2022年05月19日

吹き抜けの地下三階

/ゆで太郎東陽五丁目店にて天ざる中華、麺大盛り/アニマリベラにて北海道産牛芯ロースのローストビーフ/

クリックすると拡大します

 大抵の朝食はコンビニで買うんだけど、最近はデイリーヤマザキに行くことにしている。
 同じ調理パンでも店内調理だと温かみを感じるし、少し美味しい気もする。
 買って店内で食べることも出来るけど、軽減税率の関係で、いつも持ち帰る。

クリックすると拡大します

 お昼は、ゆで太郎東陽五丁目店ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺チェーン店、現在はゆで太郎システムと共に営業されています。
 仕事が本格的に始まる気配、お昼時間がちゃんと取れない日が少しずつ増える。

クリックすると拡大します

 何を食べても美味しいのだけど、残っている無料クーポンで何を食べるか決める日もある。
 店内に入ってポチッと食券を買い、受付に出したらお冷やを汲んで、空いている席に座る。
 何番さん、何番さん、と自身の番号が近くにつれて、少しずつ気持ちを構える。

クリックすると拡大します

 程なくして天ざる中華500円、クーポンは麺大盛り
 紅生姜はどうしてもと言うことではありませんが、完全に習慣になっていますね。
 麺大盛りにすると、乗せてある刻み海苔も気持ち多くなっているようです。

クリックすると拡大します

 麺を大盛りにするとつけ汁が足りなくなる懸念があります。
 いや、ゆで太郎ではつけ汁のお替わりは2回まで無料、なんだけど。
 混み合っている店内を受付まで行くのがちょっと大変、まあ、出来ないってことでは無いけど。
 それにしてもお蕎麦用のもり汁が中華麺に合って、とても心好い。

クリックすると拡大します

 かき揚げなどの揚げ物、忙しいお昼時は揚げ置きでやや固さを感じることが多かったのですが。
 今日のかき揚げは揚げたてでほかほかと柔らかく、温かさも感じます。
 たまたまなのかな、それとも何か変わったのかな。
 どちらもそれぞれの美味しさがあるので、私はどちらも楽しみです。

クリックすると拡大します

 食べ終わる頃には店内が空きだしたので、ああ、もう少し時間をずらして伺えばいいのだ学習する。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 今夜は広尾のイタリアン、アニマリベラへ。
 友達から「スンゴク雰囲気のいいお店があるよ」とおススメされて、伺うことにしました。
 チラッと食べログで情報入手し、友人を拝み倒して、店先で待ち合わせて。
 店舗辺りの土地勘ゼロの私、恵比寿からも広尾からも同じくらい10分ほど歩く立地で、どんな客層なんだろう。

クリックすると拡大します

 店舗の造りがちゃんと分かってなくて、ドアを開けるといきなり下り階段。
 エレベーターとか無いのなかぁ、無いんだ。

クリックすると拡大します

 地下一階の客間を「受付はどこかな」とぐるりと回ってしまいます。
 地下二階までの吹き抜けの壁側に半個室が並んでいます。
 吹き抜けを覗くと客間が見えたので、地下二階と三階か繋がった地下三階へ下ります。
 最後のドアには何の取手も無くて、押し戸なのか引き戸なのか、分からないまま手を伸ばすと、自動ドア。

クリックすると拡大します

 漫画や映画のセットの中にいるような非現実感、
 飲食すると言うより、ロックグラス片手にくつろぐ様なソファー席に案内されます。
 事前に【2名様限定コース】5,830円を予約しての訪問。
 飲み放題のプランは遠慮して、お店でリストを眺めながら飲むことにしました。

クリックすると拡大します

 先ずはビールで乾杯、今夜は広尾で二人お疲れ様会。
 たまには黒ビールでもと、ケストリッツァー シュバルツビア ドイツ1,100円。
 随分と久し振りに味わう黒ビールは、随分と違う印象。
 冷やし過ぎずの温度で泡も程々、甘さ抑えめで後味すっきりの美味しさ。

クリックすると拡大します

 ◆季節の前菜5種盛り合せ◆
 塩麹を使ったチキンテリーヌ、合鴨スモークロースト、パンプキンキッシュ、ムール貝とセミドライトマトのオイル漬け、帆立とズッキーニのピカンテオイルマリネ。
 どの料理も丁寧に仕立てられていて、一皿ずつ出されたら、ワイン一杯ずつ飲みそうなほどの美味しさ。
 見栄え重視もあると思うけど、二人分を一緒に盛り付けてあると、苦手な食材があっても取り分け易く良。

クリックすると拡大します

 ◆インサラータ◆
 インサラータとは塩を振った軽い料理という意味で、いわゆるサラダ。
 仕入れによって料理が変わる様で、今夜は具沢山シーザーサラダ。
 大きめのガラスボールに盛り付けられていて、思わず「箸を」と言いたいところをグッと抑えて。
 生ハムが良い感じ、ボリュームたっぷりに見えましたが、アッという間に食べてしまいます。

クリックすると拡大します

 ビールが終わったら赤ワイン、今夜はハウスワインで。
 Cantine Silvestri Ponte Loreto Rosso(カンティーネ シルヴェストリ ポンテ ロレート ロッソ)イタリア ラツィオ 赤。
 美味しいワインはすっと飲めてしまう。
 一杯だけでは足りないけど、今夜は一杯だけにしておく。

クリックすると拡大します

 ◆本日のパスタ◆
 赤ワイン香るラグーパスタ、ソファーにローテーブルはちょっと食べにくいけど、すぐに慣れる。
 パスタは浅草開化楼の低加水麺生麺、モチモチさが軽く異次元。

クリックすると拡大します

 ご存知の様に、浅草開化楼は中華麺中心の製麺所で、一部パスタも打っています。
 浅草開化楼のパスタもかなり出来が良くなってきていて、合わせるソースも抜群、料理人のセンスが光ります。

クリックすると拡大します

 スペシャリテのメイン料理の前に、飲み物をお願いします。
 ワインを飲み終わってしまっていたので、ラフロイグなんて合わせたりして。
 ショットで頂きましたが、久し振りのピート感に身震いしてしまいます。

クリックすると拡大します

 ◆メイン料理◆
 スペシャリテ 北海道産牛芯ロースのローストビーフ
 ホースラディッシュやグレイビーソースをブレンドしたソースが掛けられ、マスタード等で色々な味を楽しみます。
 野菜で盛り上がっていると思いきや、結構な肉量、食べ応えがあります。
 芯ロースのローストビーフ、美味しいですなぁ。

クリックすると拡大します

 ◆ドルチェ◆
 自家製一口デザートは、ピスターチとバニラのアイスクリーム。
 アイスクリームがあんまり得意でないのは、直前の料理に比べて冷た過ぎるから。
 このアイスクリームはそんなに冷たくなく、味もソフトで美味しい。
 自分としては早く食べ終えた気でいたら、友人はとっくに食べ終わっていまして。
 美味しいイタリアン、美味しいワインをご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記