2022年05月01日

五月になればプレミアム

/らぁ麺 すみれ堂@北山田にて中華そば鶏いりこ、唐あげ半ライスセット/鳥みきにてプレミアム酒を飲む会/

クリックすると拡大します

 今日は横浜市へ。
 横浜市には魅力的な飲食店が多く、交通費や移動時間を考えて是非とも横浜勤務を夢見ているわけだ。
 夢が夢で終わりそうなので自腹で横浜へ、けっ、雨が降ってやがる。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、らぁ麺 すみれ堂@北山田(横浜市都筑区北山田1-1-36)公式ツイッター)へ。
 2022/4/18オープン、麺屋誠栄@鴨居の移転。
 立地はグリーンライン北山田(きたやまた)駅から徒歩数分。

クリックすると拡大します

 そもそも誠栄は、コロナ禍で居酒屋 浜の台所おらがの派出店。
 つまりセンター北、鴨居、北山田と遷移。
 北山田辺りは店長さんの地元で、隣の隣の近藤家は「高校時代にバイトしてました」とのこと。
 ですので、近藤家出身と言っても間違いではない(間違いか

クリックすると拡大します

 店内に入り、右手の券売機で食券を買います。
 メニューは中華そば鶏770円、中華そば鶏いりこ770円、中華そば鶏白湯770円、こんぶ水つけ麺770円。
 つまり、鶏清湯、鶏清湯と魚介のブレンド、鶏白湯というラインナップ。
 ご飯メニューは鶏煮込み丼SET250円、肉飯SET250円、親子丼SET250円。

クリックすると拡大します

 食券を買って店内を振り向くと、「お一人様ですか、こちらへどうぞ」とカウンター席にお冷やを置いて下さいます。
 店内は厨房を囲むL字カウンター4席と3席、4人掛けテーブルが2卓、計15席。
 前店と比べると、テーブル席の分だけ増えた感じですね。
 卓上には七味とうからし、ミックスペッパー。

クリックすると拡大します

 「開店おめでとうございます」と店長さんにご挨拶しながら、ラーメンの出来上がりを待ちます。
 カウンター台には色々な説明書きが貼り出されているので、出来上がりを待つ時間も苦になりません。
 人が集められず、オープンしてしばらくは平日昼営業でしたが、店長さん以外に3人働かれています。

クリックすると拡大します

 程なくして、中華そば鶏いりこ770円唐あげ半ライスセット250円
 カウンターの1席をデシャップとしているので、料理は全てホールが運んできて下さいます。
 ラーメンのスープは鶏清湯スープにいりこ(煮干し)、本枯本節二年物の出汁をブレンドされています。
 複数の醤油をブレンドしたたれを合わせ、後味あっさりながらも舌に心に残る味わいのスープ、心好いですな。

クリックすると拡大します

 合わせる細麺は菅野製麺所、柔らかめ指定しなくてもかなり柔らか仕上げ。
 柔らか仕上げ好きの私はありがたいけど、ここまで柔らかいと苦手なお客さんも多そうです。
 トッピングは豚肩ロースチャーシュー、焼海苔、メンマ、白髪ネギ、貝割れ。
 盛り付けはもう少し丁寧にお願いします。

クリックすると拡大します

 唐あげセット、唐あげ2個だけのメニューが見たらないので、ご飯付きをポチッとな。
 ご飯が150円だから唐あげは100円かぁ、って計算しないことにして。
 唐揚げは良く揚げ、マヨネーズで美味しくいただきます。

クリックすると拡大します

 食べている時もひっきりなしにお客さんが入ってきて、すっかり認知されている様子。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、楽しみにしていた鳥みきでの「プレミアム酒を飲む会」。
 神奈川県内で十四代や而今を「普通に」飲める店ってことで、随分前に店を紹介されました。
 ずっと行きたかったけど、やっと伺うことが出来ました。

クリックすると拡大します

 募集が20人とあったので、てっきり店を閉めて(貸し切って)の開催かと思ったら、2階に案内されます。
 どうやら1階は通常営業の様子。
 2階は座敷でアラ高の肥満体には辛い、辛いけれども二、三時間なら頑張れる。
 特に説明も無く、開催の挨拶もそこそこに、お酒が配られます。

クリックすると拡大します

 屋号にもあるように、1品目はねぎま。
 居酒屋のコース料理で焼き鳥から始まるのは、相当年季が入っています。
 世情を反映して広めのテーブルに4人掛け、2人で伺ったので相席でしょうか。
 今日は日本酒しか出されないので、日本酒好きだけが集まる会。

クリックすると拡大します

 2品目はつくね。
 ほぼ塩焼きで、焼き上がってから二階に運んできているので、まるで大人数の宴会気分。
 焼き立てだったら美味しかっただろうなぁと思いつつ、日本酒によく合ってとっても心好い。

クリックすると拡大します

 続けてお造り。
 北海道産の生本まぐろ、兵庫県産の明石たい、天然かんぱち。
 生まぐろは久し振り、この濃厚さだと山葵醤油一択(塩とか用意されていないし)、旨いです。

クリックすると拡大します

 続けて、富山産の蛍烏賊。
 酢味噌が少なめに感じましたが、いやいや食べてみたらちょうど良い感じです。
 ここで箸袋を裏返してみると、、おお、今年創業50周年なんだ。

クリックすると拡大します

 鹿児島県産の空豆。
 もうね、熱いのは苦手なんだけど、いつも付き合ってくれる飲み友が開けてくれて。
 ありがたいことです。
 ほくほくの空豆、とっても美味しかった。

クリックすると拡大します

 北海道産のずわいがに。
 一人一杯、見栄えより食べやすさ、まるで宴会料理ですけど、私はこっちの方が好き。
 一粒も逃さずに食べるというか、雰囲気を味わう私。

クリックすると拡大します

 出汁巻き玉子。
 ちらっと赤く見えるのは蟹の身ですね。
 ふんわりとした玉子焼き、日本酒によく合います。

クリックすると拡大します

 最後に漬物と銀杏焼き。
 銀杏は4本あったけど、撮影前に取られてしまいました。
 漬物は単品で食べても美味しいけど、〆のご飯と一緒に食べるべきかな。

クリックすると拡大します

 福島県産筍の炊き込みご飯。
 思いっきり筍が入っていて、こんなに筍入りの炊き込みご飯、美味しすぎる。

クリックすると拡大します

 飲んだプレミアムなお酒達。
 左端の「十四代 純米大吟醸 極上諸白」は別格、流通価格だけで比べると、他の6本の合計の倍くらいする。
 高いお酒が美味しいとは限りませんが、滅多に味わえないのは確かです。
 美味しい日本酒、美味しい料理をご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記