

クリックすると拡大します

 3杯目は、福井の蔵元である黒龍酒造が醸す黒龍(こくりゅうう)いっちょらい 吟醸酒 R3BY。
 ここのところ、黒龍ばかり飲んでいるので飲もうかどうしようかと悩んで、結局飲むことにします。
 いつ飲んでも美味しいよね。

クリックすると拡大します

 生つくね280円。
 こちらのつくねはきりたんぽ型、すり身には大葉が練り込まれています。
 周りは良く焼き、芯は程々、この食感のなだらかな変化がどこまでも心好い。

クリックすると拡大します

 ここで、白胡麻サバ(中)1,780円。
 サバの刺身に、店員さんが白胡麻を掛けて下さいます。
 こういう手間の掛かる接客を、店内満席で、てんやわんやな筈なのに涼しい顔して対応して下さる。
 だからこそ、この店は混み合っています。

クリックすると拡大します

 最後の日本酒は、山口の蔵元である永山本家酒造場が醸す貴(たか)濃醇辛口 R3BY。
 久し振りに貴を飲んだなぁ、このお酒を飲むとどうしても思い出してしまう人がいるなぁ。

クリックすると拡大します

 〆は霧島鷄の水炊き1,480円。
 先ずはカセットコンロで、霧島鶏を浮かべた鶏白湯スープを熱します。

クリックすると拡大します

 煮立ってきた頃合いを見計らって店員さんが来て下さいます
 つみれ、豆腐、長ネギ、椎茸、レタス、春菊、水菜を綺麗に並べて、と。
 お客さんに任されると入れるタイミングが分からず、適当になってしまうので、とても助かります。

クリックすると拡大します

 煮え上がったら再び店員さんが来て下さって、火を止めて下さいます。
 つみれを多めに、豆腐をケンカにならないように半分だけ、長ネギ、水菜など。
 春菊の苦味を強く感じましたが、薬味の代わりになっているような印象。
 それゆえか、ポン酢や柚子胡椒などは用意されていないし、必要無いし。

クリックすると拡大します

 野菜などを食べ終わったらタイミングで、ちゃんぽん麺350円を入れて下さいます。
 ちゃんぽん麺の代わりに雑炊も選べますが、麺類の私はちゃんぽん麺一択。
 またまた、麺が茹で上がったら店員さんが来て下さり、火を止めて下さいます。
 中太麺が良い感じで、〆にちょうどいい量です。

クリックすると拡大します

 ワイワイガヤガヤの大部屋で飲み食いしているのに、結構店員さんが来て下さって、とても特別感があります。
 料理が美味しいだけ、飲物の種類が多いだけではお客さんは来てくれない、ってことだろうな。
 美味しい料理、美味しいお酒、楽しい接客をありがとうございました。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年11月29日

早めの二人忘年会

/白河そばにてきざみ(油揚)そば/八重洲 鮨 海味にて二人忘年会/

クリックすると拡大します

 一本早い便に乗れた朝は、白河そばへ。
 前回食べてみて美味しかったので、今朝も立ち寄ってみました。
 もちろん、日によって混み具合は異なり、今朝はガラガラ。

クリックすると拡大します

 二回目の今朝は、きざみ(油揚)そば570円
 お蕎麦に細切りした油揚げが並べてあるだけでこの値段は納得できないので、細切り昆布と紅生姜を乗せて。
 塩だしのお蕎麦なので蕎麦よりも出汁を楽しむべき、心好いお出汁の味わいに朝から幸せ。

クリックすると拡大します

 お蕎麦は塩出汁によく合っていて、とても心好い。
 乗せ物に標準でワカメが乗っているので、さらに昆布はどうかと思ったら、これがよく合う。
 紅生姜は個人的に好みだけど、塩出汁にはちょっとなぁ。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、八重洲 鮨 海味へ。
 お店の頭出しはネットで調べてもらうとして、少し早めの二人忘年会に、鮨屋とかどうですかと話がまとまり。
 一人では絶対に伺わないけど、二人だったら、きっと、入れる。

クリックすると拡大します

 店内はくの字カウンター12席、入口近くと奥に個室が4部屋ほど。
 席に座って「今夜はよろしくお願いします」と大将に挨拶しつつ、おしぼりで手を温め。
 飲物メニューを眺めながら、一番搾りで乾杯。
 予約でお願いしたのは、おまかせコース 海味 全23品23,000円(税込)に飲物代、別途サービス料10%。

クリックすると拡大します

 今夜の座付きは、モズクにズワイガニ。
 さらしの調理場から提供され、程々の酸味で味付けされたモズクに、圧倒的な旨味の蟹の身を合わせて。
 ビールで始めて良かったのかと後悔するほどの逸品、ですが、まだ一品目。

クリックすると拡大します

 自家製のキャビア、贅沢に1人1ケース。
 卵形の茶碗には酢飯がかし込められ、貝さじを使って自身でキャビアを乗せていただきます。
 国内産のキャビアは料理に合わせることが全体なので、小粒で塩味抑えめ。
 のっけからキャビア、心好い食事を加速します。

クリックすると拡大します

 日本酒は(この手の高級店にしては)そんなに揃っていなくて、好みの順番に飲む感じ。
 三重の蔵元である清水清三郎商店が醸す「作 槐山一滴水(ざく かいざんいってきすい)」純米大吟醸 R3BY。
 縁が広がっているガラスのお猪口にすり切り一杯注いで下さいます。

クリックすると拡大します

 今夜はたまたま人の手当てが間に合っておらず、少し料理に間があります。
 次々と出される料理も大好きですが、お喋り多めで料理がゆっくりめも大好きです。

クリックすると拡大します

 握漬け。
 今夜の鮪は青森県八戸産、山葵は最小限に、下ごしらえした貝割れと辛子で調子づけ。
 お鮨と呼べる最低限のシャリに大きめのヅケ、鮨をいただいているのでは無く、切身を楽しんでいるかのよう。

クリックすると拡大します

 本日の逸品。
 メヒカリの南蛮漬け、パプリカと自然薯を添えて。
 蓋を開ける楽しみって、何物にも代えがたいですね。
 メヒカリの心好い味わい、良いですなぁ。

クリックすると拡大します

 宮崎産のマルハタ。
 うっすらとした桃色がなんとも艶やか、ちょこんと塩が旨味を立ち上げます。
 マルハタを食べるの始めて、やたらクエに味わいが近いと思ったら、種も近い。

クリックすると拡大します

 今夜の隠し酒。
 岐阜の蔵元である林本店が醸す「百十郎 白炎(ひゃくじゅうろう びゃくえん)」純米吟醸酒 無濾過生原酒 R3BY。
 隈取(くまどり)を見ていると吸い込まれそうになる妖艶さ、他のラベルとちょっと違う印象。

クリックすると拡大します

 アイナメ。
 やや多めの醤油が切り身の味を引き立てて、心好さに包まれます。

クリックすると拡大します

 鹿児島産の釣り鯵。
 ちょこんと乗せたネギ、透き通るような身にグラデーションが掛かって。
 皮の残し方が絶妙で、言葉にならないほど。

クリックすると拡大します

 大トロ。
 乗せられているのは醤油のエスプーマ、何度か出会ったことがありますが、中でも絶品。
 醤油のエスプーマを訊けば、銀座のママさんが醤油で汚れるのを嫌うので、泡状にして乗せたとのこと。
 脂が多いので醤油が乗りにくい、というのも理由の一つとか。

クリックすると拡大します

 カワハギとカワハギの肝。
 こう言った組み合わせの鮨は一般的なのかも知れないけど、私は中々出会えない。
 心好いですなぁ、思い切って予約を取って良かった。

クリックすると拡大します

 海ぶどう。
 居酒屋メニューだと粒の大きさやプチプチ感を競いますが、こちらでは粒は小さく、プチプチ感は弱め。
 だけれど、それが良い。

クリックすると拡大します

 続けて、佐賀の蔵元である富久千代酒造が醸す「鍋島(なべしま)」特別純米酒 R3BY。
 料理には合わないかなぁと注文しましたが、そんなこともなく。
 鍋島は鍋島、独自路線でこのまま心好くあって欲しい。

クリックすると拡大します

 箸休めはスミイカと水蛸の盛り合わせ。
 辺りに調味料が見当たらないのでそのまま頂く、辺りに調味料が合っても使わない方が心好い。
 付け合わせは三陸ワカメ、1枚たりとも気を抜かない。

クリックすると拡大します

 焼き物としてさざえ。
 殻の中にはさざえ一匹分以上の身が入っていて、食べても食べても心好い。
 最後に肝が沈んでいて、肝はもちろん、お出汁も心好く頂きます。

クリックすると拡大します

 岐阜の蔵元である天領酒造が醸す「天領 飛切り(てんりょう とびきり)」特別純米酒 岐阜県飛騨産ひだほまれ R3BY。
 お猪口は全ての日本酒で替えるわけでは無さそうですが、すり切り一杯の加減が素晴らしい。
 燗映えしそうな一杯ですが、今夜のところは全て冷やで頂きます。

クリックすると拡大します

 いくらとうに。
 酢飯の上に乗せられたいくらは新物、うには馬糞ウニ。
 どかーっと出されるイクラやウニも大好きですが、こうして一口だけ味わうのも大好き。

クリックすると拡大します

 のどぐろ。
 皮を軽く炙って香ばしさを立ち上げ、身の心好さをさらに持ち上げて。
 シャリの量を食べる速度やお酒の量で加減しているようで、少しずつ多くなってきてそれはそれで嬉しい。

クリックすると拡大します

 新潟の蔵元である朝日酒造が醸す「久保田 萬寿(くぼた まんじゅ)」純米代吟醸酒 五百万石 R3BY。
 萬壽を飲むのは久し振りで、こんなに心好かったっけと改めるほど。
 かつてここまで地酒がブームでは無い頃は、売っているのを見つけると飲んでいたんだけどな。

クリックすると拡大します

 蒸し物として煮蛤。
 大きければ料理に仕立てるところですが、小さめだったのでお鮨にしました、と。
 いやいやお鮨で十分ですよ、というか、ここからは少しずつ温かい料理にしていくんだ。

クリックすると拡大します

 奄美大島の車海老。
 お鮨なんだけど半切りされ、頭に近い部分は味噌が握り混まれています。
 しっかりと焼かれていながらも、しっとりとした身が心好い。

クリックすると拡大します

 茶碗蒸しは白子と湯葉。
 全体的に真っ白な色合いで、とても綺麗。
 白子の茶碗蒸しは食べたことがあるけど、湯葉は初めて、こんなに味が合うんだ。

クリックすると拡大します

 青森県の蔵元である西田酒造が醸す「田酒(でんしゅ)」特別純米酒 青森県産華吹雪 R3BY。
 今夜の最後は田酒を飲もうと組み立てていて、ちゃんと出来て良かった。
 しかも特純だし、心好いし。

クリックすると拡大します

 巻物として鉄火と干瓢と胡瓜と。
 どの握りも一口サイズで、沢山の種類が楽しめるのが嬉しいけど、巻物も小ぶりで嬉しい。
 それでもこれだけの数を食べたら、かなりお腹にたまります。

クリックすると拡大します

 お椀。
 シメジの味噌汁、でしょうか。
 お鮨が進み、お酒も進み、お喋りも止まらないので、心好かったことしか覚えていません。

クリックすると拡大します

 ふぐ。
 普通はお椀の後に握りはでませんが、ちょっと気が向いて握ってみたそうです。
 ちょっとって、ふぐをしっかり仕込まれていますよね。
 握りは皮で、巻きは煮こごりで頂き、自分史上最高に心好い逸品。

クリックすると拡大します

 甘味。
 シャインマスカットとメロン、甘味まで一口サイズ。

クリックすると拡大します

 最後にお茶を頂いて、大将としばし四方山話を。
 そんな話を始めてのお客さんにするのはどうかと思うけど、初めてのお客さんにしか出来ない話もある。
 美味しいお鮨、美味しい料理、美味しい日本酒をご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2021年11月28日

素晴らしき昼焼き肉

/完全貸切焼肉 虎室/麺場 瀧、開店準備中/

クリックすると拡大します

 日曜日は昼間から焼き肉を楽しもうと、渋谷は道玄坂の完全貸切焼肉 虎室公式ホームページ)へ。
 焼肉屋の3階を個室化し、一日二組だけの予約制となります。
 いずれは会員制を予定しているそうですが、現在は会員以外でも予約が出来ます。
 ということで、今のウチ、ですな。

クリックすると拡大します

 店舗は全階焼き肉を提供されていて、1階はカウンター席、2階はテーブル席、3階が予約制の個室。
 3階は喫煙家にはたまらない喫煙可のスペース、ま、我々は吸いませんが。
 現在は焼き肉に飲み放題が付いて8,000円のコースのみ、四名様から。

クリックすると拡大します

 階段で店舗に階に上がると、私のような平民にはもの凄く敷居が高い会員制の扉が待ち構えています。
 ま、ね、鍵は掛かっていないので、誰でも開けられると言えば開けられるけどね。

クリックすると拡大します

 天国への階段、って言っての分からない世代の方が多いだろうな。
 登って折れて、もう一度折れて。

クリックすると拡大します

 紹介の写真通りの風景、もの凄くテンションが上がります。
 手前と奥と両方使えるけど、今日は手前のテーブルで焼き肉を楽しみます。
 まるでホームパーティーの様ですが、ホームパーティーと違うところは、支度も要らなければ片付けも不要。

クリックすると拡大します

 飲物は焼酎を中心に揃っていて、そこはかとなくスパークリングワインが冷してあります。
 現在は日本酒が用意されていませんが、いずれ、用意されるようになるそうです。

クリックすると拡大します

 壁側にはグラスやディッシュが揃っていて、セルフサービス。
 炊きたてのごはんと、コムタンスープも用意されています。

クリックすると拡大します

 料理は1階から運ばれてきます。
 先ずは、前菜3種(キムチ・もやし・季節のナムル)。
 ついついいつものクセで、人数割りして個々のお皿に盛り付けて配ってしまいます。
 焼き肉を楽しむ前の下ごしらえ、大切に考えています。

クリックすると拡大します

 で、スパークリングワインで乾杯。
 昼間から飲むワインは最高に美味しい、こんな美味しくて良いんだろうか。
 ボトルを開けるので残すわけにはいかないのですが、全員で美味しくいただきます。

クリックすると拡大します

 ネタ箱に並べられて運ばれてきた、前菜。
 神戸牛の炙りユッケ、神戸ビーフの炙り握り、和牛シルク生レバー焼き。
 三階の個室に運ぶのに、トレーよりネタ箱の方がどんなに美味しそうに思えるか。

クリックすると拡大します

 シルク生レバーはさっと火を入れて頂きます。
 握りには金箔があしらわれ、そのまま頂くユッケの美味しさよ。

クリックすると拡大します

 ワインは専用のセラーに用意されています。
 この日は7種類のワインが用意されていて、この日は四本ほど空けました。
 自身でコルクを抜くのは久し振りで、苦戦しつつも頑張る私。

クリックすると拡大します

 前菜はネタ箱に入れてありましたが、焼き肉は金色の大きなお椀に。
 後から考えたら1度に持ってくるにはちょうどいい大きさですが、その時は驚きしかありません。

クリックすると拡大します

 蓋を取ると、どんど盛り合わせ。
 写真で見るとふーんな風景でも、こうして目の前で見せられると迫力があります。
 んで、店員さんの説明を上の空で聞いて、さて、焼きますか。

クリックすると拡大します

 先ずは手前からと、神戸ビーフの肩ロース。
 ロースターに乗り切れないほどの大きさって、それだけでワクワクしますね。
 それでいて、肉質が良いので焼きに時間が掛からず、ミディアムレアでいただきます。
 サシがキツいお年頃でも、美味しいサシは食べられるというワガママ体質。

クリックすると拡大します

 神戸ビーフのらんぷ。
 先の肩ロースはハサミで切り分ける大きさでしたが、こちらは一口で食べられる大きさ。
 神戸ビーフは久し振りにいただきますが、柔らかさ以上に美味しいですなぁ。

クリックすると拡大します

 上ハラミ。
 ハラミも一口大にカットされていて、多少の大きさに違いはあるけど、ケンカせずに仲良くいただきます。
 この大きさとロースターの大きさがちょうど合っていて、焼きやすいし食べやすい。

クリックすると拡大します

 上タン塩。
 塩はレモン汁で、たれは醤油たれでいただきます。
 タンは厚めにカットされ、歯応えも旨味も香りさえ楽しめます。

クリックすると拡大します

 かいのみ。
 焼き肉が美味しいのは当たり前になってきて、お喋りが盛り上がってきます。

クリックすると拡大します

 赤身さがり。
 急に大ぶりになって、全部ちゃんと乗せ切れていないけど、そこはそれ、ひっくり返すときに並べて。
 たれ以外に胡椒や山葵で食べるのも美味しいです。

クリックすると拡大します

 コムタンスープ。
 最後にごはん共に食べる前に、スープだけいただきます。
 牛肉がたっぷり沈めてあって、とっても美味しい。

クリックすると拡大します

 松阪牛の特製タレ漬けカルビ。
 ドンと鉄板全体を使って焼き上げるカルビ、焼けるたれが香ばしい。
 サシと赤身に慣れた舌をいったんリセット、的な。

クリックすると拡大します

 ササミ。
 ここのところ、鶏のささみばかり食べていたので、牛のささみは久し振り。
 しつこくないサシがしっかりと入っていて、深めの火入れで美味しくいただきます。

クリックすると拡大します

 サガリ(だと思う)。
 美味しい焼き肉も最後、いつもだったら「私もいい」がでるところ、今日は誰も良いと言わない。
 つまり、美味しい焼き肉は全部食べたらお腹いっぱいになるってことだ。

クリックすると拡大します

 激辛チーズチップ。
 焼き肉を食べ終わったタイミングで運ばれてきたチップ。
 一人二つを焼かずにそのまま食べますが、見た目ほどは辛くないチーズ。

クリックすると拡大します

 ホルモンの旨辛焼き。
 たれがたっぷり漬けられているので、たけすに乗せられています。

クリックすると拡大します

 部位の説明を聞き逃しましたが、多分シロ。
 正肉をお腹いっぱい食べているのに、ホルモンを焼き出すとまた食欲が出てくる不思議。
 甘辛く味付けされていて、これはこれで美味しい。

クリックすると拡大します

 ワインもかなり進んでいて、もはや部位を覚えていませんが。
 全員がしっかりと食べるところは、ここまでのお肉が美味しかったから。

クリックすると拡大します

 〆は炊きたてご飯にコムタンスープを掛けて。
 よそってくれた友達が肉をたっぷりすくってくれて、嬉しい限り。

クリックすると拡大します

 手抜かりなく用意されているデザート、この日は杏仁豆腐。
 最後に冷たいデザートって、とっても合うよね。
 美味しいお肉、美味しいワイン、素敵な個室で存分に楽しみました。 

クリックすると拡大します

 麺場 瀧、開店準備中
 つか、11/24オープン予定だったので、女房にクルマで連れて行ったもらったのですが、やってない。
 立て看板をみると、11/30オープンに延期されたそう。

クリックすると拡大します

 公式インスタグラムをみると、オープン記念として11/30と12/1には何やらサービスがあるらしい。
 どうせその二日は行かれないし。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記