2022年05月18日

たまには韓国料理

/和風らーめん金子@木場(江東区塩浜)にてCセット(和風つけめん、半チャーハン)/ヨプの王豚塩焼 赤坂店にて熟成サムギョプサルセット/

クリックすると拡大します

 天気が良い日は歩くことにしている。
 天気予報もあるけど、実際に天気が良くなってみないと何とも言えないし。
 んで、今日は天気が良いので歩くことにします。

クリックすると拡大します

 お昼は、和風らーめん金子@木場(江東区塩浜)へ。
 1965/4/28オープン、今では入口の前が建物ですけど、オープン当時はどんな風景だったのだろうか。

クリックすると拡大します

 創業57年と書かれているので、高卒で働き出したら、って高卒でいきなり店舗を持つって考えにくいか。
 平たく考えると二代目か三代目、店舗側から告知が無ければ、こちらからは敢えて訊かずに。
 ガラッと開けたらテーブル席に一人ずつ座っていて、今時の満席。
 相席の可能性もあるので外で待っていると、「少しお待ち下さい」と案内されます。

クリックすると拡大します

 暖簾の隙間から店内が覗けるので、先に食べるメニューを決めておきますか。
 メニューは和風らーめん750円、和風つけめん700円、中華そば600円、たんめん800円。
 結構多くのラーメン屋に伺っていますが、ラーメンよりつけ麺の方が安い店は初めてかも知れない。
 つけめんのつけ汁は、温かいのと冷たいのが選べます。

クリックすると拡大します

 Aセットは和風らーめんに、半チャーハンか卵かけごはんを付けて900円。
 Cセットは和風つけめんに、半チャーハンか卵かけごはんを付けて850円。
 Bセットは何だったのかなぁ、と、半チャーハンと卵かけごはんが「等価」ってのは、気になるなあ。

クリックすると拡大します

 しばらくして店内に案内され、席に着く前に口頭注文します。
 注文を済ませたらお冷やを汲みに給水器に向かうと、サービスの小鉢が目に入ります。
 自家製ぬか漬け、ナムルモヤシがサービスとあれば、食べないワケにはいきません。
 サービスと言っても原価が掛かっていないわけではないでしょうから、頑張りすぎが気になります。

クリックすると拡大します

 席配置は厨房に面してカウンター2席、2人掛けのテーブルが4卓、計10席。
 卓上には辣油、酢、醤油、一味、ブラックペッパー粗挽き。
 調理を大将、配膳と会計を女将さんの夫婦営業なのでしょう。

クリックすると拡大します

 程なくしてCセット(和風つけめん、半チャーハン)850円
 チャーハンはフルサイズが700円、半チャーハンは150円って計算合ってますか?
 麺皿はラーメン丼を併用、焼海苔が刺さり、冷たいスープをお願いしたので山葵が添えられています。
 つけ汁には穂先メンマ、細切りチャーシューが沈められ、刻みネギ、柚子皮が乗せられています。

クリックすると拡大します

 スープ自体は豚骨、鶏ガラの強い味わいと、煮干し、本鰹、鯖、羅臼昆布などの魚介スープのブレンド。
 醤油たれを合わせた無化調スープ、しっかりと美味しく、切れの良い味わい。
 敢えて馴染ませずに香りを立たせた魚粉が、良い感じです。
 縮れ細麺はカネジン食品、カネジン食品の創業は1983年なので、途中から変わったんですね。

クリックすると拡大します

 チャーハンは玉子と葱、小切りのチャーシュー。
 全体としてはしっとりした仕上がり、頂いてみると軽めの味わいでとても優しい。
 普段遣いにはちょうど良い味わいに感じ、毎日でも飽きること無く食べられるんじゃ無いかな。

クリックすると拡大します

 漬物とナムルもラーメン(つけめんですが)の味わいとよく合っています。
 午後の仕事でも眠くならない程々の量も、嬉しい。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お誘いいただき、今夜はヨプの王豚塩焼 赤坂店公式ホームページ)へ。
 ※2022/3/20に「ヨプの王豚塩焼×マイマイチキン赤坂店」は「ヨプの王豚塩焼赤坂店」へ店名変更したと、公式ホームページに掲載されています。
 この近くに馴染みのお店がある友達が、店先を通っていて気になっていたらしい。
 韓国料理店と言えば大久保(個人的偏見です)、本店は大久保ですが、福岡の天神や大阪の心斎橋にも支店があります。

クリックすると拡大します

 店内はテーブル席中心にゆったりとした造り。
 透明ガラスを通して赤坂の町並みも目に入ります。
 コース料理は3名からですので、2人で伺った私達は、席の予約だけしてアラカルトのオーダー。

クリックすると拡大します

 先ずはビール、今夜は赤坂で二人お疲れ様会。
 韓国料理店ですから、2019年に発売されたばかりの韓国で大人気のビール、TERRA(テラ)920円を。
 ここのところよく飲む味の主張がしっかりしたクラフトビールに対して、クセの少ないあっさりした味わい。

クリックすると拡大します

 韓国料理は思っていた以上に量が多くて食べ切れないことも多く、1品ずつ慎重に注文します。
 絶対に食べようと思っていた熟成サムギョプサルセット1,480円、二人前からの注文になります。
 先ずは白菜キムチ、大根の甘酢漬け、漬物の盛り合わせ、ギョウジャニンニク(ミョンイナムル)などが並べられます。
 野菜類はお替わりできるそうで、足りなくなる心配はありません。

クリックすると拡大します

 野菜以外にも塩と辛味調味料(コチジャン?)も。
 チョレギサラダもお替わり自由で、この辺りが韓国料理の定番であり、素晴らしいところ。
 豚肉は、岩手県産のブランド豚を最新技術の熟成室で14日間熟成されています。

クリックすると拡大します

 すかさず店員さんが近寄ってきて、先ず豚肉をカットして下さいます。
 店員さんは手慣れてカットしていきますが、こちらは初めて、じっと見とれてしまいます。

クリックすると拡大します

 半切りして切れ目を入れたら、半面をしばらく焼きます。
 この間はビールを飲みながら、近況報告など。

クリックすると拡大します

 半面が焼けたら再びハサミで一口大に切り分けて下さいます。
 調理時間を厳格に管理されているわけでは無さそうですが、焼きすぎにならないように。

クリックすると拡大します

 半面が焼き上がったらひっくり返して、半面を焼き上げます。
 両面が焼き上がったら、焼きプレートの端っこにサニーレタスを敷き、その上に網を用意し。

クリックすると拡大します

 最後は野菜を焼いた香りとまとわせるんだ。
 韓国料理屋には滅多に行かないけど、最近のサムギョプサルってこんな風になっているですね。




クリックすると拡大します

 ビールを飲み終わってしまったので、韓国料理ならマッコリだと思うけど、今夜は赤ワイン。
 マッコリなら他の店で飲めますし、ワインリストがかなり充実していたので、飲んでみることにしました。
 一本目は、Cosecha de Naltahua Cabernet Sauvignon (コセチャ デ ナルタワ カルベネソーヴィニヨン)チリ セントラル・バレー 赤 2020。2,980円。
 グラスワインでは好みのタイミングで飲むのが難しいので、ちと奮発して。

クリックすると拡大します

 サムギョプサルが焼き上がる間に食べようと思って頼んだ、シーザーサラダ980円。
 サニーレタスにシーザードレッシングを掛け、さらに上からチーズがたっぷり掛けられ。
 ゆで玉子やトマトの彩りも綺麗で、サムギョプサルの付け合わせにぴったり。

クリックすると拡大します

 先ずは、ギョウジャニンニク(ミョンイナムル)で巻いて。
 ギョウジャニンニク、って、行者大蒜のことね。
 初めてのミョンイナムル、しっかり漬けられていて、とっても美味しい。
 この食べ方も最近の韓国料理店では普通なのか、この店独特なのか、美味しいからどっちでも良いけど。

クリックすると拡大します

 次は塩を付けて。
 焼肉に塩を付けるのは珍しくないけど、熟成肉の焼肉に塩がよく合います。

クリックすると拡大します

 大根の漬物でも巻いてみて。
 なんだかんだで他の野菜も全部試しますが、どれが一番と決められない美味しさ。

クリックすると拡大します

 サムギョプサルを食べ終わる頃に焼き上がるように頼んでおいた、海鮮チヂミ1,450円。
 値段から「2人分以上あるだろうな」と思ったけど、三人分はあるな。
 若い頃なら二人でも足りなかっただろうけど、今は昔。

クリックすると拡大します

 海老や烏賊、浅利がたっぷり入っていて、専用のたれに漬けて頂きます。
 これが美味しい、久し振りに食べたからもあるかも知れないけど、こんなに美味しかったっけ。
 何種類もあるチヂミの中から、海鮮チヂミを選んでくれた友達に感謝。

クリックすると拡大します

 韓国料理ならトッポギ、チゲ、ビビンパの流れですが、サムギョプサルとチヂミでかなりお腹が膨れてしまい。
 2本目は、Entresuelos Tempranillo Bodegas Triton(エントゥレスエロ テンプラニーリョ ボデガス トリトン)スペイン カスティーリャ・イ・レオン 赤 2016。4,850円。
 一人で飲むと飲みきれない量でも二人なら大丈夫、って、とても美味しい味わい。
 美味しい韓国料理、美味しい赤ワインをご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 帰りは表参道駅に急いで行って、ロマンスカー。
 千代田線の一部が定期券圏内になったので、最近ではロマンスカーの便を常に考えていたりする。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記