2022年01月31日

残業後にとんかつ

/とんかつ 山さきにてひれかつ定食/

クリックすると拡大します

 残業になると夕飯に困り、20時を過ぎると飲むのにも困る。
 まあ、一食くらいコンビニでも良いし、毎日飲まなくても良いんだけどね。

クリックすると拡大します

 ラーメン、ステーキ、とんかつと悩んでとんかつ。
 とんかつ 山さきへ、もうラヲタは何度目かの卒業。
 入店時はノーゲスでしたが、その後、5人ほど。

クリックすると拡大します

 みんな夕飯難民なのかな。
 店内はカウンター7席と3席、テーブルが4人掛けと2人掛けが2卓ずつ。

クリックすると拡大します

 メニューはロースカツ定食700円、ヒレカツ900円、ミックス定食800円など。
 おお、カキフライ定食950円も始まっているんですな。
 単品は一通り揃っていて、無いのは刺身だけかな。

クリックすると拡大します

 定食というより、ビールか日本酒で単品をつまむには、15分遅かったようです。
 店内は特別に綺麗と言うこともなく、和風かといえば花も軸もない。
 口頭注文後会計は構いませんが、会計は現金のみで手渡し。
 単価500円前後のラーメン店でもキャッシュレス化が進んでいるというのに。

クリックすると拡大します

 先にお茶と漬物が置かれ、後からとんかつ、ご飯、味噌汁。
 世情を反映したか、後からの配膳は席から遠い机に一皿づつ置かれます。

クリックすると拡大します

 程なくして、ひれかつ定食900円
 千切りキャベツはお代わり100円、多めに見える量ですがちょうど良くて、お代わりしませんでした。

クリックすると拡大します

 先ずは箸を濡らすべく、しじみ汁から。
 しじみ汁はすっかり冷めていて、ふうふうのふうも必要ない。
 猫舌だけど、冷めているから飲みやすいとは思いません。

クリックすると拡大します

 ひれかつは平均的な大きさで、それぞれ三つ切りされています。
 注文毎に揚げていますが、切り口から湯気が立ち上ることはありません。
 調味料は特製ソースと辛子のみ、使い方のややこしい塩や味噌は用意されていません。 

クリックすると拡大します

 ご飯の量が多く、新宿(都会)の若者向けの店だと知れる。
 手間は掛かるけど、一膳目は少なめにして、お代わりは一回だけ可能、的な対応が嬉しい。
 なんとなれば、初訪問の店で「ご飯少なめ」は礼に反すると考えているから。
 まま、その辺の手間を省いての低価格路線であるのだろう。

クリックすると拡大します

 ひれかつはどの辺がひれかつか分かりにくく感じましたが、それは自身が残業で疲れているせいだろう。
 ご飯が多かったので食べるペースが難しかったけど、美味しい漬物と一緒にいただきます。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

庭の蝋梅
 庭の蝋梅
CANON RF35mm F1.8 マクロ IS STM / 35mm / Fv(F5、1/200秒、±0EV) / ISO 100
 単焦点レンズで撮ってみた。
 丸ボケが美しい言われているけど、距離と絞りは試行錯誤か。

下向きの椿
 下向きの椿
 CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 79mm / Fv(F5.6、1/1000秒、±0EV) / ISO 1600
 逆光で花を撮るのが好きですが。
 花を明るくするべきか暗いままかは常に迷っている。

街路樹の山茶花
 街路樹の山茶花
 CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 100mm / Auto(F6.3、1/100秒、±0EV) / ISO 2000
 ビシッとピントを合わないソフトフォーカスで。
posted by ふらわ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記