2021年12月13日

魅惑の試食会

/らーめん方来亭@新宿区若松町にて日替り特別ランチ(味噌ラーメン+餃子)/魚と豚と黒三兵 飯田橋店@飯田橋にて激辛魚豚骨つけ麺、ラーメン出汁鯛茶漬け/ネオ大衆 鶏 酒場 ハングリーチキン 神田駅本店/

クリックすると拡大します

 今週も早めに新宿駅に着いたので、事務所まで歩くことにした。
 週の半分は歩いている様な気がするけど、まま、天気が良い日と冬の間だけだな。
 今年の紅葉も見納めだな。

クリックすると拡大します

 お昼は、らーめん方来亭@新宿区若松町へ。
 ここ最近はお昼をスーパーのお弁当で済ませることが多くて、久し振りの訪問。
 先に入ろうとした2人組が店内を覗くやいなや離脱していき、おっと満席かと同じように店内を覗く。
 確かに満席、だがしかし、カウンターが1席空いているじゃぁ、ないか。

クリックすると拡大します

 今日、何を食べるかは店頭に貼り出された日替り特別ランチに決めてあります。
 ラーメンではない定食物もあるけど、きっと、多分、ずっとラーメンセットを食べると思います。

クリックすると拡大します

 頬ずりしたくなるほど長年使い込んだテーブル。
 この店にレジはなく、店主さんか女将さんの手作り箱がレジ代わり。
 以前はレジがあったのかなぁ、初めっからレジを使っていないのかな。

クリックすると拡大します

 少し待って、日替り特別ランチ(味噌ラーメン+餃子)950円
 細かい調理を見ていませんが、おそらくタンメンと同じ調理で、味噌と挽肉を合わせた感じ。
 たっぷりモヤシにニラ、ニンジン、タマネギ、キクラゲに挽肉を合わせてスープで煮込んであり、とても心好い。

クリックすると拡大します

 中太麺は程良い茹で加減でスープによく合っています。
 前回タンメンを食べたので、未だこの店でチャーシューを食べていないな。

クリックすると拡大します

 セットの餃子は5個。
 しっかり焦げ目の付いた餃子は焦げも味のウチ、たっぷりめの酢胡椒で頂きます。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、魚と豚と黒三兵 飯田橋店@飯田橋(千代田区飯田橋1-6-8)へ。
 西新宿店を2019/5/27にオープンし、御徒町店を2020/12/15、そして飯田橋店を2021/12/15オープン予定。
 の、オープン前の試食会にお声掛け頂きました(ラーメン評論家ではないのに
 立地は華火飯田橋店跡地、FC展開を見据えて直営店として出店(御徒町店はプロデュース店)。

クリックすると拡大します

 店内に入り、店主さんにご挨拶して券売機に向かいます。
 券売機はテストモードですので、どのボタンを何回でも押せます。
 試食会で今日が終わりなら2杯は食べるところですが、今夜は今回のオープンに合わせた新メニューを。

クリックすると拡大します

 店内は前店の居抜き、カウンターは4席と3席、テーブルは奥だけにして4人掛けが2卓、計15席。
 つまり、店内入ってすぐにテーブル席はいったんは撤廃した形です。
 ずっと撤廃したままか、機を見て配置するのかは、なんとも。

クリックすると拡大します

 メニューは魚豚骨ラーメン850円、魚出汁ラーメン800円、魚豚骨つけ麺900円、激辛魚豚骨つけ麺950円。
 つけ麺の麺量は並200g、大盛り300g50円増し、特盛り400g100円増し。
 ラーメンの麺増量は替玉150円で対応されています。
 ご飯物はラーメン出汁鯛茶漬け400円、炙りチャーシュー丼400円、花鯖節卵かけご飯250円、白飯100円。

クリックすると拡大します

 黒三兵のこだわり
 西新宿店で打っている自家製麺、季節毎に小麦のブレンド率を調整されているそうです。
 お店のウリである「出汁」はサバ、ウルメ、焼きアゴ、アゴ、サンマのブレンド。
 国産きくらげ、自家製唐辛子はカミングスーン。

クリックすると拡大します

 FC展開を見据えて、ラーメン出汁鯛茶漬けをリリース。
 先ずはお店で美味しいと考える鯛茶漬けを用意されたそうで、多くのお客さんの意見を聞いていきたいと。

クリックすると拡大します

 卓上にはラーメンタレ、七味、山椒。
 試しに辛子高菜とおろしニンニクも用意されています。

クリックすると拡大します

 程なくして、激辛魚豚骨つけ麺950円
 ※盛り付けは試行中であり、グランドオープン後には変更になる可能性があります。
 丸めた麺の上にスライスチャーシュー、カイワレ大根、白髪ねぎ、半身味玉、カットレモンを盛り付け、焼海苔を添えてあります。
 キリリとした冷水で締められた自家製の中太麺をつけ汁に浸けて啜る、とっても心好い。

クリックすると拡大します

 2年以上も麺打ちされて高まっていたクオリティ、決して完成ではないけれど、決して完成なんてしないけれど。
 つけ汁はしっかり魚介出汁を感じられる心好い味わい、辛味はかなり抑えめで看板に偽りあり(笑)
 チャーシューがかなり良い感じで、つけ汁に浸けて頂くと格別な心好さ。
 麺を半分食べたところでカットレモンをギュッと絞って味変、ぐっと味が締まります。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わったらスープ割り。
 つけ汁の器を店員さんに渡し、厨房で割スープを注いでもらいます。
 すっかり冷めたつけ汁が熱々に生き返って、最後の1滴まで飲んでしまいました。

クリックすると拡大します

 ラーメン出汁鯛茶漬け400円
 半膳ほどのご飯に鯛の切り身が三枚、ポットには魚介出汁が用意され、本わさびが添えられています。

クリックすると拡大します

 一口目はそのまま頂きます。
 ご飯と一緒に味わう鯛の旨み、刻み海苔の香りも豊かです。

クリックすると拡大します

 残りは魚介出汁を掛けて楽しみます。
 関西出身の店員さんですので、関東人には味がしないほど薄味の関西だし。
 薄味は薄味で心好いけど、本わさびを合わせた頂くともっと心好い。

クリックすると拡大します

 つけ麺も鯛茶漬けも程々の量で、アラ高な私にはぴったりでした。
 食べ終わって店員さんにアドバイスではなく単なる感想を伝えます。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 試食会を済ませて、夜はネオ大衆 鶏 酒場 ハングリーチキン 神田駅本店へ。
 牛肉も豚肉も好きだけど、鶏肉もちゃんと食べておきたいと、友達を誘って神田へ。
 神田南口近郊は少しずつ活気を取り戻しつつあります。
 それでも、それなりに戻っている店とそうで無い店との明暗が付きつつあります。

クリックすると拡大します

 予約して伺ったので、2階の見晴らしの良いテーブル席に案内されます。
 とは言え、2階は喫煙フロアなので(1階は禁煙)、紫煙が気になる人は気になるでしょう。

クリックすると拡大します

 メニューはお店に行ってから決める主義(コース料理を除く)ですので、先ずはビールで乾杯。
 今夜は神田で2人お疲れ様会。
 生ビールも用意されていますが、差しつ差されつも楽しみのウチなので、瓶ビールで。

クリックすると拡大します

 こちらはお通しが柚子皮を浮かべた鶏スープ、飲み物のお通しって初めて。
 一口目は熱々ですが、徐々に冷めていき、最後の方はかなり冷たい。
 しかしして、食事の後半は冷たいスープがちょうど心好い。

クリックすると拡大します

 鶏料理が出来上がるまでのファストパス、もろみきゅうり280円。
 ビールのツマミにひとつふたつとつまむ料理、キュッと冷たい胡瓜が心好い。

クリックすると拡大します

 ファストパス第二弾は、大人の燻製ポテトサラダ480円。
 二人で伺っているので、敢えて分けにくい料理を注文して、初めての共同作業。
 ポテトサラダを逸品料理とカテゴライズする店が多い中、こちらはサラダに分類されています。
 まー、サラダだよな。

クリックすると拡大します

 ビールが蒸発したら、すかさず日本酒。
 お店の推しはワインなのですが、私は日本酒。
 食べログの公式ページには数種類が紹介されていましたが、伺ってメニューを見ると18種類がラインナップ。
 一杯目は不動、千葉のお酒から飲み始めてしまってよろしかったでしょうか。

クリックすると拡大します

 【東京しゃも】軍鶏のもも肉、むね肉食べ比べ1,280円。
 焼き鳥も良いけど鶏焼もね、鉄板の上にはたっぷりの胡瓜、獅子唐に、もも肉とむね肉。
 当初想定通り、どちらも心好くて優越付けがたく、柚子胡椒も良い感じです。

クリックすると拡大します

 二杯目は明鏡止水、特選 純米吟醸 ひやおろし。
 瓶に巻かれている薄いビニールは、お客さんに出すときには外すべきですが、こちらでは付いていました。

クリックすると拡大します

 【薩摩知覧どり】知覧どりもも肉、むね肉食べ比べ980円。
 初めて頂く薩摩知覧どり、もも肉もむね肉もどちらも心好いのは軍鶏と同様。
 先の鉄板とほぼ同時に運ばれてきたので、4種類の鶏肉を1度に味わえました。

クリックすると拡大します

 三杯目は司牡丹の船中八策、純米酒。
 焼き鳥には日本酒が合いますが、鶏焼にも日本酒は合います。

クリックすると拡大します

 薩摩知覧どりたたき三種盛り1,280円
 三種は知覧どりももたたき、生ハム、知覧どりむねたたき。
 以前ならば生肉で勝負でしたが、現代は低温調理済み。
 辛子、山葵漬け、おろしニンニクで色々な味を楽しめます。

クリックすると拡大します

 宮城の蔵元である墨廼江酒造が醸す「墨廼江 本辛(すみのえ ほんから)」特別本醸造 R3BY。
 18種類の銘柄のウチ、唯一飲んだことがなかった銘柄。
 いずれも1合、2人で差しつ差されつ飲めば、4種類なら1人2合。
 日本酒は多くても少なくても心好い。

クリックすると拡大します

 厳選三種盛り980円。
 レバー刺し、砂肝刺し、ハツ刺しの三種ですが、こちらも低温調理時済み。
 鮮度や張りは失われていますが、安全性に敵うわけも無し。
 美味しい鶏料理、美味しい日本酒をご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記