2022年06月11日

泳ぎ剣先イカ活造り♪

/らぁ麺 流 Nagare@登戸(川崎市多摩区登戸)にてスタミナまぜそば(白)/★北海道物産 東京立川にて泳ぎ剣先イカ活造り/

クリックすると拡大します

 約月に一度の通院。
 一時間待って、数分診察して、なんだけど、替わりがきかないし。
 診察が終わったら薬局で薬をもらって帰ってくる。

クリックすると拡大します

 夕方から立川で飲み会なので、その乗換駅で一杯。
 らぁ麺 流 Nagare@登戸(川崎市多摩区登戸)へ。
 TwitterやInstagramなどのSNS発信を一切されていません。
 臨休はともかく、限定メニューを発売されない営業方針なのかと思っていたんです。

クリックすると拡大します

 ふと気が向いて店先を覗くと、店先には数人の待ち客、店先には限定メニューの立て看板。
 ポップ写真を見ると白と赤があり、白は背脂、赤は唐辛子の様です。
 淡麗系店でもガッツリ系なんだと驚きましたが、もっと驚いたのは丼の屋号がちゃんと写っているって事。

クリックすると拡大します

 駅から近いとは言え、圧倒的に一人客かと思ったら、半分くらいは二人客でテーブル席を所望されています。
 お一人様の私は、何組か飛び越して、店内へ。
 タッチパネル式券売機で食券を選ぶと、麺大盛り、モヤシの増量、ニンニクの有無が選べます。
 ポップには何も書いてなかったような、見落としたのかな。

クリックすると拡大します

 テーブルの様相は変わりなく、清潔感が保たれています。
 これまで使ったことのない電動グラインダーペッパー、使ってみようか。

クリックすると拡大します

 程なくしてスタミナまぜそば(白)900円
 コール(券売機での選択)は麺量並盛り、モヤシ増し、ニンニクあり。
 ニンニクと卵黄は別皿で提供され、酢が用意され、「追い飯もありますのでお声がけ下さい」と案内されます。
 先ずは全体を緩やかに混ぜて、と。

クリックすると拡大します

 つけ麺で使われているのと同じと思われる全粒粉入り平打太麺、良い感じでたれに絡んでとても心好い。
 トッピングは豚バラ肉チャーシューが2枚、しっかり湯切りされた茹でモヤシ、刻みアーリーレッド、九条ネギ。
 途中から卵黄とニンニクを合わせたいので麺を残さなければならないんだけど、食べてしまいたいほど。

クリックすると拡大します

 それなりに麺を整え、さっと酢を回し掛け、卵黄を乗せ、ニンニクを乗せ、全体を再び混ぜます。
 ややだれ気味だった味わいをニンニクが一気に締め、卵黄が美味しさを掛け算して、さらに美味しくなります。
 最後に追い飯を合わせたいのでたれを残さなければならないんだけど、すくって食べてしまいたいほど。

クリックすると拡大します

 店員さんに声を掛けてよそって頂いた追い飯。
 レギュラーメニューのまぜそばには追い飯が付くので、スタミナまぜそばにも付く、と。

クリックすると拡大します

 残しておいたたれとライスを軽く絡め、ブラックペッパーを振って。
 レンゲですくって頂くと、中々良い感じ。
 まあ、ラーメンのたれは濃いめの味付けなのでライスにはほぼほぼ合いますが、美味しければそれで良し。

クリックすると拡大します

 食べ物を残すのに一抹の罪悪感を抱く昭和の男である私、残さずに食べると心の中で満足感。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 「立川に北海道があるよ」と友達に誘われ。
 言われてみたら北海道に随分と行っていなかったなぁ、伺った★北海道物産 東京立川公式ホームページ)。
 立川駅北口の伊勢丹横、6階建てビルの5階に北海道があるじゃないですか。

クリックすると拡大します

 エレベーターで5階に登って、ドアが開くと、熊の剥製がお出迎え。
 スペースの関係もあるけど、正面を向いていたら引くよね。
 直ぐに店員さんが迎えに来て下さり、予約していた旨を告げると、カウンター席に案内されます。

クリックすると拡大します

 いわゆる大衆居酒屋ですので、何回もめくるほど料理が用意され、飲み物も多く揃っています。
 北海道に来たので北海道の日本酒を飲まなければならない、と。
 ワインは十勝ワインだけではなく、はこだてワインや鶴沼ワイナリーの用意されています。

クリックすると拡大します

 レギュラーメニューも多いのですが、仕入れに応じたメニューも何枚も用意されています。
 日替わりメニューは「お陰様で営業3618日目」と書かれていて、10年以上営業されているんですね。
 お腹とお金と時間に制限がなければ全部食べてみたいメニューなれど、個人的に厳選して。

クリックすると拡大します

 先ずは生ビールで今夜は立川で2人お疲れ様会。
 生ビールをお願いすると「サッポロの黒ラベルと、クラフトビールのソラチエースがありますが」と訊かれ、ソラチエース680円に即決。
 喉越しを飛び去っていくように美味しいんですけど、このソラチエース。
 ビール自体の美味しさに加え、ビールサーバーのメンテナンスも完璧に感じます。

クリックすると拡大します

 お通しはトバ、炭火の入った七輪が置かれます。
 既に料理の注文を済ませたので、「最近さー」と近況報告をしながら、良い感じに焼いて。
 冷たい枝豆とか、さっと頂けるおひたし風の付き出しもいいけど、初めっから焼くのもとても良い。

クリックすると拡大します

 「お客様、本日のイカです」と調理前のイカを見せて下さいます。
 一気にテンションが上がる演出、カウンター席に座った醍醐味ですね。
 ここまでの大箱でこう言った演出をされてくれるのは、とても嬉しい。

クリックすると拡大します

 居酒屋で飲むならポテトサラダ、なんだけど、ここは北海道なので、じゃが塩辛バター480円。
 ほっくほくに蒸し上げたじゃがいもにたっぷりの塩辛。
 大きめのスプーンで取り分けて頂くと、これよこれと目尻が下がる独特のエグミが美味しいじゃがいも。

クリックすると拡大します

 ニ世古酒造の「ニ世古(にせこ)」 特別純米酒。
 それなりに名の通った全国の銘柄も揃っていますが、今宵は北海道縛りで。
 ずっしりと重い錫製のちろり、お猪口も錫製、ひんやりとしていて、美味しい日本酒がさらに美味しく感じます。
 メニューには140cc売りとありますが、今宵は全て一合(180cc)でお願いしています。

クリックすると拡大します

 「お待たせしました」と運ばれてきた、泳ぎ剣先イカ活造り3,980円
 「身の部分はお塩、醤油で楽しまれて下さい。
 イカナンコツは刺身に、ゲソは天ぷらが炭火焼きで再調理します」と説明があります。
 生きているとイカの身は透明であり、鮮度が落ちるほど白く濁っていきます。

クリックすると拡大します

 こちらのイカは毎日北海道から空輸で取り寄せているので、身はほぼ透明。
 うっすらと桃色掛かっていて、指南通りに先ず塩で食べる。
 付けすぎたかなと思いながら食べてみると、イカの旨味、甘味が引き立って、とっても心好い。
 今日は一杯分のイカですので、たっぷり楽しめます。

クリックすると拡大します

 続けて醤油で楽しみます。
 イカの鮮度が高くて箸がつるつる滑って落としそうになります。
 山葵醤油で楽しむと、これまたウンマイ、塩も旨いけど醤油も旨い。
 コリコリとした食感は控えめで、ツルッと喉を走り抜けていきます。

クリックすると拡大します

 國稀酒造の「吟風國稀(ぎんぷう くにまれ)」 純米。
 国内最北端酒蔵、北海道は随分とご無沙汰ですなぁ。
 お酒は程良く冷えていて、とても美味しいし、ジャンジャン食が進みます。

クリックすると拡大します

 じゃこ山椒の和サラダ780円。
 水菜を中心としたグリーンサラダにじゃこ山椒をたっぷりと乗せてあります。
 シャキシャキとした食感の野菜と、しっとりとした食感のじゃこがとてもよく合います。
 紹介が配膳順になっていませんので、ご了承を。

クリックすると拡大します

 千歳鶴酒造の「千歳鶴(ちとせつる)」 本醸造 超辛。
 土曜日で明日はお休みなので遠慮なくお酒を飲みます。
 テーブル席を見渡すとほぼ満席、そんな中でもお酒のサーブが早くて嬉しい。

クリックすると拡大します

 イカナンコツ。
 イカのアタマの部分になる軟骨、コリッとした食感を山葵醤油で頂きます。
 が、今日は塩の用意もあるので塩でも食べてみると、これがとっても心好い。
 身体への営業を頭をよぎりますが、いま、この料理を美味しく食べることが最優先。

クリックすると拡大します

 勢い付けて飲み食いしていたのですっかり忘れていましたが、お冷やを。
 サワーかハイボールのグラスかな、残量が分かりにくいけど、このグラスも好きなタイプ。

クリックすると拡大します

 ゲソ焼き。
 活け作りのイカのゲソは、天ぷらか炭火焼きかを選べ、炭火焼きでお願いしました。
 炭火だからか思っていた以上にふっくらと焼き上げられ、炭火の香りもまとっていて、とても心好い。

クリックすると拡大します

 高砂酒造の「国士無双 烈(こくしむそう れつ)」 特別純米酒。
 旭川の蔵元なのですが、旭川にはラーメンを食べに行ったのはいつだったか。
 「北海道のお酒は」と一括りにするのは乱暴ですが、どちらもすっきりした旨みたっぷり。

クリックすると拡大します

 「今日は殻付きの雲丹が入ってます」と振られ、断ったり値段を聞いたりする常識が私には無い。
 松前産殻付き馬糞雲丹 時価。
 雲丹って初めて食べた人に感謝しか無いよね、こんなに固くて痛そうなトゲを割ってみようと思ったんだから。

クリックすると拡大します

 ただ甘いだけの雲丹は加工食品なんだなと思わせる、潮の香りをまとった程良い甘さ。
 雲丹自体の大きさにも因ると思うけど、お鮨のネタに換算したら、何貫分かを一気食い。
 こんなに美味しい雲丹を食べたのは初めてで、もう一度食べたいと思っても仕入れに因るからなぁ。

クリックすると拡大します

 小林酒造の「北の錦まる田」 特別純米酒。
 (この後でもう1種類飲んでいますが)今宵、6種類用意されていた日本酒の中で一番気に入った味。
 どれも美味しかったんだけど、印象が残る味となると、まる田だな。

クリックすると拡大します

 ズワイガニ甲羅盛り1,980円。
 他のお客さんに提供する本料理を見せながら勧められたので、香箱蟹ですか、って訊いたら。
 北海道では香箱蟹は禁漁にならないそうです。
 それはそれとして、名よりも実を取った香箱蟹は美味しいですねぇ、こちらも塩で楽しんじゃいました。

クリックすると拡大します

 男山が醸す「男山(おとこやま)」 特別純米酒 生酛。
 6種類用意してある日本酒、6種類飲んでみました。
 飲み比べってことではなく、順番に飲んでいただけなんですけどね。

クリックすると拡大します

 貝刺盛り3,280円。
 今宵の最後は貝づくしで、説明では「貝2種、つぶ貝、生牡蠣2個」とのこと。
 桶に氷を並べ、身より多くの貝殻を乗り付けての貝の盛り合わせ。
 目でも楽しめるので、とってもお値打ち。

クリックすると拡大します

 レモンをキュッと搾って、牡蠣をツルッと食べて、美味しいですなぁ。
 残りの貝をこれでもかと頂き、魚貝なら貝が好きな私にはたまらない盛り合わせ。
 美味しい料理、美味しい日本酒、楽しい接客をご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記