2021年12月13日

魅惑の試食会

/らーめん方来亭@新宿区若松町にて日替り特別ランチ(味噌ラーメン+餃子)/魚と豚と黒三兵 飯田橋店@飯田橋にて激辛魚豚骨つけ麺、ラーメン出汁鯛茶漬け/ネオ大衆 鶏 酒場 ハングリーチキン 神田駅本店/

クリックすると拡大します

 今週も早めに新宿駅に着いたので、事務所まで歩くことにした。
 週の半分は歩いている様な気がするけど、まま、天気が良い日と冬の間だけだな。
 今年の紅葉も見納めだな。

クリックすると拡大します

 お昼は、らーめん方来亭@新宿区若松町へ。
 ここ最近はお昼をスーパーのお弁当で済ませることが多くて、久し振りの訪問。
 先に入ろうとした2人組が店内を覗くやいなや離脱していき、おっと満席かと同じように店内を覗く。
 確かに満席、だがしかし、カウンターが1席空いているじゃぁ、ないか。

クリックすると拡大します

 今日、何を食べるかは店頭に貼り出された日替り特別ランチに決めてあります。
 ラーメンではない定食物もあるけど、きっと、多分、ずっとラーメンセットを食べると思います。

クリックすると拡大します

 頬ずりしたくなるほど長年使い込んだテーブル。
 この店にレジはなく、店主さんか女将さんの手作り箱がレジ代わり。
 以前はレジがあったのかなぁ、初めっからレジを使っていないのかな。

クリックすると拡大します

 少し待って、日替り特別ランチ(味噌ラーメン+餃子)950円
 細かい調理を見ていませんが、おそらくタンメンと同じ調理で、味噌と挽肉を合わせた感じ。
 たっぷりモヤシにニラ、ニンジン、タマネギ、キクラゲに挽肉を合わせてスープで煮込んであり、とても心好い。

クリックすると拡大します

 中太麺は程良い茹で加減でスープによく合っています。
 前回タンメンを食べたので、未だこの店でチャーシューを食べていないな。

クリックすると拡大します

 セットの餃子は5個。
 しっかり焦げ目の付いた餃子は焦げも味のウチ、たっぷりめの酢胡椒で頂きます。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、魚と豚と黒三兵 飯田橋店@飯田橋(千代田区飯田橋1-6-8)へ。
 西新宿店を2019/5/27にオープンし、御徒町店を2020/12/15、そして飯田橋店を2021/12/15オープン予定。
 の、オープン前の試食会にお声掛け頂きました(ラーメン評論家ではないのに
 立地は華火飯田橋店跡地、FC展開を見据えて直営店として出店(御徒町店はプロデュース店)。

クリックすると拡大します

 店内に入り、店主さんにご挨拶して券売機に向かいます。
 券売機はテストモードですので、どのボタンを何回でも押せます。
 試食会で今日が終わりなら2杯は食べるところですが、今夜は今回のオープンに合わせた新メニューを。

クリックすると拡大します

 店内は前店の居抜き、カウンターは4席と3席、テーブルは奥だけにして4人掛けが2卓、計15席。
 つまり、店内入ってすぐにテーブル席はいったんは撤廃した形です。
 ずっと撤廃したままか、機を見て配置するのかは、なんとも。

クリックすると拡大します

 メニューは魚豚骨ラーメン850円、魚出汁ラーメン800円、魚豚骨つけ麺900円、激辛魚豚骨つけ麺950円。
 つけ麺の麺量は並200g、大盛り300g50円増し、特盛り400g100円増し。
 ラーメンの麺増量は替玉150円で対応されています。
 ご飯物はラーメン出汁鯛茶漬け400円、炙りチャーシュー丼400円、花鯖節卵かけご飯250円、白飯100円。

クリックすると拡大します

 黒三兵のこだわり
 西新宿店で打っている自家製麺、季節毎に小麦のブレンド率を調整されているそうです。
 お店のウリである「出汁」はサバ、ウルメ、焼きアゴ、アゴ、サンマのブレンド。
 国産きくらげ、自家製唐辛子はカミングスーン。

クリックすると拡大します

 FC展開を見据えて、ラーメン出汁鯛茶漬けをリリース。
 先ずはお店で美味しいと考える鯛茶漬けを用意されたそうで、多くのお客さんの意見を聞いていきたいと。

クリックすると拡大します

 卓上にはラーメンタレ、七味、山椒。
 試しに辛子高菜とおろしニンニクも用意されています。

クリックすると拡大します

 程なくして、激辛魚豚骨つけ麺950円
 ※盛り付けは試行中であり、グランドオープン後には変更になる可能性があります。
 丸めた麺の上にスライスチャーシュー、カイワレ大根、白髪ねぎ、半身味玉、カットレモンを盛り付け、焼海苔を添えてあります。
 キリリとした冷水で締められた自家製の中太麺をつけ汁に浸けて啜る、とっても心好い。

クリックすると拡大します

 2年以上も麺打ちされて高まっていたクオリティ、決して完成ではないけれど、決して完成なんてしないけれど。
 つけ汁はしっかり魚介出汁を感じられる心好い味わい、辛味はかなり抑えめで看板に偽りあり(笑)
 チャーシューがかなり良い感じで、つけ汁に浸けて頂くと格別な心好さ。
 麺を半分食べたところでカットレモンをギュッと絞って味変、ぐっと味が締まります。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わったらスープ割り。
 つけ汁の器を店員さんに渡し、厨房で割スープを注いでもらいます。
 すっかり冷めたつけ汁が熱々に生き返って、最後の1滴まで飲んでしまいました。

クリックすると拡大します

 ラーメン出汁鯛茶漬け400円
 半膳ほどのご飯に鯛の切り身が三枚、ポットには魚介出汁が用意され、本わさびが添えられています。

クリックすると拡大します

 一口目はそのまま頂きます。
 ご飯と一緒に味わう鯛の旨み、刻み海苔の香りも豊かです。

クリックすると拡大します

 残りは魚介出汁を掛けて楽しみます。
 関西出身の店員さんですので、関東人には味がしないほど薄味の関西だし。
 薄味は薄味で心好いけど、本わさびを合わせた頂くともっと心好い。

クリックすると拡大します

 つけ麺も鯛茶漬けも程々の量で、アラ高な私にはぴったりでした。
 食べ終わって店員さんにアドバイスではなく単なる感想を伝えます。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 試食会を済ませて、夜はネオ大衆 鶏 酒場 ハングリーチキン 神田駅本店へ。
 牛肉も豚肉も好きだけど、鶏肉もちゃんと食べておきたいと、友達を誘って神田へ。
 神田南口近郊は少しずつ活気を取り戻しつつあります。
 それでも、それなりに戻っている店とそうで無い店との明暗が付きつつあります。

クリックすると拡大します

 予約して伺ったので、2階の見晴らしの良いテーブル席に案内されます。
 とは言え、2階は喫煙フロアなので(1階は禁煙)、紫煙が気になる人は気になるでしょう。

クリックすると拡大します

 メニューはお店に行ってから決める主義(コース料理を除く)ですので、先ずはビールで乾杯。
 今夜は神田で2人お疲れ様会。
 生ビールも用意されていますが、差しつ差されつも楽しみのウチなので、瓶ビールで。

クリックすると拡大します

 こちらはお通しが柚子皮を浮かべた鶏スープ、飲み物のお通しって初めて。
 一口目は熱々ですが、徐々に冷めていき、最後の方はかなり冷たい。
 しかしして、食事の後半は冷たいスープがちょうど心好い。

クリックすると拡大します

 鶏料理が出来上がるまでのファストパス、もろみきゅうり280円。
 ビールのツマミにひとつふたつとつまむ料理、キュッと冷たい胡瓜が心好い。

クリックすると拡大します

 ファストパス第二弾は、大人の燻製ポテトサラダ480円。
 二人で伺っているので、敢えて分けにくい料理を注文して、初めての共同作業。
 ポテトサラダを逸品料理とカテゴライズする店が多い中、こちらはサラダに分類されています。
 まー、サラダだよな。

クリックすると拡大します

 ビールが蒸発したら、すかさず日本酒。
 お店の推しはワインなのですが、私は日本酒。
 食べログの公式ページには数種類が紹介されていましたが、伺ってメニューを見ると18種類がラインナップ。
 一杯目は不動、千葉のお酒から飲み始めてしまってよろしかったでしょうか。

クリックすると拡大します

 【東京しゃも】軍鶏のもも肉、むね肉食べ比べ1,280円。
 焼き鳥も良いけど鶏焼もね、鉄板の上にはたっぷりの胡瓜、獅子唐に、もも肉とむね肉。
 当初想定通り、どちらも心好くて優越付けがたく、柚子胡椒も良い感じです。

クリックすると拡大します

 二杯目は明鏡止水、特選 純米吟醸 ひやおろし。
 瓶に巻かれている薄いビニールは、お客さんに出すときには外すべきですが、こちらでは付いていました。

クリックすると拡大します

 【薩摩知覧どり】知覧どりもも肉、むね肉食べ比べ980円。
 初めて頂く薩摩知覧どり、もも肉もむね肉もどちらも心好いのは軍鶏と同様。
 先の鉄板とほぼ同時に運ばれてきたので、4種類の鶏肉を1度に味わえました。

クリックすると拡大します

 三杯目は司牡丹の船中八策、純米酒。
 焼き鳥には日本酒が合いますが、鶏焼にも日本酒は合います。

クリックすると拡大します

 薩摩知覧どりたたき三種盛り1,280円
 三種は知覧どりももたたき、生ハム、知覧どりむねたたき。
 以前ならば生肉で勝負でしたが、現代は低温調理済み。
 辛子、山葵漬け、おろしニンニクで色々な味を楽しめます。

クリックすると拡大します

 宮城の蔵元である墨廼江酒造が醸す「墨廼江 本辛(すみのえ ほんから)」特別本醸造 R3BY。
 18種類の銘柄のウチ、唯一飲んだことがなかった銘柄。
 いずれも1合、2人で差しつ差されつ飲めば、4種類なら1人2合。
 日本酒は多くても少なくても心好い。

クリックすると拡大します

 厳選三種盛り980円。
 レバー刺し、砂肝刺し、ハツ刺しの三種ですが、こちらも低温調理時済み。
 鮮度や張りは失われていますが、安全性に敵うわけも無し。
 美味しい鶏料理、美味しい日本酒をご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年12月12日

女房とカレーデート

/ロイヤルインドレストラン秦野店にてツーカレーのナンセット/

クリックすると拡大します

 特に予定がない日曜日、いや、予定を入れなかった日曜日。
 前後の繁忙さを鑑み、近場か遠方かの新規オープンしたラーメン店を伺おうかと。
 インスタントコーヒーでのんびりしていると、カレー、食べ行こうよと天使のささやき。

クリックすると拡大します

 お昼は、ロイヤルインドレストラン秦野店公式ホームページ)へ。
 随分伺っていないなぁと思っていたら、三ヶ月も空いてしまった。
 休日なので混み合っているかなと店内に入るとノーゲス、その後、後客続々。

クリックすると拡大します

 憧れのテーブル席へ案内されます。
 カウンター席と見える景色が違いますし、窓からの柔らかい自然光がまぶしい。
 店員さんから「今日の日替わりはチキンとカブです」の説明を聞き、今日は何にしようかなと。

クリックすると拡大します

 女房はツーカレーのナンセット1,300円、カレーは日替わりとキーマ、ナンをハニーチーズ220円に変更。
 ナンはいつもプレーンだったので、ハニーチーズだと四つ切りされていることに驚く。
 いや、世間のカレーのナンは四つ切りされているのが一般的で、私が知らないだけだろうな。

クリックすると拡大します

 私はツーカレーのナンセット1,160円、カレーは日替わりとミックスベジタブル、ナンをガーリック180円に変更。
 辛さが選べるので今日は辛口、女房も辛口にしていました。
 自分史上初めてナンをアップグレードしてみたら、「私はプレーンを食べたことは無いわ」と遠くから声が。

クリックすると拡大します

 先ずは日替わりカレーにナンを浸けて頂きます。
 食べた印象では、チキンとカブはナンに乗せて食べやすい大きさに小切りされています。
 カブもカレーに合いますね、まあ、世の中の食材の殆どがカレーに合うとは思うけど。

クリックすると拡大します

 サラダを食べたら、今度はミックスベジタブルカレーに浸けて頂きます。
 小さい器に押し込んでカレーを付けて食べていたら、女房はカレーはカレー、ナンはナンで楽しんでいます。
 そういう食べ方も楽しそうだなと思いつつも、これまでのやり方を変えられないアラ高な私。
 食べ終わりそうになるにつれ、カレーとナンの残量が気になり出します。

クリックすると拡大します

 ナンの無料お代わりをしなければカレーを食べ切りたいし、お代わりするのであればカレーを残したい。
 そんな葛藤を見透かしたように「ナンのお代わりはいかがですか」と水を向けられ、「ハーフサイズでお願いします」と応える、無料ならばもらうよ精神の私。
 「プレーンは食べたことが無いので」と少し女房に分け、殆どを自分で頂きました。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 帰宅して、女房に散々言われていた庭木の剪定。
 既にノコギリで何とかなるサイズではなくなっているので、チェーンソーの購入をそろそろ検討せねば。
posted by ふらわ at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年12月11日

焼き肉屋でプチ忘年会

/麺屋ジョー@新丸子にてジョーまぜそば全部のせ、粉チーズ/ホルモン焼肉 川名にてプチ忘年会/

クリックすると拡大します

 ゆっくり起きた土曜日は、自治会の清掃に参加することから。
 きっちり午前中掛かると思っていたら、意外にも早く終了。
 行きたいと思っていたらラーメン店の営業時間に間に合いそうです。

クリックすると拡大します

 お昼は、麺屋ジョー@新丸子(川崎市中原区小杉町)公式インスタ)へ。
 店主さんは「もつ屋じゅうに」出身、独立されて「めし家ジョー」を2021/6/1オープン。
 6/22からランチ営業をスタート、2021/11/1からランチ営業を「麺屋ジョー」とリニューアル。
 立地は「個室居酒屋 岳‐はなれ‐」跡地、武蔵小杉駅からも新丸子駅からも徒歩5分。

クリックすると拡大します

 店内はカウンター5席、2人掛けテーブルが4卓。
 卓上にはラー油、酢、醤油。

クリックすると拡大します

 ランチ営業は11:00-14:00、口頭注文後会計。
 メニューはジョーまぜそば950円、ジョーまぜそば全部のせ1,300円のみ。
 トッピングは自家製低温鶏チャーシュー、自家製煮豚チャーシューが300円、煮玉子、メンマ、粉チーズ、水菜、ネギが100円。
 全部のせが基本で、まぜそばを食べ慣れないお客さん向けにトッピングを減らしたメニューが用意されている印象です。

クリックすると拡大します

 「今から使えます」と永久無料の100円トッピング一つ無料券を渡されます。
 すぐに使えるとなればすぐに使いたいのが心情、どれにしようかと逡巡していると「粉チーズ以外はトッピングされています」と説明されます。
 オススメされると断れない小心者、逡巡を済ませて粉チーズで。

クリックすると拡大します

 少し待って、ジョーまぜそば全部のせ1,300円、粉チーズ100円(無料券)、マヨネーズ(無料)。
 トッピングは自家製低温鶏チャーシュー、自家製煮豚チャーシュー、刻みタマネギ、ネギ、刻み海苔、
 煮卵、卵黄、柿の種、クラッシュナッツ、島原百年生姜、メンマ、水菜、挽肉。
 自分史上最多のトッピングに、胡麻とネパール山椒が振られています。

クリックすると拡大します

 これだけトッピングが多いと、一般的なまぜそばとは異なる食べ方なのだろうと、食べ方説明書を読みます。
 「ともかく混ぜる」とあり、混ぜ始めましたが、チャーシューが大きくて、メンマが太くて、混ぜられません。
 かなり多い水菜も混ぜにくさを拍車を掛けていますが、まま、ともかく食べるかと。

クリックすると拡大します

 サッポロめんフーズの縮れ中太麺がしっかり醤油たれに絡み、トッピングとともに楽しめます。
 途中で辣油と酢を回し掛け、マヨネーズを合わせ、粉チーズを振り掛けて、と。
 味変と言うことではなく、そうすることでやっと味が完成という印象。

クリックすると拡大します

 全部食べるとお腹いっぱいで追い飯まで辿り着けず、こんなことではラヲタ失格。
 麺量が多かったのかと店員さんに訊くと160gと標準的、、この程度でお腹いっぱいはラヲタ失格。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、ホルモン焼肉 川名へ。
 友人である萬馬軒店主さんが始めた焼き肉やと焼き鳥屋のハイブリッド店。
 焼鳥 吉川には伺ったので、今夜はホルモン焼き 川名へ。
 焼き鳥屋には一人で伺えるけど、焼肉屋には大人数で伺いたい。

クリックすると拡大します

 店内中央に掘りごたつスペースが用意されているので、今夜は2列を貸切。
 貸切と言っても世情を反映したゆったりスペース。
 基本的なメニューは固まりつつありますが、焼き肉や日本酒などは仕入れなどで日によって変わります。
 チェーン展開店であっても支店単位で特徴を出す時代、日替わりメニューは今も昔も楽しみ。

クリックすると拡大します

 この日のリーチインを覗くと、日本酒のワンカップがずらり。
 自分の飲んだ量が分かりやすい正一合(使い方が間違っているけどシャレですから)。
 一升瓶や四合瓶のラベルも魅力的、ワンカップだと写真がとても撮りやすい。

クリックすると拡大します

 前菜。
 千切キャベツ、キムチ、もやしナムル。
 量的には三人前になります。

クリックすると拡大します

 にんにくホイル焼とバターコーンホイル焼、肉が来る前に火を入れ始めます。
 肉が来るまではセンターで、来たら端っこで温め続けます。
 コーンもにんにくも、焼き肉と一緒に食べるととっても心好い。

クリックすると拡大します

 韓国のり。
 一人二枚ずつの割り当て。

クリックすると拡大します

 焼野菜。
 かぼちゃ、ズッキーニ、さつま芋、パプリカ、長葱。
 野菜が焼き上がる頃には焼き肉が来ていて、一緒に食べるととても心好い。

クリックすると拡大します

 タン先、タンカルピ。
 タン先はタン(舌)の先っぽ、タンカルビはタンの根元でありタンモト、上タンとも呼ばれる。
 ホルモン自体の味で他店との差別化は難しいけど、カットや厚みはお店毎に異なります。
 食べやすさ重視のカットが素晴らしい。

クリックすると拡大します

 カルビ。
 焼き肉はやっぱりカルビ、肉の旨味、甘味が十分に楽しめます。

クリックすると拡大します

 ロース。
 カルビも美味しいけどロースもね。
 この辺りで遅れていた友人が来たので、4枚に。

クリックすると拡大します

 ハラミ。
 カルビもロースも美味しいけど、ハラミもね。
 後になって写真で見るとかなり色合いが違うけど、食べている時は夢中だから分からなかったりする。
 まま、どれも心好いからそれで良し。

クリックすると拡大します

 はつ。
 自分史上、最大級のはつ。
 ホルモンの中でタンの次に好きな部位で、自身の心臓が少しでも強くなれれば。

クリックすると拡大します

 コプチャン(小腸)。
 ここから、たれやき。
 濃いめの味噌たれで味付けされているので、味よりも食感を楽しむホルモンの認識。

クリックすると拡大します

 ギャラ。
 牛は胃が四つあって、口に近い部分からミノ、ハチノス、センマイ、ギアラ(ギャラ)と呼ばれます。
 ギアラだけが消化液を分泌する本来の胃、他は反芻動物特有の発酵分解を担う胃。

クリックすると拡大します

 ハツモト。
 ハツ(心臓)のモト(元)とは大動脈、血管なので丸い管ですけど、すごく固いので開いて包丁を入れて。
 酔いが覚めるほどの歯応え、だがそれがいい。

クリックすると拡大します

 豚仔袋(多分)。
 お喋りに夢中になっていて、部位についてはちょっと怪しいので、多分。

クリックすると拡大します

 ケジャン。
 ケジャンは生のワタリガニをヤンニョムに漬け込んだ料理。
 初めて食べましたが、強めの辛味と蟹の旨味が独特、マッコリを飲みたく逸品。

クリックすると拡大します

 豚トロ。
 豚の首のまわりはほとんどが脂身、ほんのわずかな赤身の部分が豚トロ。
 脂身はトロから想像される重みのある味わいではなく、さっぱりした心好さ。

クリックすると拡大します

 豚テッポウ。
 テッポウとは直腸、随分久し振りに頂きました。

クリックすると拡大します

 豚タン。
 ホルモンで一番好きなタン、今夜は牛タンも豚タンも頂けて、嬉しい。

クリックすると拡大します

 豚かしら。
 いわゆるほほ肉ですな、見た目以上に柔らかくて食べやすい。

クリックすると拡大します

 豚ハラミ。
 牛ハラミも美味しいけど豚ハラミも美味しい、つまりハラミは牛も豚も美味しい。

クリックすると拡大します

 牛レバー。
 お任せで一通り出してもらって、足りない部位(食べたい部位)を追加。
 レバーは色々なカットが楽しめて、今夜はブロック状で楽しみます。

クリックすると拡大します

 鉄板は途中で何度か替えてもらって、と。
 こちらでは全員分のトングを用意されているので、自分の焼き肉は自分で育てるスタイル。
 いいですなぁ、楽しいですなぁ。

クリックすると拡大します

 豚ナンコツ。
 豚ナンコツって豚ノド軟骨と豚バラ軟骨がありますが、こちらは豚ノド軟骨。
 ほぼ軟骨なので、しっかり焼いて、しっかり楽しめます。

クリックすると拡大します

 伺った人数に関係なく「一人前」として提供するのではなく、一枚幾らで提供する焼き肉屋。
 一枚提供の焼き肉屋はこれまでもありましたが、ちゃんと座って、少人数でも大人数でも楽しめる店は初めて。
 それでも、焼き肉より焼き鳥が人気のようで、機を見て店内を焼き鳥主体にリニューアルする予定だとか。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記