2021年12月23日

メジロの朝食

/メジロの朝食/KITCHEN TAKANO@大口にて鶏つけそば、日替り飯/

クリックすると拡大します

 今日は朝から出先なので、先週伺って印象に残ったお蕎麦屋に伺うも、機器トラブルで営業休止。
 そんなことは全く想定していなかったので、茫然自失の中で飲食店を探すも、コンビニしか見つけられず。
 朝からおにぎり二つ食べるとか、どうなのよ。

クリックすると拡大します

 夜は、KITCHEN TAKANO@大口(横浜市神奈川区大口通11-5)公式ツイッター)へ。
 2021/11/24オープン、中華そば野の2号店、つけ麺専門店とのふれ込み。
 それならば「つけ麺 野」でいいじゃん、とは飲食店未経験の戯れ言です、はい。
 オープン直後は大行列だったらしいけど、今夜は先客ゼロ、後客5人。

クリックすると拡大します

 店内に入り、券売機で食券を買います。
 メニューはチャーシューの違いで、鶏つけそば930円、豚つけそば980円。
 和え玉シングル300円、ダブル600円、トリプル900円。
 ご飯物は日替り飯200円、鶏叉焼丼300円、豚丼(卵黄あり)300円、豚丼(卵黄なし)250円、ライス150円など。

クリックすると拡大します

 本日の日替り飯は、炭火焼き豚のスパイシーキーマカレー。
 期間は不明ですが、限定メニューは塩そば1,000円。

クリックすると拡大します

 席に着く前に、自身でお冷やを用意します。
 カラフルなカラーグラスはプラスチック製で、食洗機用ケースに乗せられています。
 この辺りがラーメン百名店たる所以でしょうか。

クリックすると拡大します

 店内は厨房を囲むL字カウンター3席と6席の9席、卓上には七味、生姜。
 お好きな席にどうぞと案内され、座った椅子の座面がガタガタと揺れてしまって、どうにも落ち着かない。
 座った椅子が悪いのかと、両隣の椅子の座面を揺らしてみると、同じようにガタガタと揺れてしまう。
 さらに短足の私は地に足が着かず、うーん、どうしたもんかな。

クリックすると拡大します

 カウンター台には、スープ、麺、塩だれの説明書きが貼られています。
 スープは2種類の鶏ガラから炊き出しているようですが、果たして私にその素晴らしさが分かるだろうか。
 昆布水は「TAKANOWATER」と呼ぶそうですが、麺と絡むのはどうなんだろう。

クリックすると拡大します

 少し待って、鶏つけそば930円、日替り飯200円
 先に渡された麺丼をお盆の中央奥に置き、次に渡された日替わり飯を右手前に置き、左手前を空けます。
 店員さんがつけ汁を運んできたので、空けたお盆に置くと思ったら「左右、どちらに置きますか?」と訊かれる。
 お盆の空き地が店員さんから見えていないのだろうか、「左側へお願いします」と応えます。

クリックすると拡大します

 なんでわざわざ置く場所を訊くのかとネットを検索すると、つけ汁の器が凄く熱いから置く場所を訊くらしい。
 そうなんだ、それならつけ汁の器も受け皿を用意するという方法もありますね(洗う食器が増えるか)。
 ま、そんなことは余計なお世話、お店にはお店のやり方がありますよね。

クリックすると拡大します

 麺はたっぷりの昆布水に浸かっていて、盛り上げた麺の上に三つ葉を広げ、とろろ昆布を乗せています。
 とても綺麗な盛り付けに、うっとり見とれてしまいます。
 先ずは浸けられた昆布水だけで味わおうと麺を手繰ると、麺が絡まっていて手繰りにくい。
 三河屋製麺の細麺は茹で加減もジャストで、かなり心好い、心好いけど二口で飽きる(個人差があります)。

クリックすると拡大します

 三口め以降はつけ汁へ、塩たれを合わせた鶏ガラスープにも昆布水が混ざって、唯一無二の味わい。
 スープと塩たれの心好さは伝わってきますが、心好さが鶏ガラのブレンドなのかどうかは私には分からない。
 ムネ肉チャーシューは丼に立て掛け、モモ肉チャーシューはつけ汁に沈めてあります。
 どちらもしっとりとした食感、大きさ、厚さ共に今時のラーメン屋の頑張りをヒシヒシと感じます。

クリックすると拡大します

 ここで日替り飯を頂きます。
 今日の日替り飯は、炭火焼き豚のスパイシーキーマカレー。
 申し訳ないけどカレーにネギ要りません(出来れば福神漬けを)。
 ほっかほかのご飯をキーマカレーで頂く幸せ、心好いですなぁ。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わったら、お楽しみのスープ割り。
 麺が浸かっていた昆布水を割スープとするので、冷めたつけ汁を冷たい昆布水で薄める感じになります。
 古い人間の私には「スープ割りは冷めたつけ汁を(温かい割スープで)温めてて楽しむ」と考えています。
 しかしながらこちらはラーメン百名店、昨今のつけ麺のスープ割りは「冷たいまま」が主流なのだろう。

クリックすると拡大します

 中華そば野のつけ麺を食べたことが無いので、どちらが美味しいかを比べることは出来ません。
 きっとどっちも美味しいのだろう。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記