2022年01月05日

友引に一日葬

/一日葬/

クリックすると拡大します

 長男に産まれたときから決まっていた喪主。
 一生のうちに1回しかやらないので、斎場の指示通りにつつがなく執り行う。
 コロナ禍と言うこともあり一日葬、通夜から告別式、初七日までを一日で行います。

クリックすると拡大します

 悩んだ末にやることにした忌中払い、ほぼ黙食。
 一品ずつ小皿に盛り分けられているし、自身で食べる順番を楽しめるし、苦手な食材は回避できます。
 ご飯に漬物が乗せられいて食べやすく、どの食材も薄味でとても心好い。
 ただひとつ、飲めないのが残念。

クリックすると拡大します

 食べ進めていると、テンプラが運ばれてきます。
 天つゆではなく抹茶塩で頂きます。

クリックすると拡大します

 最後にお吸い物と甘味が一緒に出されます。
 途中から食事に飽きた孫が遊びだしたので、少し遊ばせたところで解散。
 雨にも雪にも降られずに終日快晴、いい式でした。
posted by ふらわ at 00:00| 日記