2022年05月22日

再現性に驚くも

/心の味製麺 平塚店@平塚市田村1-8-5にてもりそば、半チャーハン/晩酌/

クリックすると拡大します

 午前中、弟夫婦が遊びに来て相手をせざるをえず。
 相手をするのが嫌なのでは無く、今日は他に用事があったから。
 お昼過ぎに帰って行ったので、懸命に用事を済ませ、カメラを持ってバイク(原チャリ)で出掛ける。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、心の味製麺 平塚店@平塚市田村1-8-5 公式ツイッター)(公式インスタグラム
 やまのうち製麺(2020/10/2-2022/5/8)がリニューアルして、2022/5/13オープン。
 リニューアルの理由は不明ですが、繁盛はしていたけど、思っていたほどは繁盛しなかったからかな。

クリックすると拡大します

 やまのうち製麺は冨田プロデュースの心の味製麺と丸長風のつけめん、ラーメンの組み合わせでした。
 今度は、冨田プロデュースの心の味製麺は変わらず、東池袋大勝軒直系の組み合わせ。
 時系列に並べると、丸長→東池袋大勝軒→こうじグループ→とみ田、心の味製麺。

クリックすると拡大します

 新たに券売機が導入されています(やまのうち製麺では口頭注文後会計)。
 心の味製麺の濃厚つけ麺900円、濃厚らーめん900円、東池袋大勝軒のもりそば850円、中華そば850円。
 東池袋大勝軒のもりそばは「特製もりそば」なのですが、こちらの特製もりそばは特製のもりそばの様子。
 サイドメニューに心の味餃子2個400円、ご飯物にチャーハン680円、半チャーハン350円。 

クリックすると拡大します

 店内は前店踏襲、カウンターが5席、テーブルは2人掛け4卓、4人掛け1卓、6人掛け2卓、29席。
 卓上にはブラックペッパーグラウンド、辣油、酢、醤油、一味唐がらし。
 先客は10人、後客4人、繁盛しているけど、思っているほどは混み合っていません。

クリックすると拡大します

 程なくして、もりそば850円、半チャーハン350円
 そこはかとなく3つの丼が1つのお盆にストンと収まっている様式美。
 「『東池袋大勝軒直系』とか言っちゃって、言うだけタダだからな」って思っていたけど。
 この(麺が入った)蕎麦丼、青い帯の厚手の白丼、つけ汁には固茹で玉子、なると、焼海苔と、形はバッチリ。

クリックすると拡大します

 中細麺をつけ汁に漬けて頂くと、酸味と甘味と旨味と苦味と、かつての東池袋大勝軒を思い出します。
 期待していなかっただけに、期待以上の再現性に驚くと共に嬉しい。
 美味しいつけ麺を作るのは誰でも出来るだろうけど、東池袋大勝軒の再現は誰もが出来るわけではない。

 そりゃあ、細部では異なっているし、時代が変わって食材の質が上がっているし。
 でもその向かおうとしている方向とか、伝えたい気持ちって言うのは、ちゃんと感じられます。
 ので、せめてなるとは細切りでお願いします。

クリックすると拡大します

 東池袋大勝軒では一度も食べたことが無かったチャーハン(そもそもあったんだろうか)。
 パラパラもシットリもしていなくて、脂が多くてちょっと残念。
 美味しくないと言うことでは無いけれど、「東池袋大勝軒」とか「心の味」と付いてしまうと、ね。

クリックすると拡大します

 残ったつけ汁は、麺から滴った冷水を注いで薄めて、頂きます。
 今でも南池袋に行けば、東池袋大勝軒の味にかなり近いもりそばが食べられるけれど。
 わざわざ東京にラーメンを食べに行ったら、「わざわざ行った」調味料が掛かってしまうな。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 いつの間にか元助が以心麺心にリニューアルしていた。
 近く、食べに行かねば。

クリックすると拡大します

 晩酌
 奈良の蔵元である油長酒造が醸す「風の森 露葉風 807(かぜのもり つゆはかぜ)」純米酒 無添加無加水生酒 R3BY。
 日本酒発祥の地、全量四合瓶、全量生酒(だったはず)の蔵元。
 使われている酒米は奈良県でのみ生産される露葉風(つゆはかぜ)。
 こちらのお酒は80%精米、ちなみにご飯に使う飯米は82%精米。
 他の日本酒では決して味わえない苦味の先の旨味、雑味の味の幅を感じられます。
posted by ふらわ at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記